« ゆで卵の殻をきれいにむきたければ●●の卵を使う | トップページ | クッキーの表面がブツブツに!?それはどうして? »

ジャスミンティーで燻製たまご

昨日お伝えした
「ゆで卵の殻を確実にきれいにむくには?」を書いている途中から、この料理を作りたくなってしまいました。

茶葉の燻製

Photo

昨晩は、ジャスミンティーでしました。

ウーロン茶もいいし、紅茶もいい。
日本茶だったら、ほうじ茶が合います。

このお茶を鍋でいぶして、香りを出すのです。

Photo_2

燻製といえば、アウトドア。

サクラやブナなどのチップを使って、

おいしい燻製が食べたくて、
煙とニオイをかぶりながら奮闘する
イメージではないでしょうか。

とにかく敷居が高い。

燻製の装置もいるし。

そして、燻製器の前で番をしていると、服や髪の毛にニオイがつく。

それでも、好きで食べたい!

この葛藤でした。


独身のときは、ワンルームマンションで、燻製パーティーを週末にやって、燻製臭を漂わせたまま、月曜に出社した経験のある私としては、おうちの中でふつうの燻製をするのは、おすすめできないですね(・_・;)


そこで、今日の茶葉の燻製なのです。


●家にあるほうじ茶、紅茶、中国茶でOK

●鍋+蒸し網(100均で購入可)+ふた


があればできます。

蒸し網↓

Photo_3

中華鍋だったら、もち網でもOK。

つまり、鍋に網をセットしたときに、
底から浮いた状態になるように。

Photo_5

やったことがないものに挑戦するのは、何だってハードルが高いものです。

そう今は思っても、
二回目からは、「おでんよりカンタンで~」

なんて、人に話しちゃいそうですよ。

それで、特別感がかもし出せるのですから、使える料理!

お友達とのホームパーティーに、ちょっと持っていくなんて喜ばれそう。


_______________

卵の準備

①ゆで卵は殻をむく。

・塩味なしで、塩をかけて食べる人は、そのまま燻製へ。

・塩味をなじませたい人は、水(500㏄)に塩(約30g)を溶かした塩水に、卵を一晩つけて、水気をふき取ってから燻製へ。


鍋の準備

②鍋底にアルミホイルを敷く(洗い物がラク)。
ニオイがつくのが心配な人は、鍋全部を覆ってください。

Photo_6


③茶葉(30g)+上白糖(大さじ1)を混ぜて入れる。
網をのせる。

Photo_7

燻製開始

④鍋を強火にかけて、香りが鍋に充満したら、ゆで卵を網に並べて、ふたをする。

Photo_8

⑤火を弱めて、好みの色がつくまで加熱する。

 15分以上。(やりすぎると、黄身の周囲が黒っぽくなります。)

 火を止めて、しばらく置いておくのもよし。さらにしっかり香りと色がつきます。

Photo_9



これで、できあがり~。

________________

最初は、お茶を焙じる香りですが、次第にカラメルっぽい香りもして、こうばしい香りも出てきます。

砂糖の量はこのこうばしさをどこまで出したいかで、お好みの量で。

茶葉は安いものでいいでしょう。

お友達の家でのホームパーティーに持っていったときに、「お酒にぴったり~」「手がかかってるね」とすごく喜ばれました。

「でも、ごめん、10個で200円しかかかってないの。」と、ほめられすぎると心苦しかったりして!?(カンタンだったし・・・)

ついでに、プロセスチーズなども、スモークして、持っていきましょうか(笑)


__________


本日の話題は、今日配信のメルマガでご紹介しました。

1日3分レシピのいらない「料理脳」が育つメールレッスン

メルマガのご案内・ご登録は コチラをクリック

290pc

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 

|

« ゆで卵の殻をきれいにむきたければ●●の卵を使う | トップページ | クッキーの表面がブツブツに!?それはどうして? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャスミンティーで燻製たまご:

« ゆで卵の殻をきれいにむきたければ●●の卵を使う | トップページ | クッキーの表面がブツブツに!?それはどうして? »