« 田植えイベント2015~vol.1 | トップページ | 田んぼレポート2015~vol.1 »

田植えイベント2015~vol.2

vol.1のつづき


●田植えでは、

 田んぼの生き物にも出会えます。

Photo_9


●じゃぶじゃぶ泥んこを楽しんじゃってもOK

Photo_10

●小さい子も、入れた(^^)

  最初は抱っこされていたけれど、入れた瞬間を見たよ~

17

 

18


●1枚目の田んぼを植え終わって、2枚目の田へ。

田植えの泥の中を移動する何気ないシーンですが、

泥に慣れた頃の

この開放感が伝わってきますか?

15

●もくもくと植えていると、

 ココロがす~っと、「無」になります。

 「自然と一体化している」 そんな気がしてきます。

14_2

Photo_11

●泥に足をうずめて苗を植えていると、


 日本人の本来の姿、農耕民族の血が私にも流れているんだな、

 そんな風にも感じられるくらい、心静かになるのです。

 と、同時に、大地のパワーも感じられる。


●私にとっては、普段のあくせく忙しい生活とは別世界で、

 自然の声を聴くことを思い出させてくれる、貴重な時間でもあります。
 

16

●最後は、みんなで「バンザーイ」して終わったよ!

 なんともいえないこの一体感。

 感動です!!!

Photo_12

萩原苺農園のみなさま、今年もこのような機会をいただけたことに感謝いたします。

このイベントの中で、

私たちがすごく感動することのひとつが、

農園主の萩原さんの話を聞けること。


「自分で食べるお米を自給するのもよいことです。

このくらいの大きさの田んぼを今日はみんなで田植えをして、たくさんとれるように感じるでしょうが、

とれる量は、実はみなさんのご家庭の一年分の消費量くらいなんですよ。」

という言葉が、みんな印象に残ったと後で聞きました。

「今まで考えたこともなかった。」

大人の私たちが、そうなんです。

普段スーパーで10キロずつ買っていたら、気づかないものなのです。


    **

私たちが取り組む一反という大きさの田んぼであれば、

食べ盛りの子供のいる家族1年分のお米はまかなえるかぎりぎりのところです。

田んぼ一反からは、今回のように、子供が入って手植えする&無農薬で作ると、収穫量は300キロ強です。

本当はもう数十キロ多くとれるのですが、小さすぎたものを機械がよけて、通常サイズの玄米でその量です。

ちなみに、機械で植え、化学肥料と農薬を使用すると、平均で500キロはとれ、うまくするともっととれるそうです。

みなさんは、一日、何合炊いていますか?

1合=白米150g です。300キロの玄米を白米にすると280キロほどになります。

一日5合炊く家族では、373日分。

一日6合炊く家族では、311日分なのです。

私たち、家族で田んぼ一反のお米くらいは食べれるものなのです。

その話を聞いて、お米を作ってくださる農家の方に改めて感謝の念を抱きました。

そして、私たちにとって、「農」がぐっと近くなった瞬間でした。

私たちは田植えと稲刈りを体験させていただくにすぎません。

その間の管理がどれほど大変なことか。

この広さの田んぼのお米を、自分たちの家族が食べ尽くしているんだと考えたとき、

頭の中に、今までと違う想いがわいてきました。

この事実を本で読むだけでは、ここまでズシーンとは、私たちの心に落ちてこなかったと思います。

体験できたからこそ、腑に落ちました。

本当にいい経験をさせてもらえて、ありがたいです。

田んぼの稲たち、秋まで元気に育ってね!!!

restaurant             restaurant              restaurant   
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« 田植えイベント2015~vol.1 | トップページ | 田んぼレポート2015~vol.1 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402421/60784719

この記事へのトラックバック一覧です: 田植えイベント2015~vol.2:

« 田植えイベント2015~vol.1 | トップページ | 田んぼレポート2015~vol.1 »