文化・芸術

光と色のドラマ『新印象派』展へ

本日、休校だった息子と美術館デート☆

私はかなりのウキウキ~)


あべのハルカス美術館で開催されている

『新印象派』展へ。

Photo


息子に見せたかったのは「点描」の手法

Photo_2
  (スーラ<セーヌ川、クールヴォワにて>1885)
  この絵が見たかったのです♪


       

純色の絵具を混ぜると、色は濁ります。

そこで、「点描」は、パレットの上で絵具を混ぜるのではなく、

短い筆触で、純色を規則的に置くことで、

観る人の目の中で混ざり合って知覚され、

くすみない色彩を作り出そうとした技法です。
     

Photo_5

樹木の葉を表現するときには、

緑色の点描の中に、青や黄の点が混在します。

それが、色のバイブレーションを引き起こし、

色が震えるように見え、葉がよりいきいきと輝きをもって見えます。

     
        

絵に近づいて見てから、後ずさりしながら眺める。

すると、点で見えていたものが、そうでなくなる瞬間がある。

見る人の目の中で完成する絵。

        

点描といっても、画家によって、タッチが違うし、色彩も異なる。

これだけ点描ばかりを集めた展示を見たのは初めてで、

子供にも違いがわかりやすくて、連れていってよかったです。

Photo_7

 

Photo_8

そして、「見せ方がうまい!心にくい~」

絵に素人な私でも、アートのおもしろさを感じさせてくれる、解説の工夫。

写真の「もっと近くでみつめてほしいの。」

    「もっと光をかんじてほしいの。」


このキャッチ、見せ方のセンス、好きだな~


                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

       

| | コメント (0) | トラックバック (0)