« 料理のサイエンスコラム vol.11 | トップページ | 末就園児(2~3歳児)のキッズ・クッキング1月のご案内 »

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

小学生のおせちレッスン(12/12)で、
子供たちが作ったおせち料理です。

3人1組で、すべて子供だけで作りました。

子供たち、やりたくて仕方ない!モードで、取り組んでいましたよ。

 

00

001

●栗きんとん

●田作り

●伊達巻き

●黒豆の松葉刺し

●黒米&赤米の祝いご飯とお吸い物もプラス

このメニューを第一弾として、
第二弾は今年の年末に、別の内容を考えています。
 
       

大人のおせち教室はありませんか?
とお問い合わせを何度もいただきましたが、

今年はあえて、子供対象にしかやりませんでした。

子供が「できた〜!」「美味しい!」「今年はおせちを絶対私が作る!」

とやる気満々^ - ^

お母さまはレッスン中にお子さんが作るのを見守っていて、作り方がわかります。

おせちにまつわるいわれを一緒に聞いて帰ります。

これを経験すると、

お母さんが密かに習ってきて、
今年はおせちを作ったよ、ジャーンとご披露するのとはまた違う、

「おせちを毎年作り食べる」

ということが、子供の心の中にしっかり根をはるのです。

        

お母さまも、子供主導で作るおせちって、準備しながら感激だと思いますよ。

子供はどのおせちも、美味しいって喜びますよ。私が作ったんだ!と満足気にね(*^◯^*)

家族でおせちを囲みながら、
このいわれはねと、子供が得意げに話してくれる光景は、
子供の成長を感じて、うるっときますよね。

         

キッズ クッキングは、子供の料理の腕を磨くためにしているのではありません。

子供が台所に立つことで、
子供のこころが育ちます。
そこから親が感じることも大きくて、
家族の在り方さえも変える力があると思っています。

(キッズクッキングで子供の心を育む---奈良県のホームページにて)
http://www.kodomo.pref.nara.jp/column/?act=dtl&id=23

今年も、食の愉しさ、大切さを、多くの方と共有できますように

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。



 「料理で 子供たちの生きる力 を育む」


食育(子供料理教室・講演)、調理科学、フードコーディネート

 

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 




  著書のご紹介 ⇒ 詳しくはコチラをクリック

  ● 『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
    

    00_2     0001
    (10版に増刷されました) (中国語版)

  ● 『西洋料理のコツ』(学研)
   

        0000001

  執筆本のご紹介

  ● 『パンづくりに困ったら読む本』(池田書店)
             (パンづくりのQ&Aを執筆)    

    000000111

|

« 料理のサイエンスコラム vol.11 | トップページ | 末就園児(2~3歳児)のキッズ・クッキング1月のご案内 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます:

« 料理のサイエンスコラム vol.11 | トップページ | 末就園児(2~3歳児)のキッズ・クッキング1月のご案内 »