« 夏休みの自由研究は、「砂糖の結晶」で!8/6(土)開催決定 | トップページ | 7/22小学生・お買いものしてビビンバを作ろう! »

夏休み、子供との昼ごはんを楽しもう!

【料理は創造力を働かせる】

園児の娘は、夏休み前の今、毎日午前保育で帰ってきます。

帰り道に、今日のお昼は何食べる?と娘と考えることもしばしば。


そのときに、「何が食べたい?」とは聞きません。

お題を与えます。

私「今日は、オムライスがいいかなと思うの。オムライスって、普通はご飯に何が入っている?」

娘「トマトケチャップ、玉ねぎ、肉」

私「でも、昨日の夜に、肉が多い料理だったでしょ?お昼は野菜をいっぱい食べて欲しいの」 
 

  

<家にあるもの>アボカド、きゅうり、トマト、チーズ、卵、白米

そこで娘「卵をとろとろにしたい。どうやってするの?チーズを入れてとろ~っと?」

私「牛乳を入れると固まりにくくてとろとろになるよ」

     *

娘「きゅうりとアボカドとトマトは、上にのせるのではなく、中に入れたい」

私「小さく切る?大きく切る?」

娘「小さく」


     *

娘「サラダみたいだから、卵にケチャップをかけるのと、マヨネーズをかけよう」

   
     *

①マジ?マヨネーズをかけるの? という提案もあるのですが、

そうとうまずくない限り、娘の意向を取り入れて、

『娘が自分で考えた料理』にすることがポイント。

②娘が気付かないように、おいしくなるように誘導する。

(たとえば、きゅうりは塩もみするとか)

③娘が考えられないようなことは、選択させる。

 (大きく切る?小さく切る?など具体的に)

④家に帰って、おなかすいた!ご飯まで待てない~となるので、

 卵を割って焼いてね など、メインとなる華やかな仕事を言い渡し、張り切らせる。

 味見してもいいよ~ もうれしい。

④食べるときは、「美味しい!天才!」とオーバートークでほめちぎる。

   **

さて、今日のお昼は何が生まれるかな?

Photo_3

Photo_4


Photo_5

Photo_6

子供に料理させるのは面倒くさいと思う気持ちは、主婦としてよくわかります。

私はそれが職業なので、慣れてるわけですが、

でもおうちで、ゆっくり我が子と向き合ってやってみても、やっぱりおすすめしたいなぁ。

我が子が自分で考えて作るときの、イキイキした表情を見ると、やらせてよかったーの気持ちになります。



 

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    
        Photo_10




|

« 夏休みの自由研究は、「砂糖の結晶」で!8/6(土)開催決定 | トップページ | 7/22小学生・お買いものしてビビンバを作ろう! »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み、子供との昼ごはんを楽しもう!:

« 夏休みの自由研究は、「砂糖の結晶」で!8/6(土)開催決定 | トップページ | 7/22小学生・お買いものしてビビンバを作ろう! »