« 末就園児の「節分」クッキング:こんな風にしますvol.1 | トップページ | 七草かき揚げ粥 »

末就園児の「節分」クッキング:こんな風にしますvol.2

キッズ・クッキングで、子供が料理に取り組むと

      ↓

五感を刺激することで、脳が活性化する。

子供の料理教室は、得られるものがたくさんあると思います。

そのうちの一つが脳の活性化。

料理は五感を働かせて作り、五感で味わうもの。

包丁で切る、ピーラーでむく、混ぜる、丸める、絞る、すりばちでするなどの、さまざまな道具を使って、5本の指を器用に動かす作業が、料理を作るたった数十分の中に、ぎゅっと凝縮されています。

それに加えて、料理には、ジュー、パチパチ、トントンなど、動作に連動して生きた音を感じることができます。

料理のできあがりを考えながら作業することで、感性や創造力も養われますし、料理の盛り付けは立体ととらえると空間認知力も高められます。

これらはすべて、大脳の前頭前野や前頭極などを活性化させます。

      

昨日に引き続き、教室風景をご紹介します。

1/14に実施する「節分」のテーマのものです。

その中には、普段の遊びではしない動きや、五感を刺激する動作がいっぱいです。

     

先の投稿では、

●だしをとる

●ピーラーで皮をむく

●野菜を切る

ところを見ていただきました。

次の料理でも、さまざまな動きがあります。



●炒める

14


●調味料をそっと入れる

15

●卵を割る

16

●泡立て器ですり混ぜる

17


●少しずつ入れる

18


●へらで切るように混ぜる

19


●丸く形を作る

20


●平たくつぶす

21

みんなイキイキと楽しんでいますよね。

まだ、園に入っていない子供たちが、

2時間半、ずっと料理していられるのですよ。

本当に子供の持つ力って、すごいですね


      

ちなみに、毎年受講されたお母さまから、

「鬼は外~」とまくあの煎り豆が、

こんな風に料理やお菓子にできたなんて、驚き!

という声をいただきます。

     

6年前にご受講してくださった方は、

煎り豆クッキーを気に入ってくださって、

お母さんが一人でも食べたい!ということで、

ずっと作ってくださっているそうです。

******近日のレッスンのご案内*******

●日時 

1月14日(木曜)
10:0013:30

●献立

①煎り豆とじゃこのご飯 
紅白の白味噌汁
③ひき肉とゆで大豆の煮物
➃煎り豆クッキー 

 

●詳細はコチラをご覧ください

http://cestbon.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/1-1cd4.html


●講習費

3500円




●開催場所

奈良市内のマンション

(JR奈良駅から徒歩7分、近鉄新大宮駅から徒歩10分)
(お申し込みいただいた方に、詳細をお知らせいたします)
(近隣コインP7か所あり)
※今後の開催日
2/18(木)
3/3(木)  です。



●お申込み方法

HP 
http://manyoria.com/inquiry/

のお問い合わせページより、ご連絡ください。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 「料理で 子供たちの生きる力 を育む」

食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    00_2     0001
    (10版に増刷されました) (中国語版)

  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

        0000001

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    000000111

|

« 末就園児の「節分」クッキング:こんな風にしますvol.1 | トップページ | 七草かき揚げ粥 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 末就園児の「節分」クッキング:こんな風にしますvol.2:

« 末就園児の「節分」クッキング:こんな風にしますvol.1 | トップページ | 七草かき揚げ粥 »