« キッズ・クッキングin福岡 ~ ママが感じたこと | トップページ | アスパラ収穫セミナーを開催しました vol.1 »

ベーキングパウダーの保存法・それでいいの?~料理のサイエンスコラムvol.17

あなたの料理は、科学でもっとおいしくなる!

科学と料理のおいしい関係

「調理科学」は私の専門分野です。

    (⇒調理科学とは? 詳細はコチラをクリック

身近な料理で役立つサイエンスをご紹介します。


               

久しぶりにお菓子を作ったのに、

「えっ!? ふ、膨らまない~!?」

なぜ?どうして?


というご経験、ありませんか?

何が原因だったのか。

それは技術ではなくて、

ベーキングパウダーの保管方法が悪かったのかも。

Photo

   *…*…*…*

ベーキングパウダーは、
炭酸水素ナトリウムという成分が含まれていて、

これが「加熱」によって、化学反応を起こします。

そのとき、炭酸ガスを出し、

生地を内側から押し広げてくれるのです。

   *…*…*…*

ベーキングパウダーを常温で保管していませんか?


常温でも「熱」がおだやかにかかっているのと一緒。

保管中に、化学反応が少なからず起きてしまって、

いざ、お菓子に使ったときには、炭酸ガスの出が悪くなっていることが考えられます

今すぐ、冷蔵庫に移しましょう~


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    
        Photo_10


 

|

« キッズ・クッキングin福岡 ~ ママが感じたこと | トップページ | アスパラ収穫セミナーを開催しました vol.1 »

料理のサイエンス・コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベーキングパウダーの保存法・それでいいの?~料理のサイエンスコラムvol.17:

« キッズ・クッキングin福岡 ~ ママが感じたこと | トップページ | アスパラ収穫セミナーを開催しました vol.1 »