旅行・地域

室生山上公園 芸術の森~奈良 宇陀

「室生山上公園 芸術の森」

公園という名前がついていますが、

一般の公園とは違います。

しずまりかえった森の緑の中で、

アートな感性にどっぷりつかれる場所です。

室生はやおよろずの神のミムロともよばれる地域で、

パワースポットとして、気の持つ癒しを求めに来られる方もいる、

なんて話を聞いたことがありますが、

この公園にたたずむと、そんな気持ちになります。

Img_9684

まず、南入口から入って、森の間を抜けていきます。

すると、大きな第一湖が見えてきます。

その湖には、写真にある、ピラミッドの島、ステージの島などの3つの島があり、

シンメトリーを意識した、コロセウムの一部のような観客席があります。

    Img_9798

ステージの島をはさんで、観客席から対岸の観客席の写真をとってみました。

かなり距離があるのですが、

音響効果によって、

ささやき声でも、対岸の観客席に聞こえるんですよ!

対岸の観客席にいるパートナーに向かって

「こんなに小さな声でも聞こえる?」とささやいてみてください。

ピラミッドの中に入り、

その向こうに目をやると、水面に、紅葉がはじまった風景が映し出されています。

Img_9803

てくてく歩いて、坂を下ると、第二の湖が見えてきます。

Img_9692

湖の中央に天文の塔があり、

そこを太陽の道が通っています。

これは、北緯34度32分の東西の軸線で、

伊勢、室生寺、長谷寺、箸墓古墳など、

古来より重要な拠点が置かれてきた場所をつなぎ、

太陽信仰とも関係があるそうです。

天文の塔のスリット部分では、

時の経過にあわせて、太陽が動くと、

内部に差し込む陽光の角度が変わる造りになっています。

天文学的な宇宙の営みと、

われわれ人の営み、

そして神が結びつけられ、表現されているようです。

 Img_9696 太陽の道

天文の塔の頂上にのぼると、

Img_9699 Img_9700

らせんの水路です。

第一の湖から、水の流れがつながっているのです。

きんもくせいがぽつんと立っています。

見る角度をかえると、また違う印象に。

   Img_9711

         

ここに点在するアート群は、

室生出身の彫刻家である井上武吉氏が亡き後、

友人の彫刻家 イスラエル出身のダニ・カラヴァン氏が

その意志を引き継いで、完成させたものです。

カラヴァン氏は、世界各地で、その場所の環境や歴史と深く結びついたスケールの大きな作品を制作している、環境芸術の先駆的なアーティストなんだそうです。

しおりより・・・

与えられた場所との対話を通じて、

その場所の自然や地理的特徴や歴史的背景を、

新たな視点から表現し、

人々が作品の中に参加することによって、五感を刺激されるような空間全体を創り出す。

創り出された形だけでなく、場所の持つすべての要素、

すなわち、光、水、空、気、風、土、木々、鳥の声など、

その全体が調和することを大切にしている。

            

とぐろを巻いたようなオブジェがまた出現。

螺旋の竹林です。

Img_9714

地下へと続く階段を降りていくと・・・

Img_9718

地下道の先に、地上へと続く階段が。

そこに光が差していて、

ここでも、光と影のコントラストがみられます。

外へ出てみると、入口と出口が意外に離れていることにびっくり。

Img_9762

次に見えるのは、波形の土盛。

 Img_9722

この道を逆方向に歩くと、目の錯覚で道の細さが変わります。

 Img_9741

建物の中でくつろげるスペースもあります。

わたしたちは、こちらで、

先のblogで紹介したのらのパンを切り、クリームチーズなどと一緒にランチタイム。

奥のソファでは、ゆったりくつろぎながら、旅雑誌などを読んだり。

ぼーっとしたり。

アートな空間の中だと、それも贅沢な時間に変わりますね。

            

写真をご覧いただいたらわかると思いますが、

週末にもかかわらず、ほとんど人がきていませんでした。

2006年にできたのですが、3年たってもまだ知られていない!?

家族連れは私達だけで、

あとは、カップル、ご年配のご夫婦が多かったです。

デートスポットなんですね。

みんなに教えてあげたいけど、混まないで欲しいなぁと思ったり。

人が少ないので、

モニュメントの立つ森の中に、ひとりぽつんといるような静けさです。

静かってこういうことなんだな、と改めて思うのは、

生活音が全くないんです。

スピリチュアルな空気も漂いそうなくらい、静まり返った中で、耳を澄ますと、

風がそよぐ音、小鳥の声、木々のざわめき、

が心におだやかに響いてきます。

大自然の中で感じるそれと違うのは、

木の配置、オブジェの配置、路の造り、

目に見えるもの、からだで感じるもの、すべてが、

カラヴァン氏によって計算されつくされたアートであるということ。

すべてにおいて、洗練されている、

といったところでしょうか。

                  

「室生山上公園芸術の森」

 HP http://www.city.uda.nara.jp/sanzyoukouen/artist/index.html

 住所  奈良県宇陀市室生区室生181

 観覧料 大人400円

 定休日 火曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)