« 料理の個別相談のご感想 | トップページ | ガレット・デ・ロワのちょっとマニアな話 »

1月6日はガレット・デ・ロワを食べよう!

ガレット・デ・ロワというお菓子は、

日本でも徐々にお菓子屋さんに並ぶようになってきました。

Photo

ガレット・デ・ロワは王様のお菓子という意味で、

1月6日のキリスト教の公現節(キリストが神様だよといわれた日)に作られるお菓子です。

そのため、店頭に並ぶのは、お正月過ぎてからの短い期間。

ガレット・デ・ロワを食べなければ1年が始まらないといわれるほど、

フランスでは定番のお菓子ですが、日本ではまだ認知され始めたばかりではないでしょうか。

丸いパイの中にアーモンドクリームがつまったお菓子です。

フィリングのアーモンドのコクがある香ばしい香りと、
サクサクと音をたてて崩れるパイ生地のハーモニーがたまらなくおいしいのです。

そしてこのお菓子が、伝統あるフランス菓子として、長く人々に親しまれてきた理由としては、このお菓子で、「占いができる」という点ではないでしょうか。

パイの中には,ひとつだけフェーヴと呼ばれる小さな陶器の飾りが入っています。

Photo_3

ただ、それは外からは見えないように、アーモンドクリームの中にしのばせて焼かれています。

Photo_2

切り分けて食べた時、フェーヴが当たった人はツイテル!

その日、王様や女王様になり、皆に祝福されるのです。

また、1年間その幸運が続くといういわれもあります。

Photo_4

そして、ガレット・デ・ロワには、このように王冠がついていて、

フェーブが当たった人にかぶせてあげるのですよ。

今日、ケーキ屋さんで買ってきて、お友達と、またはご家族で、みーんなで楽しんでみてはいかがでしょうか。

盛り上がりますよ♪

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 


 http://kids-science-cooking.com/


  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

|

« 料理の個別相談のご感想 | トップページ | ガレット・デ・ロワのちょっとマニアな話 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月6日はガレット・デ・ロワを食べよう!:

« 料理の個別相談のご感想 | トップページ | ガレット・デ・ロワのちょっとマニアな話 »