« 夏休み・小学生が一人で作れるようになる料理教室 | トップページ | 自家製ジンジャーエール »

美しい桃のむき方、切り方

桃の季節ですね~

Photo

ももって、扱いにくいですよね。

皮をむくときに、包丁でむくと包丁後がつくし、皮を引っ張るようにいてむくと桃の肌がざらざらになるし。

真ん中にかたい種が入っているから、りんごのようにはすぱっと切り分けられないし。

しかも、すぐに変色するし。

みなさんはどのように皮をむき、種を除いて切り分けていますか?

今回は、桃を美しく提供するためのむき方&切り方をお話しします。

お菓子作りには必須です。

     

●ももの皮がつる~んとむける方法「湯むき」

①熱湯に5秒ほど通します。

Photo_2

Photo_3
 皮の一部がはじけてきます

②すぐに氷水で冷やします。

おもしろいほど、皮がするするむけます。

 ももの肌がつるつる~

 しかも、表面に熱がかかることで、酵素の働きが抑えられて、変色しにくくなります。

Photo_4

   Photo_5

●美しく切り分けよう

①まず、4等分に切り込みを入れます。

 種がかたいですから、ざくっとは切れません。

 包丁を入れて種に当たったら、種に包丁を当てたままぐるっと一周動かすと、
 切り込みが入ります。

②両手でももをやさしく半分ずつつかみ、片方の手は奥方向へ、もう一方の手は手前方向にひねるように動かします。

 すると、1片の実が種からぱかっとはずれるのです。

 種には全く実がつきません。きれいにはずれます。

 アボガドの種を取る工程と似ていますね。

Photo_6

  

4

③種とくっついていた部分はかたいので、包丁でそぐとよいでしょう。

●変色を防ぐには、レモン汁

 切り分けると、切り分けた部分の細胞が壊ることによって、

 桃の酵素が働いて酸化し、桃が茶色っぽく変色します。

 それを防ぎたいときには、レモン汁をふりかけます

     

食卓にデザートとして出すときに、

湯むきまではしないとしても、

この切り方は、役立ちます!

4等分に切って、ひねるようにして実をはずす というのは、ぜひやってみてください!

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

 

|

« 夏休み・小学生が一人で作れるようになる料理教室 | トップページ | 自家製ジンジャーエール »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい桃のむき方、切り方:

« 夏休み・小学生が一人で作れるようになる料理教室 | トップページ | 自家製ジンジャーエール »