« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

調理法でこの色の違い!「赤カリフラワー」はこうして食べる~料理のサイエンスコラムvol.16

あなたの料理は、科学でもっとおいしくなる!

科学と料理のおいしい関係

「調理科学」は私の専門分野です。

    (⇒調理科学とは? 詳細はコチラです)

身近な料理で役立つサイエンスをご紹介します。


               

少し前のことですが、

近所の八百屋さんで、

珍しい 赤いカリフラワー を見つけました。

(値段だけついていて、品種名は書かれていませんでした)

Photo

見た目にかわいいですよね

そうやって、手にとるお客さんが多かったのではないかと思います。


       

私は、この色のカリフラワーを見るのも、調理するのも初めてでした。

でも、見た瞬間に思ったのが、

「みんな、このカリフラワーの食べ方を知ってるかな?」

ということです。

      

サラダにするために、塩ゆでする

というのが一般的だと思いますが、

普通にゆでると、

食欲を失せるような青紫色になるのです。

たぶん、このピンクのままのゆで上がりを想像して、買いますよね。

が~~~ん となると思います。

泣けるくらい、色が変わります。

      

このピンク色を美しいまま料理にするには、

ピクルス(酢漬け)しかありません!

ポイントは、酢で色鮮やかに。

      

①まずは、酢を入れた熱湯でゆでます。

 酢を入れたって、こんなに色が悪くなるのです。

 かろうじて、少しピンクがかっていますが

Photo_2

 酢を入れずにゆでると、青紫色っていうのが、わかりますよね。

②これを甘酢につけると、大変身!

Photo_3

      

さて、その色変化の秘密は、

このカリフラワーのピンク色が

「アントシアニン系色素」がもとになっているからです。

ブルーベリー、赤玉ねぎ、紫キャベツも同系統。

アントシアニン系色素は、

水に溶けやすく、

酸性で赤色になります。

(ちなみにアルカリ性では、青緑色に)

酢は、酸性。

それが、美しい赤色に導きます。

そして、普通にゆでると、色落ちした青紫色みたいなことになるのです。


     


来年、また同じ八百屋に出荷されていたら、

調理のワンポイントを買う方にお伝えしてあげてください

って、言ってみようと思います

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    
        Photo_10




| | コメント (0) | トラックバック (0)

納豆にできた白い粒つぶ、これは何?~料理のサイエンスコラムvol.15

あなたの料理は、科学でもっとおいしくなる!

科学と料理のおいしい関係

「調理科学」は私の専門分野です。

blogでは、身近な料理で役立つサイエンスをご紹介します。


               


納豆の表面に、白く細かい粒つぶ(斑点)が広がっている

のを見たことはありますか?

今朝食べた、ひき割り納豆にもありました。

これです、これこれ!

  ↓  ↓

Photo

カビとも違うし・・・・・・。

これは食べてもいいの??

この白い粒つぶは、古くなったらできるのかな?」

とちらりと頭をよぎったとしても、

納豆は発酵食品だから、そうそう腐るということはないだろうと、

 

そのまま食べていらっしゃるでしょうか。

(え?そんなことするのは私だけ??)

 

     

前回のサイエンスコラム、

「タケノコの水煮を切ると、ひだの内側に白いモロモロがありますよね、あれは……」

の内容をご記憶いただいているでしょうか。

 

  →その投稿はこちらをクリックしてご覧ください

 

タケノコの白いモロモロは、

チロシンというアミノ酸が結晶になってかたまっている
だけだから、

食べたとしても、大丈夫という結論でしたが、

 

実は、納豆の白い粒つぶも、同じく「チロシン」のしわざなのです。


    

 

このチロシンの結晶は、日が経つと現れてくる率が高いのこと。

 

調べてみると、一般的には、賞味期限内に発生することはそれほどないらしいのですが、

 

賞味期限内の納豆でも、

10℃を越えるようなところにしばらく置かれていると発酵が進み、

チロシンが発生する場合があるそうなのです。

    

 

ん?待てよ??

でも、買ってきたばかりの納豆を、

さあ食べようと思ったときに、そうなっていたことも、何度もあったような。

無視して食べていたけれど……。

 

それは、ひきわり納豆だったからかもしれません!

 


丸大豆の納豆にh、大豆の周りに皮がありますが、

ひきわり納豆は、大豆が切られていて皮がなく、いわば大豆の中身の部分がむき出しなので、

納豆菌の作用を受けやすいのです。

大豆にたくさん含まれているたんぱく質が分解すると、アミノ酸になります。

分解が進みやすいため、賞味期限内でもチロシンは発生するそうなのです。

タケノコのモロモロ同様に、食べても害はないので、大丈夫です!

 

 

ちなみに、このことを調べていると見つけたネタ。

業界ではチロシンのでてきた納豆を見たときには、

 

「この納豆、チロってる」

 

と言うらしいですよ。 

ふふっ、チロってるって(笑)

続きを読む "納豆にできた白い粒つぶ、これは何?~料理のサイエンスコラムvol.15"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米作りの会2016~田植え&稲刈り・参加者募集♬

「田植え&稲刈り」イベントのご案内

6月に田植え、10月に稲刈りを、ご一緒に楽しみ、

ご自身で作った無農薬のお米を食べてみませんか。

 

天理の農園で、
田んぼ一反(いったん)を借ります。

一反からは、300キロ近くのお米が収穫できます。

約20組のご家族を募集しています。

Photo

  Photo_4

Photo_3

 

Photo_4

場所 

奈良 高井病院から徒歩5分の田んぼ

   (JR帯解駅(奈良から2駅)から徒歩13分)

    (お車の駐車スペースはあります)

Photo

田植えの日時 

2016.6/25(土) 10時より12時半くらいまで

  (小雨決行)

  雨天の場合は、 6/26(日)に実施

稲刈りの時期 10月下旬~11月初旬

米の生育度合いを見ながら、
1ヶ月以上前には告知いたします。

土曜日、日曜日で設定。

子供たちも、かまで刈ります

(小さいお子さんは、はさみで)

*田植えのみの参加でも構いません。

参加費 

一家族9000円

+レクレーション保険 1名50円

田んぼ一反で、約20組強の家族で、田植え・稲狩りをし、

できた米は等分します。

例年、玄米で12キロ近くです。

自然のことですから、

植え方、稲の病気、天候に左右されます

収穫量は必ずではありませんので、ご了承ください。

また、こちらがお願いすることにより、農家の方には、通常の農作業以上の手間となります。

(機械でやればすぐに終わることですが、手植え、かまで刈る体験のご指導をお願いしています。また、小さい子供が田植えをすると、稲がきちんと土に立ってないものもでてきます。そのままでは枯れてしまうので、田植えの後、それをチェックしてもらうなど・・・・・。)

参加費はの2/3は米代で、残りは農家の方への謝礼とお考えください

品種 ひのひかり

(奈良の土地に合い、多く栽培されている品種です。)

農薬は使用しません。

 除草剤のみ一回使用。

 こちらの除草剤は、土の表面に膜を張って、
 害虫の侵入を抑えるタイプです。

稲刈りをした米は、脱穀・籾摺り(もみすり)・精米を経て、

2週間後にお渡し予定です。

農園に受け取りに来られてもよいですし、

宅急便でお送りすることも可能です。

稲が生育している様子をご覧になりたい方は、いつ農園に見にいっていただいても構いません。

生育の様子は、こちらのブログでもアップしていきます。

この取り組みは6年目です、過去のブログでご紹介しています。

2011年田植え →コチラ

         →コチラ

2011年稲刈り →コチラ  

2012年田植え →コチラ

         →コチラ

2012年稲刈り →コチラ

2013年田植え →コチラ & コチラ

     稲刈り →コチラ

2014年田植え →コチラ

     稲刈り →コチラ & コチラ

2015年田植え →コチラ & コチラ

           

私が、田植えと稲刈りの取り組みを始めたのは、

我が子にこの体験を通して、何かを感じとって欲しかったから。

ご参加くださった、親御さんたちも、同じ気持ちだったと思います。

もちろん、子供たちは、

自然いっぱいの中で、太陽を背中に受けて、

どろんこになって、すごくいい体験

Photo_10

   ↑ 今までで一番泥んこになってくれたお二人

田んぼの隣の小川には、ザリガニや小さい魚もいたり、

田んぼの中には、カブトガニがいたり、

それを夢中になって、とるお友達も。

Photo_9

子供ばかりではありません。

泥にぬめ~っと足が沈んでいく感じ、

土のにおい、

風、水の音。鳥の声。

あぁ、とにかく癒されましたね

Photo_6

そして、大地のエネルギーを、心と体で受け止めた感じ。

忙しい日常の中で、

自然と対話することを忘れかけていたんじゃないかって、気持ちになりました。

農家の方との交流でも、多くの刺激を受け、考えさせられます。

料理は、食材の現場から始まっている!と強く感じました。

「本物を口にしたい、日本の食を守りたい。」

生産者と私たちが、その想いでつながったとき、

今後の食のあり方を、変えていけると思います。

       

子供には、お米を育てるところから、食卓にのぼるまでを一貫して体験させてあげたいと思います。

ぜひご一緒に、子供も大人も存分に楽しみましょう。

 Photo_5

Photo_6

Photo_7   

112

●お申込み方法

HP 
http://manyoria.com/inquiry/

のお問い合わせページより、ご連絡ください。


詳細をお伝えいたします。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「料理で子供たちの生きる力を育もう!」
 

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング「砂糖の化学変化でお菓子ができる!?」募集開始

キッズ・サイエンス・クッキング

今回のテーマは、

□■━━━━━━━━━━━━
■ 
砂糖の化学変化で
  お菓子ができる不思議!?

  ━━━━━━━━━━━━━

砂糖が加熱の仕方によって、

姿を変えます。

10
    

  ↓    ↓    ↓
  

11 


砂糖が溶けてブクブク煮詰まってきたな~と思ったら、

 その瞬間!

大人もびっくりな、全く別物に~~~


それを活かして フランス菓子 を作ります。


             

料理やお菓子作りに隠れた「科学変化」を、

発見・体感するプログラム。

 

見てびっくりな実験!

食べておいしいお菓子作り!

で、子供たちの科学への興味の扉を開きます。

 → キッズ・サイエンス・クッキングのねらいは コチラ 


             

 

今回のレッスンのポイントは、

 

●砂糖のカラメル化

 

●砂糖の再結晶化

目の前で砂糖がどんどん姿を変えていく様子に、

目が離せません!

Photo_3

     
            

そこから作り出されるお菓子は、



●なめらかプリン

Photo_3


写真はプリン型で作るカスタードプリンですが、

ココット型で作るとろけるようなプリンにするかもしれません。

お楽しみに!


●プラリーヌ

 

糖衣がけのアーモンドです。

 

Photo_6

2種類の糖衣に 隠されたサイエンス とは?

Photo_4

 この3品、マジで美味しい! くぅ~っ、大人も食べたい

 お菓子屋さんで買うより、子供と作ろう!と思う味です


●べっこうあめ

Photo_17

Photo_2


●砂糖の結晶を作ろう!

 

製作には2週間かかるので、キットを子供たちで作成します。

 

家に帰って、棒をさして、2週間待てば・・・・

 

どんどん育っていく結晶の様子を観察するのも、ワクワクです

 

我が家で作っている様子をご紹介します。


☆初日

Photo_5
                  カクテルみたい?

 

☆1週間後


☆2週間後



キラキラのロックキャンディになりました~

Photo_8

   結晶って、きれいだね~☆

身近な砂糖という調味料に、実はこんな性質があったのか!

その気づきを、考察で深めていきます。

おいしいお菓子を作りながら、

「台所のサイエンス」で、子供たちの食と科学への興味を深めます。

Photo_10


いただきま~す。

Photo_9

     ご案内    

 日程

2016年
6月11日(土)

13:00-15:45 

 

開催場

スペースマイン・「四季の家」

  奈良県大和郡山市田中町834-1

  tel 0743-58-2801
大和郡山のアピタから、徒歩3分。

講習費

3900円


対象、定員

小学生、8名



お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    → コチラをクリック


①お母さまのお名前
②お子さまのお名前

③お子さまの学年

④ご連絡先
メールアドレス、携帯電話番号
(メールアドレスでご返信が届かない場合に、お電話させていただきます)


上記をお書き添えの上、お申し込みください。
❤フェイスブックをご覧になって申し込んでいただける方

友達申請(木村万紀子で登録)と同時に、
メッセージで受講希望の旨お伝えください。

  ♪     ♪   

※グループでのご受講も受け付けております。
(8名以上)
 ご都合のよい日程で調整いたします。

 可能な場合、出張もいたします。

※園や学校での、講演会やイベントもしております。

==============

講師プロフィール

木村万紀子

・「ビジコン奈良2014」(奈良県主催)にて、
 “キッズ・サイエンス・クッキング”で優秀賞受賞

・著書『西洋料理のコツ』(学研)、
    『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

・調理師 免許

・キッズキッチン協会 公認インストラクター

・調理師、家庭科中高教諭一種 免許

   ☆    ☆

「料理は科学でもっとおいしくなる!」を掲げて

料理の愉しさを伝えていくことをライフワークにしています。



子供たちと、ワクワク、ドキドキの時間を愉しみたいです!

 

 

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    
        Photo_10

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の休暇旅行のお気に入り vol.2

前回の投稿のつづきです。

Photo_10


コテージ泊の翌日の朝食は、

フレンチトースト。

Photo_12


サービスなのです。

Photo_13

Photo_14

ウインナーも焼いて、美味しい朝食♡


     


アクテビティはたくさんあるのですが、

一番のお楽しみは、

『カヌー』

カヌー付きのコテージでは好きなときにいつでものれるし、

カヌーのためのプライベートな湖がついているコテージまであります。

ここは人気で、予約が取れませんでしたが、

朝ごはんの後に家族でカヌーの時間。

Photo_11

コースが細い水路を進んでいくと、

目の前に大きな湖が広がっていたりの繰り返しで、

コースを一周するのに40分くらいかかって、

やりごたえがあります。

Photo_15

Photo_16

カヌーから、他の素敵なコテージを見ながら、
今度はこんなコテージに泊まりたい
とも思ったり。

散歩とは違う景色を楽しんで⭐︎


     

お昼には、ハンバーガー作りもできるのです。

Photo_17

Photo_18

Photo_19

Photo_20

大勢で集う楽しいアクティビティと、家族だけでゆっくり過ごす時間の

二つが楽しめて、

私はそれがちょうどいいバランスで心地よかったりします。

癒された二日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家の休暇旅行のお気に入り vol.1

最近の休暇の家族旅行のお気に入りは、

伊勢志摩でコテージを借りて、過ごすこと。


まずは、ハンモックでカクテルを飲みながらのんびりしてみる。

Photo_4


子供はブランコ

Photo_5

主人には、卵やチーズのスモークにさっそく取り掛かってもらって~

Photo_3


夕方になると、とても素敵な夕焼け。

Photo_6

Photo_7


バーベキューをした後は、

子供がお待ちかねの、大ビンゴ大会。

宿泊者100名以上が集まって、賞品をねらって白熱!

Photo_8


マシュマロ焼きタイム。

Photo_9

コテージに戻って、

スモークチーズと、ベルギービールやスパークリングワインで、まったり


癒される~~



            つづく

続きを読む "我が家の休暇旅行のお気に入り vol.1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タケノコの白いモロモロの正体は?~料理のサイエンスコラムvol.14

あなたの料理は、科学でもっとおいしくなる!

科学と料理のおいしい関係

「調理科学」は私の専門分野です。

blogでは、身近な料理で役立つサイエンスをご紹介します。


               

【タケノコの水煮に白いモロモロが・・・食べてもいいの?】


タケノコの季節ですね!

タケノコでは、よく質問を受けることがあります。


タケノコの水煮(特にパック入り)を縦半分に切ると、

ひだ(節)の部分に白いモロモロとしたかたまりがたくさんついていることがあります。

Photo

「これって、取るべき? 体によくないの? 料理の味を悪くしないの?」

と思ったことはありませんか。

消費者センターにも、クレームとして寄せられることが多いそうですよ。

Photo_2

①白いモロモロの正体は

これは、チロシンというアミノ酸の一種です。
チロシンは水に溶けにくい性質を持つため、
ゆでた後に結晶となってタケノコの内部に残ります。

    

②体にいいもの?悪いもの?

チロシンは、脳の神経伝達物質を構成するものの一つでもあり、集中力・やる気を高める、ストレスを緩和するという効能のサプリメントにもなっているくらいです。

ですから、体に悪いものでは決してありませんので、ご心配なく。
春の食べ物にこれらが含まれているのって、なんだか意味がありそうな気もしますね。

③味としては?

だからといって、白いモロモロを積極的に食べようとは、私は言いません(そう話を持っていく人もいますよ)。

料理人は、縦半分に切って、竹串のとがっていないほうでひだの間をこすってかき出して、水洗いします。

理由は、舌触りが悪いのと、見た目が悪いから。

チロシンはアミノ酸なのでうまみ成分だから取らないという人もいますが、

昆布やかつお節に含まれるような強いうまみ成分では決してなく、それらとともに存在するアミノ酸ではありますが、うまみとして重宝がるほどのものでもないというのが、私の見解です。

④結論

取べきかどうかの結論は、

「どちらでもよい」のです。

栄養があるものだし、うちは気にならないという方であれば、そのまま使ってOK。

食感や見た目が気になるのであれば、竹串でこそげて洗いましょう。

その他の大事な下ごしらえとしては、

パック詰めのタケノコの水煮は、ニオイがあるので、

切った後に水洗いしてから、熱湯でゆでてくさみを除いてください。

特に煮物では、下ゆですることをおすすめします。

薄切りにしてから下ゆですると、白いモロモロはある程度自然に取れてなくなりますよ。

            

サイエンス・クッキングは、こんな日々の料理のなぜ?を明らかにします^ - ^


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング4/4の開催レポート

驚きの卵料理のサイエンス

【卵が固まる!溶けてしまう!?不思議】
キッズ・サイエンス・クッキング

  (小学生対象)

4/4 春休み企画も無事終了いたしました。



どうもありがとうございました。
    


今回は、レッスンの様子をカメラでおさえられなくて、
最後のいただきま~す をかろうじて撮影。

Iphone_007

    「あ~ん!」おいしそうに食べてくれました。

ポーチ ド エッグ の作り方に隠された

サイエンスを実験で学ぶと、

なるほど、美味しく作るコツが明らかになるのです。

     

それをエッグ ベネディクトという

カフェで流行っている、おしゃれなマフィンサンドにしました。

4



お母さんだって、もちろん食べたい!

Iphone_0051

          ちょっと、味見させて~~♬

     

この講座は、こんな風に科学実験×調理実習を組み合わせました。

その詳しい内容は、過去のご案内に書きましたので、

よかったら、こちらをクリックしてご覧ください。

   ・ご案内part1

      ・ご案内part2


     

や・は・り、今回も

こちらの ビックリ卵 をおひとり一個ずつお渡しすると

子供たちは、大興奮!

(動画5秒)


自由研究みたいな、科学の実験から、

美味しい料理が生まれる。

「キッズ・サイエンス・クッキング」

今回、このプログラムは開催を終了しておりますが、

8名以上お集まりいただければ、

ご希望の日で調整させてもらって、開催することができます。

場所によって、maxの人数はご相談させてください。

●お問い合わせ方法

❤HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 ⇒コチラをクリック

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママにお弁当作ったよ!~感謝弁当クッキング

キッズ・クッキング
 (子ども料理教室)


私のお弁当&お母さんへ感謝弁当

4月2日に実施したレッスンのレポート第3弾です。

    

スーパー入口でお母さんとバイバイしてから、

子供たちと話し合って、

子供たちが使いたい食材や、作りたいメニューを出してもらって、

その場で決めた、今日の献立。

Photo

それを、一人ずつ担当を決めて、みんなで買い出し。

Photo_2

Photo_3

それから、いよいよお弁当作り開始。

Photo_4

      

9時から4時間がんばって取り組んだ、お弁当が完成

Photo_5

Photo_6

Photo_7

みんな、わくわくしながら作ったね。

包丁で切ったり、揚げ物したり、

子供にはまだ早いと大人が判断してしまいがちのことも、

子供たちだけで、上手にできました。

     

お母さんの待つ、広場へgo!

お母さんもドキドキしながら待っていてくれたことでしょう。

Photo_8

Photo_9


お母さん、お子さんが作ってくれたお弁当はいかがですか?

     

その晩、お一人のお母さまから、「お弁当クッキングで子供に変化が!」

という次のメールをいただきました。

すごく感激してしまいました。

ご許可を得て、一部をご掲載させていただきます。

(お母様はワーキングウーマンです)

     

今日もありがとうございました(о´∀`о)

さっき●●(お子さんのお名前)が

「春休みの毎日のお弁当、ママが冷凍食品いれたくなる気持ちがちょっとわかったわ。

全部手作りってめっちゃ大変やねんな〜」 と(笑)


春休みに入り、ママの味がいいからお弁当は全部手作りがいいと、


嬉しいけど大変なリクエストをいただき

(大人2子ども2作るためお弁当が苦手な私には大変)


前日の疲れがとれていなくてしんどい日は冷凍食品を入れることがありました。


「あ〜ぁ、今日は手抜き弁当か」と言われた数日前が嘘のよう(笑)


気持ちをこめて一生懸命作っているのをわかってもらえただけでも嬉しいです。


       

実は、このようなお話しを、レッスンの後日に聞くことが多いのです。

普段の当たり前の日常に、

子供が感謝する瞬間

というのは、

その立場になってみるというのが、

一番心に響くのでしょうね。

次は、4月29日に開催します。

この日は満席ですので、

また気候がいい時に、次のお弁当企画を考えますね♪


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「料理で子供たちの生きる力を育もう!」
 

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ママへプレゼントする弁当作りの始まり~感謝弁当クッキング4/2実施

前回からの続きです
  

キッズ・クッキング(子供料理教室)

私のお弁当&お母さんへの感謝弁当



自分たちで立てた献立

その食材をスーパーで子供たちが買い物をして

さぁ!料理の始まりです。


五指を使い、さまざまな動作をする

ということを目指しています。

●米をとぐ

Photo_10


●ピーラーでむく→包丁で切る

Photo_14

 年中のお子さんも、上手に包丁を使って切ってくれました


●卵を割る→混ぜる

Photo_15


●ちぎる

Photo_13


●つぶす

Photo_17

 にんにくつぶし器で

●もみこむ(肉に下味)

Photo_18

●トングでつかむ→油にそっと入れる

Photo_11

Photo_12

ドキドキしながらも、みんな上手に油に入れています

     


いよいよ、盛り付けです!

13時の待ち合わせまで、あと30分。急ごう!

Photo_8

Photo_9



    

いつものキッズ・クッキングは、

ママたちが見守る中で実施します。


それは、

包丁で上手に切れた!ピーラーがうまく使えた!

その「私にも、ぼくにも、できたよ」の自信に満ちた

わが子の笑顔の瞬間を、ぜひママたちに見て欲しいから。




そして、

そのあとに、にこっとママを見る子供たち。

ママにうなずいてもらい、すごいねと言ってもらうことが、

子供たちの中で自尊感情としてしっかりと根を張るからです。


     
  



お弁当クッキングでは、

おはようございますの挨拶のあとに、お弁当ができるまでお預かりです。



お母さんには何を作るか内緒

13時に待ち合わせて、

「はい、お母さん❤」とお弁当をプレゼント

お弁当の中身も内緒、

どんな風に作ったかも言わないで、

じゃ~~んと見てもらう

そのワクワクとドキドキが感動を呼ぶからです。


ママがいない中、

子供たちがいい表情をしたり、すごくがんばっていたり。

ママに見てもらえないから、

できるだけ後からママに伝えられるように目に焼き付けていますが、


私も感動して、あ~これを見てもらいたかったと思うことがたくさんですよ!


     つづく

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「料理で子供たちの生きる力を育もう!」
 

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供がスーパーの買い物で得た学びとは~感謝弁当クッキング4/2実施より

キッズ・クッキング
 (子ども料理教室)

私のお弁当&お母さんへ感謝弁当

自分たちでメニューを考え

 

     &

 

   買い出し

 

     &

 

   お弁当作り

 

     &

 

ピクニック形式 で、

ママへのお弁当プレゼント

4月2日(土曜)に開催しました。

年中~小4まで8名の子供たちが、頑張りました☆

9時にスーパー正面で集合。

そこで、お母さんと別れて、

子供たちと、スーパーの休憩所で、さっそく作戦会議。

Photo
   

   どんな食材、どんな料理にする?

まっさらな状態、ノープランで始めます。

子供たちから、彩りのよい食材や、

いつもお弁当に入っていたらうれしいものなどを

引き出して、メニューを組み立てていきます。

このとき、お母さんがいつも作ってくれる〇〇が、

お子さんたちお一人お一人の心と記憶に刻まれていることを

私はひしひしと感じるわけです。


         

本日のメニューが決定

①三色ご飯
 
 ・いり卵
 ・鶏そぼろ
 ・きゅうりの塩もみ

②から揚げ

③新キャベツとツナのサラダ

④ミニトマト

⑤フルーツ盛り合わせ


毎回、違うメニューが登場!

さぁ、今回は、どんな風に進んでいくかな。


     

それぞれが、食材の担当を決めて、責任もって、

数を確認してかごに入れます。

みんな、自分がもらったメモを握りしめて、いざ出発!

     


スーパーでの買い物では、

から揚げには鶏肉を使うといっても、

A と B と  C  があって、

何が違うの?

いったいどれを買ったらいいの?


自分がまず迷い、疑問に感じることで、

これが、大きな学びになります。

●から揚げの鶏もも肉


鶏もも肉とむね肉があるし、

一枚ものと、角切りがあるし。

Photo_2
     
          はい、これだね♪


●鶏そぼろの鶏ひき肉

「いろんなひき肉があって、どれを選んだらいいの?」

小2のお子さんからの質問。

  Dsc_0535


みんなを集めて


「よく見て!見た目でまず何が違うかな?」

「色が違う~」

「肉って、何の動物の肉?」

    ↓ この問いかけから

一番濃い赤…牛ひき肉

ピンク色…豚ひき肉

その中間…あいびき肉(牛と豚を混ぜたもの)

白っぽい…鶏ひき肉


    ↓

こんな話ができるんですね♪

普段のお母さんについて回る買い物では、

子供は立ち止まって、なかなかここまで考えないですよね。

いい発見をしてくれたおかげで、

買い物ツアーの内容が深まりました。

拍手!

Photo_3


●新キャベツとツナのサラダ

Photo_4

いい季節に買い物にきました!

これもまた、いい発見ですね♪

キャベツには、冬キャベツと春(新)キャベツがあって、

外観では、ここが違うというポイントをお話。

  ・扁平か丸みを帯びているか

  ・断面の葉の巻きのきつさ

調理したときのやわらかさについても話して、


今日は「だから」新キャベツを選ぼうということになりました。

Photo_5

Photo_6


最後は、一人一人レジを通してもらったら、袋に詰めて。

園児の子が肉をそのままレジ袋に入れようとしたら、

小学生が、「これは透明の袋に入れて、野菜とつかないようにするんだよ」

と教えていて、

おぉ~っと、拍手!

普段、お母さんと買い物に来て、何げなくやっていることが、きちんとしみついているのですね。


お母さんに見せてあげたい姿でした❤

Photo_7

これから、自分で買ったものを持って、

お料理作りをしに Let's go !


            つづく

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「料理で子供たちの生きる力を育もう!」
 

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

続きを読む "子供がスーパーの買い物で得た学びとは~感謝弁当クッキング4/2実施より"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »