« タケノコの白いモロモロは食べてもいいの? | トップページ | ゆで卵の殻をきれいにむきたければ●●の卵を使う »

クロワッサンのサクサク、パリパリをよみがえらせるためには?

本日のメルマガの話題は、クロワッサン。

1日3分レシピのいらない「料理脳」が育つメールレッスン

メルマガのご案内・ご登録はコチラをクリック

290pc

__________


クロワッサンやデニッシュは、
焼き立てが店頭に出されているときは
サクサク、パリパリ。

Photo

それが、家に帰ってきて食べようと思うと、
しんなりしていたということが多いのですよね。

だから、
サクッとした食感を呼び戻したいと、
トースターで焼く方も多いでしょう。

そのときに・・・・・・

熱源が当たる上側を
黒こげにしてしまった。

さらに・・・・・・・

焼いたのに、コシが抜けたように
ふにゃふにゃになってしまった。

というご経験はありませんか?


いつもトースターで当たり前に焼き直しているパン。

ですが、クロワッサンは、
食パンやフランスパンの常識を
あてはめてはダメなのです。

__________

●こげやすい理由

サラダ油を鍋で熱してもこげませんが、
バターを熱するとこげますよね。

それは、バターはミルクからできているから。
ミルクには、糖質、たんぱく質が含まれるので、
こげるのです。

さらに、クロワッサンの生地は層になっていて薄いから、火が通りやすいのです。


●熱するとふにゃふにゃになる理由

バターが溶け出して、薄い生地にしみ込み、生地をじっとり、へにゃっとさせてしまうのです。

__________

そこで、鉄則。

クロワッサンは
トースターで「焼いてはいけません」

『温めるのです!』



・・・裏ワザ1・・・


①トースターを3分くらい空焼きして、
 庫内を温める。

(サーモスタットが働いて、その前に切れたらそれでOK)

②扉をあけて、ぱっとクロワッサンを入れる。
 余熱で焼く。


③大きさ、トースターのワット数によりますが、
 3分ほどで様子を見る。
 クロワッサンが熱くなればOK。


さあ、温め上がり。

ですが
「アツアツを食べてはいけません」

『少し冷めるまで待つのです!』


だって、へにゃへにゃしていますから。


バターは熱すると溶けます。
それが冷めると、固まりますよね。

だから、薄い生地に溶けてしみこんだバターが、
再び固まるのを待つのです。

固まったら、薄い層の生地は張りを取り戻して、パリパリになります。


・・・裏ワザ2・・・

取り出して、かたさが戻るまで、
しばらく置くべし。



__________


思わず誰かに話したくなる、
常識をくつがえす、意外な技。

食の話題って、みんなに共通ですから、
場を盛り上げますよね。

       

こちらは、本日から配信したメルマガでご紹介したものです。

メルマガのご案内・ご登録はコチラをクリック

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 


 http://kids-science-cooking.com/

  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

|

« タケノコの白いモロモロは食べてもいいの? | トップページ | ゆで卵の殻をきれいにむきたければ●●の卵を使う »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロワッサンのサクサク、パリパリをよみがえらせるためには?:

« タケノコの白いモロモロは食べてもいいの? | トップページ | ゆで卵の殻をきれいにむきたければ●●の卵を使う »