« 缶詰で簡単:小豆がゆの作り方 | トップページ | キャベツの「ざく切り」はどう切る!? »

餃子のおいしい焼き方

【餃子をおいしく焼くにはどうしたらいいの?】

 

『レシピのいらない料理術』
(詳細はコチラ→https://www.agentmail.jp/form/pg/7057/1/

の講座についている、

料理の無料個別相談(1時間)で、

本当によく質問を受けるのが「ぎょうざ」のこと。

 

みなさん、ぎょうざをどうやって焼かれていますか?

 

よく聞くのが、目玉焼きのように、

フライパンの油をひいて、ぎょうざを並べて焼いて、途中で水を少し加えてふたをして蒸し焼きにするという方法です。

 

これでは、水が少ないですね。

 

手作りぎょうざも、冷凍ぎょうざも同じです。


お店のこの方法を、おうちのテフロン加工のフライパンで再現してみましょう。

Photo

 

①テフロンのフライパンに油を熱し、ぎょうざを並べる。

 

②すかさず、湯をぎょうざの1/3~半分の高さまで加え、ふたをして、強火で加熱。
(皮が分厚いものは半分、薄いものは1/3)

※ポイント→この水が約4分で蒸発してなくなるのがベストです。

ふたをきっちりしめても4分でなくなるか、少しあけたほうがいいかは、その家のフライパンの大きさ、ふたの締まり具合、火力で変わります。

最初は、4分経って、湯がまだ残っていたら、ふたをずらして押さえて、そっと捨ててください。

でもこれではうまみが逃げるので、できるだけ蒸発しきってくださいね。

 

4分してパチパチ水と油をはじく音がしたら、湯がなくなった証拠です。

ふたを取って、水がほぼ蒸発したのを確認して、弱火にします。

    
   みなさん、ここで終わりにしていませんか?

 

   この続きが大事です。

 

④ぎょうざのふちがきつね色に色づきはじめたら、

サラダ油約大さじ1をまわりにまわしかけます。


なべをゆすりながら、すべてのぎょうざの底面にサラダ油がいきわたるようにして、じりじり焼いていきます

 

⑤さっきまでフライパンにくっついていた部分も、

じりじり焼くことではがれてきます。

ここでフライ返しでさわると、ぎょうざの皮が破れるので、じっと我慢。

上から見ても、これは底がいい焼き色がついてきたなとわかるので、

それを確認してから、フライ返してとってください。

 

おいしく焼けたら、焼き色を上にして、ぎょうざが並んだまま皿の上にひっくり返し、

焼き目を上にして盛り付けするのが、おいしく見えるポイント!

 

今晩、ぎょうざが食べたくなりましたか?

 

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 


 http://kids-science-cooking.com/

  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック


|

« 缶詰で簡単:小豆がゆの作り方 | トップページ | キャベツの「ざく切り」はどう切る!? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餃子のおいしい焼き方:

« 缶詰で簡単:小豆がゆの作り方 | トップページ | キャベツの「ざく切り」はどう切る!? »