« 調理法でこの色の違い!「赤カリフラワー」はこうして食べる~料理のサイエンスコラムvol.16 | トップページ | 帝塚山大学で、キッズ・サイエンス・クッキングを開催しましたvol.1 »

柏餅レシピのご紹介~翌日でもかたくならないコツは……

5月に入り、子供の日が近づいてきました。

毎年、うれしいことに、この時期に私のブログでは、

「柏餅」「かたくならない」が検索ワードの1位になります。



3年前にご紹介したレシピですが、本日再掲載させていただきます。


          


柏餅

今年は手作りしてみませんか?

出来立てはやわらかくて、特においしいので、

作ったら、ぜひすぐにいただいてみてください。

お店で買ったものでは味わえない、出き立てを頬張る贅沢。

家族に笑顔が広がりますよ♪

    

上新粉(米粉)のみで作ると、昔ながらな素朴な味です。

お店屋さんで買うものは、もうちょっと洗練されていますよね。

私は、上新粉に、2つの材料をプラスして工夫しています。

ひとつめ 白玉粉

     餅の生地につるっとした感じが出ます。

ふたつめ トレハロース

    せっかくたくさん作っても、翌日には固くなる

     のが普通ですが、

     トレハロースという糖を加えることによって、

     砂糖よりも、でんぷんが時間の経過とともに

     固くなるのを防ぐことができます。

        

柏餅  レシピのご紹介

     Img_5420

<材料>(15個分)

上新粉    300g

トレハロース 20g 

  (なければ砂糖を加えるが、砂糖のほうが甘い)

熱湯      約300ml

白玉粉    60g

水       60ml

あん      適量

柏の葉    15枚

<作り方>

①ボウルに上新粉、トレハロースを入れ、熱湯を少しずつ加え、

 耳たぶくらいのかたさに調整し、なめらかになるまで練る。

 蒸し器にクッキングペーパーをのせ、

 生地を適当な大きさにちぎって並べる。

 蒸気が上がった蒸し器で約20分蒸す。

 (ちぎるのは、火を通りやすくするため。)

 食べてみて、生っぽさがなければよい。

Photo_2

      ↓

Photo_3

②キッチンペーパーごと取り出し、ボウルにペーパーごと入れる。

 麺棒で突くようにして、練る。

 (熱くて触れないので、麺棒を使う。)

 (ボウルに生地をあけて作業すると、生地がボウルに

 べた~っとくっついてしまうので、ペーパーごとがおすすめ。)

3

③粗熱が取れたら、手で練る。

 (使っているペーパーをかませて練ると手にもくっつかない。)

4

④ひとかたまりに丸くして、水を張ったボウルに生地を入れて

 中まで冷ます。

 冷めたら、表面の水気をキッチンペーパーで軽くふく。

⑤別のボウルに白玉粉を入れ、水を加えて、

  ダマにならないように手で混ぜる。

  ④と⑤を練り合わせる。

Photo_6

⑥生地とあんを等分して、それぞれ丸める。

 生地はのばして、手のひらの上におく。

 その上にあんこをのせて、包む。

8

⑦強火の蒸し器で、5分蒸す。

 仕上げに表面に水を塗る。

Photo_7

洗った柏の葉で包む。

Photo_4

         

柏の葉で巻いてある理由

古くは柏の葉は、食器として使われていたと考えられていて、

神聖で、凶事や邪気をはらうものだと信じられていたからです。

また、柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないため、

家系を絶やさないという縁起もかついでいるのです。

柏の葉は、葉の裏を外側にして包むのはなぜ?

見た目は、葉の裏に餅をのせて、葉の表が見た目に

いいのにな~なんて、思ったことはありませんか?

それは、食器と同じだからです。

お皿もきれいな側に、食事を盛りますよね。

巻き方から、食器として考えられていたということも、わかりますよね。

Photo


材料はどこで買えるの?という質問をよくいただきます。

柏の葉、トレハロース、そのほかの粉類もすべて、

この時期には製菓材料店で扱っていますよ。


富澤商店のサイトでは、すぐに出荷してくれるので、まだ間に合いますよ!

柏の葉の紹介 コチラをクリック




私が在住する奈良では、

Kogen(→コチラ) という製菓材料店が奈良市に3店舗あります。

私はそこで購入しています。



頑張ったら、頑張った分だけ、手作りは喜んでもらえるので、

作り甲斐がありますね

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    
        Photo_10

|

« 調理法でこの色の違い!「赤カリフラワー」はこうして食べる~料理のサイエンスコラムvol.16 | トップページ | 帝塚山大学で、キッズ・サイエンス・クッキングを開催しましたvol.1 »

料理レシピ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏餅レシピのご紹介~翌日でもかたくならないコツは……:

« 調理法でこの色の違い!「赤カリフラワー」はこうして食べる~料理のサイエンスコラムvol.16 | トップページ | 帝塚山大学で、キッズ・サイエンス・クッキングを開催しましたvol.1 »