« ガレット・デ・ロワのちょっとマニアな話 | トップページ | 「レシピのいらない料理術」のご感想 vol.2 »

七草がニガテな方も美味しい「七草がゆ」のあんかけ仕立て

1月6日 春の七草で、七草がゆをいただく日ですね。

Photo_9

七草がゆが苦手な子供たちも、朝からモリモリ食べてくれた

青臭さを感じにくい、

《七草のあんかけがゆ》 の作り方をご紹介します。

七草を別ゆでする、あんかけにすることで、七草の独特の香りと苦味がやわらぎます。

Photo_10

作り方

①炊飯器のおかゆモードで、おかゆを作る。...

②一番だしを沸騰させ、塩、薄口醤油で味付けして、水溶き片栗粉(片栗粉と水を同量で合わせたもの)でとろみをつける。※ご家庭のやり方で、和風あんかけを作ってくださいね。

③すずな(かぶ)、すずしろ(だいこん)の白い部分は薄切りにする。

④鍋に湯を沸かし、塩を加え、③をゆでる。ゆであがったら、七草の葉を入れて、一瞬火を通してざるにあけて、水につける。

⑤七草の葉はみじん切りにする。ゆでたすずな、すずしろとともに、②のあんに入れる。

〜おかゆを盛り、七草あんをかける〜


※七草の香りや苦味が苦手ではなく、好きな方は、別ゆでしない。
すずな、すずしろを味付けしただしで煮て、刻んだ七草の葉を入れて、とろみをつけてあんを作る。


小さいお子さんは、しらすをいれると、より食べやすくなりますよ。

    

夜ご飯を七草がゆにする場合には、

「七草のかき揚げがゆ」も、超おススメです。

Photo_11

作り方

七草(4人分で2パック)を刻んでかき揚げにし、かためのおかゆにのせる。

一番だしに塩と薄口しょうゆで濃いめに味つけして、おかゆにかけていただく。


こちらもお試しくださいね~~

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 


 http://kids-science-cooking.com/

  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

|

« ガレット・デ・ロワのちょっとマニアな話 | トップページ | 「レシピのいらない料理術」のご感想 vol.2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七草がニガテな方も美味しい「七草がゆ」のあんかけ仕立て:

« ガレット・デ・ロワのちょっとマニアな話 | トップページ | 「レシピのいらない料理術」のご感想 vol.2 »