« 「お母さんへ感謝弁当」企画!4/29 園児&小学生対象・追加募集 | トップページ | 古都華いちごのふんわりパンケーキ »

子供たちだけで、手巻き寿司準備を

週末の夜ご飯。

子供たちに、「二人で全部作ってみたら?」

と言ってみたら、できるかなぁと言いながら、乗り気のお返事が!

二人が好きなもので、ハードルの低いもの。

「手巻き寿司はどうかな?」

「いいね~!買い物に行こう」

    

ネタは兄に選ばせました。

「何が必要なの?」と聞かれたら、

「かいわれ大根」「青じそ」などと私がいうと、

どこだ?どこだ?とさがしに行く二人。

    

帰り道に、何から準備し始めたらいい?

時間がかかるものは?

と聞くと

「寿司飯!」

では、寿司飯には、何が入っているの?

と考えさせて。

みんなでウキウキ、楽しい帰り道。

    

家に戻って、紙に作り方を書いてあげたら、

後はすべて二人でやってくれました。

Img_0134

Img_0137

感心したのは息子です。

「刺身は、こういう風に斜めに切って並べてあるから、

おにいちゃんのやり方を見てやりなさい」

と妹に言っているのです!

これは、うれしかったなぁ~❤

Img_0137_2

そぎ切りの包丁使いの向きは、まったくの逆ですが、

できた刺身は、それっぽくなっています。

教えていないのに、

できあがりのイメージから、作り方を推測して落とし込んでいる ところに拍手。

この力は、料理以外でも(算数の図形とかね)、とても大事ですよね。

で、いつもは見せない、兄の面倒見のよさを垣間見れて、

母はそばで感激しているのでした

Fullsizerender2

子供に料理を手伝ってもらうときには、

私は、大人が思っているような切り方をしていなくても、

それはそのままにしておきます。

手巻き寿司のきゅうりを、

「きゅうりを切る」としか紙に書いて渡さなかったら、

こんな風に切っていました。

いいのです、いいのです。

次に、私が手巻き寿司を作ったときに、

気づくのもまたいいのですよね~。

         

母はそばで、子供をほめる、ほめる、ほめる。

本当にうれしいんですもの、それをどんどん言葉にして伝える。

二人はやる気Maxで、次々とやってくれていました。

Fullsizerender_2

途中で、うちわであおぐことに気づいた娘。

よしっ!

Img_0155

できた!できた!

Img_0158


お母さんのために、デコ手巻き?を作成中↓

これはなんだろう・・・・・・

Img_0161

シアワセな夕食となりました。

    

そして、娘からの突然のサプライズ

起立して

「お母さん、いつも幼稚園の送り迎えをしてくれてありがとう」

「お父さん、いつも日曜日にいろいろ遊んでくれてありがとう」

   感激~

(卒園式(在園生として)に出席したばかりでしたから、年長さんの真似ですね。かわゆい)



「お兄ちゃんも、次に言いなよ」

「いいよ、パス」

(だよね~)

そんなやりとりを聞いて、

ますますシアワセになる私でした。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

「料理で子供たちの生きる力を育もう!」
 

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

|

« 「お母さんへ感謝弁当」企画!4/29 園児&小学生対象・追加募集 | トップページ | 古都華いちごのふんわりパンケーキ »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちだけで、手巻き寿司準備を:

« 「お母さんへ感謝弁当」企画!4/29 園児&小学生対象・追加募集 | トップページ | 古都華いちごのふんわりパンケーキ »