« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

キッズサイエンスクッキング「砂糖のふしぎ」を開催しました

6月11日(土)スペースマインにて、

キッズ・サイエンス・クッキング

「砂糖の化学変化からできるキラキラスイーツ」

を開催しました。



ドキドキ


電子温度計、スポイトを使い、お菓子を作るっていうところから入ります。


Photo_13




子供たちの目が最初のちょっと緊張から、キラキラに変わるのはどういう瞬間かな~

と見ていると、

最初は、実験器具みたいなのを使って、ちょっとワクワク。

そして、

目の前で、まるでマジックのように、いつもの砂糖の形状が変わっていく様子を見たとき!

おぉ~っ!て。



いいな~、この瞬間、この目の輝き!


Photo_14

13396962_10209406786465881_11184168


アップ


この日、子供たちが作ったのは、


親しみのある、プリン、べっこうあめのほかに、

こんなお菓子は、大人だって作り方の想像もつかない!という、

プラリーヌ2種、ロックキャンディ というおしゃれなお菓子も登場。


Photo_15



パステルのなめらかプリンのような、濃厚なプリンを作ります。

Photo_17

Photo_18




プラリーヌもおいしいよね~

Photo_16




登場するお菓子が、


中学校の理科、小学生でも中学受験に出題される

「砂糖の溶解度」と結びついたり、


そのほか、いくつかの砂糖の化学的性質の勉強と結びつくなんて!!



中学生だって、お母さんだって、

いつもお菓子を作っているパティシエだって知らないでしょう。


溶解度は、つまずきやすい理科の分野かもしれませんが、

お菓子を作る過程を見たら、

「うっわぁ~おもしろ~~い!」

「そういうことだったの?」

と改めて、違う頭で理解でき、「理科っておもしろい!」につながります。

Photo_19



この日は、小2~6年生のお子さんたちが対象でしたから、

これから理科で習う内容を、先取り!


低学年では、

今、楽しいと科学に触れる、この入口がすごく大事だと思うのです。


これを数年後に習ったときに、「あの時に教えてもらったことはそうだったのか!」

と、腑に落ちて欲しいな~。


理科をこういう目で見ることができたら、

大好きになっちゃうこと間違いなしです♪


Photo_20


付き添いのママたちも、
前のめりになって、作り方を見たり、理論を聞いたりしてくれるのも、うれしいです。


大人レベルでも そそられるおもしろさ をひそかに目指しています。



そして、子供がこの単元を学校で習ってきたときに、

このときのレシピを引っ張り出してきて、

お子さんにもう一度見せてあげてください。


「点と点がつながって、線になる」

それこそが、学びのおもしろさ なのですよね。


ラブラブ

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

Manyoria int'l (マニョリア)
木村 万紀子

HP www.manyoria.com




著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

Photo_6
(10版発売中)

Photo_7 Photo_8
(中国繁体字版) (中国簡体字版)


『西洋料理のコツ』(学研)

Photo_9


執筆本のご紹介

『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
(パンづくりのQ&Aを執筆)

Photo_10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »