« 醤油を泡にしてみよう! | トップページ | 青じそのエアーの不思議な作り方 »

泡を大きくして、トマトの泡はいかが?

本来ならば決して泡立つことはない

調味料・野菜や果物のジュやピュレを、

調理科学(料理のサイエンス)の技術で泡立てます

第一弾は、しょうゆ

  ⇒詳細は コチラをクリック してご覧ください

第二弾は、トマト 

トマト1個分を泡でいただきます♪

2


泡が3層になっているのが、写真でもわかるでしょうか?

下がきめ細かく、上にいくほどきめが粗い。

底には、透明なトマトのエキス分がたまっています。


     


先の投稿のしょうゆの泡より、空気を多く含んでいます。

分量や泡立てる道具をちょっと変えただけ。

今回はハンドミキサーで泡立ててみました。

     


おうちのおもてなし料理に使える?と思われた方。

できますよ~♬

ぜひ、このテクニックで食卓を華やいだものにしてください。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 
「科学で料理はもっと美味しくなる!」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    Photo_6 
     (10版発売中)

    Photo_7   Photo_8
    (中国繁体字版)  (中国簡体字版)


  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

    Photo_9

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    Photo_10

|

« 醤油を泡にしてみよう! | トップページ | 青じそのエアーの不思議な作り方 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泡を大きくして、トマトの泡はいかが?:

« 醤油を泡にしてみよう! | トップページ | 青じそのエアーの不思議な作り方 »