« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

末就園児キッズ・クッキング7/2開催します

キッズ・クッキング(子供料理教室)

未就園児クラス 

7月2日(木曜) に開催します。

Photo

Photo_2

●テーマ

もやしは豆からできるの?

枝豆と大豆はいっしょ?

●実習内容

①献立

・枝豆とじゃこのご飯

・わかめと油揚げのみそ汁

・もやしとささみのごま和え

・豆乳もち

②もやしの実習

もやしの栽培を見せ、そこから抜いて使います。


種も配布するので、おうちでも挑戦してみてくださいね。

Photo_3

Photo_5

Photo_4

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9


日時

7月2日(木)10:00~13:30頃

開催場

奈良市の木村自宅

アクセス:JR奈良駅、近鉄新大宮駅より、子供の徒歩圏内
近隣にコインP一日最大600~700円7か所あり。

(お申込みいただいた際にご連絡いたします)

講習費

3500円

□■━━━━━━━━━━━━━━

■  タイムスケジュール・持ち物
━━━━━━━━━━━━━━━━


10:00  受付・準備

10:10   料理スタート

12:30-45 いただきます

13:20   はみがきタイム

13:30   終了


●持ち物

エプロン(貸出あり・申し込み時にご連絡ください)

三角巾(バンダナでOK)

てふきタオル

おしぼり

使い慣れた箸・スプーン・フォーク

はぶらし





Photo_4



□■━━━━━━━━━━━━━━━━
■  器具・食材について、キャンセル規定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●使用器具について
調理器具は、こどもの食育用に開発された器具を用います。
熱源はIHヒーターを使用します。
安全に料理できるように指導いたします。

●食材について
産地を選んで購入しております。
講師一人のため、アレルギーをお持ちの方の対応は現在行っておりません。
メニューで確認したい食材がある場合は、お問い合わせください。

●キャンセルについて
お子さんですから、急な発熱などの体調不良もあると思います。
うちも小さい子供がいるので、よくわかります。
しかしながら、教室を運営していく上で、
キャンセル規定を作らせていただいておりますので、
以下、ご了承いただけますようお願いいたします。
     * *
キャンセルの場合は2日前の20時までにお願いします。

以降は、材料の関係で、やむを得ず半額ご負担いただきます。

代金をお振り込みいただいた後に、レシピを郵送し、フォローいたします。



●講師プロフィール

HPでご覧ください。 →コチラ 



□■━━━━━━━━━━━━━━━━
■  未就園児クラスで大切にしていること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



幼稚園に入る準備の一年です。


幼稚園以上のクラスとは違い、

以下のことを意識して指導します。

   *…*…*…*
社会性を身につけ、集団生活に慣れることが求められます。


・友達や先生とのコミュニケーションをはかる。


・先生の話を聞く。


・決まりを守る。

・あいさつする。



・順番を守り、譲り合う気持ち。
    ☆

食べ物の名前、数、色、大きさ、時間について、


味を表現する言葉などを、


強調して伝え、


みんなで声に出して言います。

  
    ☆

歯磨き、トイレ、身支度などがひとりでできるようになる


ような声がけをします。


こういう場では、はりきる子どもちゃんたちがカワイイ。


。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。

●お申し込み方法

❤HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 ⇒コチラをクリック

①お母さまのお名前
②お子さまのお名前

③お子さまの年齢 ○歳○ヶ月

④ご連絡先
❤フェイスブックをご覧になって申し込んでいただける方
友達申請(木村万紀子で登録)と同時に、
メッセージで受講希望の旨お伝えください。
♡初めてお越しいただく方には、
事前に電話でお話しさせていただくこともできます。

お子さんのご様子や、不安なこと、好き嫌いなどを、把握したうえで、

レッスンにのぞめるほうがよいからです。

また、直接お話ししたほうが、

初めての場所でも不安なくお越しいただけるかなと思っております。


ご希望される方はお知らせください。
。o○★○o。。o○★○o。。o○★○o。。o○★○o。


お子さんたちの

「やりたい!」「やらせて~」 の声

できたときの満面の笑み!


こうして子どもたちは、

達成感を得て、自信をつけて、


大きくなっていくんだな~♡と思います。


かわいい子どもたちとの出会いを、

たのしみにしています☆♬

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iphoneが壊れたら~奈良・神戸でも修理できますよ!

【iphone6 ご臨終です】

買い替えて半年のiphone6の画面が、真っ暗に!!

昨日17時すぎ、パソコンをしながら、傍らに置いていたiphoneに目をやると、えっ!?

何の前触れもなく、突然のことでした。

静かに息を引き取りました。

   

充電もあったし、さっきまでふつうにメールしていたし、

あわてて再起動を試みるも無駄で、

すぐにAppleサポートへ電話。

あれもやってみましょう、これもやってみましょうと提案してくださり、

ボタンを触ったり、PCとつないだりして、

最善を尽くしましたが、もう電源が入ることはなく・・・・・・

中のデータは取り出せないと

     

実は、翌日は、田植えイベントで、20組のご参加者と連絡を取り合う予定。

なぜ、今日、こんな時間に……(冷や汗)

Appleサポートの方と電話しながら、あれこれ試して、もうあきらめてくださいと言われたのが18:20。

それなら、明日、心斎橋のAppleに行きますと私が言うと、

(携帯なしで、イベントに臨むなんて……どうしようが頭の中をぐるぐる)

「今から予約が必要で、ご希望の時間帯には・・・・・・」

「待ってください、奈良にお住まいですよね?」と言われ、

なんとー!!!!

1週間前に、奈良市、しかもうちから徒歩圏内に、心斎橋のAppleと同じことをしてくれるビックカメラ経営のストアができたと!

BIC Apple製品修理サービス
http://www.biccamera.co.jp/asp/access/kansai/bic21.html

電話を切って、すぐに出発し、閉店19時前に滑り込み~。

iphoneはストアでも復活しませんでしたが、即、交換でき、電話が手元に。

とにかく、明日のイベントに間に合い、セーフ。

  **   **

日記のようなお話になってしまいましたが、

<私が一番伝えたいことは>

関西の場合、

Apple製品が壊れたときには、

心斎橋のAppleまで行かなければならないし、

しかもすぐには見てもらえないというのがネックでした。

それが、

奈良市(近鉄新大宮駅が最寄りのイトーヨーカドー)

神戸市(JR神戸駅が最寄のハーバーランド)

でも、同じサービスが受けられるということ!

       

Appleではなく、ビックカメラが経営母体なのですが、

この案内をご覧ください。

iPhone・Apple製品修理
正規サービスプロバイダ

BIC Apple正規サービスプロバイダ

Appleの認定を受けた正規の修理サービスです。

Apple製品を安心してご利用頂けるよう、認定スタッフが丁寧にサポートいたします。

使用機器・修理部品はAppleから直接提供を受けた純正品ですので、アップルストアのGenius Barと同等の品質で修理を行います。

       

大阪や京都の方も、もしかすると心斎橋のAppleストアに行くより、早く対応してくれるかもしれませんよ。

イトーヨーカドーの衣料品売り場横に、

まるで携帯ショップのように、こじんまりとあるんです。

申し訳ないのですが、見た目、ここでAppleストアと同等の修理が受けられるのか?と内心不安に思うほど、ローカルな立地なのです。

イオンモールに出店したほうが活気があると思うのだけれどと思いましたが、

よく考えると、電車でのアクセスを考えると、奈良市ではここになったのかなと。

「もう、このiphonは、治りません。中のデーターも取り出せずに、すべて失われます。」

そう宣告されたときに、あきらめきれなくて、

失礼ながらも

「心斎橋のAppleストアに行けば、他の対処をしてくれる可能性はありますか?」

と聞いたら、

「この場合には、同じ対処しかありません」

と言われたので、

奈良がお近くだったり、とにかくすぐに直したい場合には、このお店に行く価値ありだと思いますよ。

  **   **

でもでも、バックアップを取っていなかったので、

iphoneは半年前にタイムスリップ。

この半年に新たに知り合った方の連絡先を、失ってしまいました。

え~~ん。

実は、半年前は、iOSのバージョンアップに失敗し、iphoneが初期化状態に。

アナログな私に、めったにない、いろんなことが襲いかかって、困るよ~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング体験版 7/24募集開始

□■━━━━━━━━━━━━
■ キッズ・サイエンス・クッキング

              体験版

 「重曹の化学反応でできる、お菓子たち」
━━━━━━━━━━━━━

料理やお菓子作りに隠れた「科学変化」を、

発見・体感するプログラム。

見てびっくりな実験!

食べておいしいお菓子作り!

で、子供たちの科学への興味の扉を開きます。

================
    体験版って何?
================

いつもは2時間半~3時間のキッズ・サイエンス・クッキング

その内容をぎゅぎゅっと凝縮して、

2時間にまとめた ミニ レッスン。

「サイエンスって、まだうちの子には難しすぎる?」

「私も想像がつかない内容だから、子供が楽しめるかイメージできない」

などで、ご参加を迷われている方のために、

体験版の2時間レッスンを用意しました。

時間も短く、受講料も体験価格です。

       

完全版は、来年1,2月に実施予定ですので、

継続してご受講いただいている方の中には、

「冬まで待ちます」と言ってくださっている方もいます。

================
    さて、内容は?
================

3月に、奈良新聞の小学生新聞に

『手作りサイダーでサイエンス』

の記事が、掲載されました。

(奈良県の教育委員会、各小学校の協力で
小学生に直接学校より配布される無料タブロイド新聞です。)

Photo_18

     ❤

そこで紹介した

『しゅわしゅわサイダーがおうち作れる!』 

を、重曹の化学反応実験からスタートして、作り上げます!

小学生新聞をご覧くださった方も、

まさか中学で学ぶ化学実験に、

小学1年生が、きゃーきゃー言って盛り上がると想像できますか?

その実験の原理がわかったところで、それを利用して

『お菓子のラムネ』

も作ります。おうちで、作れるの?の歓声があがります。

Photo_2

そして、高校受験にもよく出る 

中学で習う、もう一つの重曹の科学実験を利用して

 『さつまいも黒糖蒸しパン』 も作ります。

Photo_4

 お菓子 + 科学実験  を体感!

中学で学ぶ化学実験なんて、

小学生にはまだ早い

と思っていませんか?

この化学反応は母親世代の私たちも、

中学時代に習いました。

この図に見覚えありませんか?

Photo_26

これをおもしろいと思った記憶ありますか?

(試験管Bに出てきた気体を石灰水に通すと白く濁る、あれです!)

        

子供たちがキラキラ目を輝かせて実験する姿を見れば、

中学で受験勉強として習う前に、

化学のおもしろさを

もっと身近に、もっと楽しく 感じさせてあげたい

私の想いにご共感いただけると思います。

 

理科だけ学んでも、絶対にわからないんです。

もっと、理科を、生活に結びついた『食』に落とし込めば、

理科も食も、もっと興味深く、
なるほどになるのです。

    🎶 🎶

この楽しさを、多くの子どもたちに伝えたい❤

小学生の目を好奇心で輝かせる、
プログラムにして

 キッズ•サイエンス•クッキング

でお届けします!!

          

●日時 

7月24日(金)

13:00~15:00

●場所  

スペースマイン・「四季の家」
奈良県大和郡山市田中町834-1
tel 0743-58-2801

地図 http://spacemine.co.jp/showroom/shiki.html

大和郡山のアピタから、徒歩すぐ。
モデルルームのキッチン&ダイニングをお借りします。

●講習費 

3500円

●対象年齢、定員

小学生(8名)

●お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

 ⇒コチラをクリック

①お母さまのお名前

②お子さまのお名前(ふりがな)、学年

③ご連絡先         

 をご明記の上、お申し込みください。

※キッズ・サイエンス・クッキングは、どのプログラムも

 グループでのご受講も受け付けております。
 (6名以上)
 ご都合のよい日程で調整いたします。

 可能な場合、出張もいたします。

※園や学校での、講演会やイベントもしております。

==============

講師プロフィール

木村万紀子

・「ビジコン奈良2014」(奈良県主催)にて、
 “キッズ・サイエンス・クッキング”で優秀賞受賞

・著書『西洋料理のコツ』(学研)、
   『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

・調理師 免許

・キッズキッチン協会 公認インストラクター

・調理師、家庭科中高教諭一種 免許

   ☆    ☆

「料理は科学でもっとおいしくなる!」を掲げて

料理の愉しさを伝えていくことをライフワークにしています。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング「砂糖のふしぎ!?」7月の新日程、募集開始です

キッズ・サイエンス・クッキング

今回のテーマは、

□■━━━━━━━━━━━━
■ 
砂糖の化学変化で
  お菓子ができる不思議!?

  ━━━━━━━━━━━━━

砂糖が加熱の仕方によって、

姿を変えます。

砂糖が溶けてブクブク煮詰まってきたな~と思ったら、

 その瞬間!

大人もびっくりな、全く別物に~~~


それを活かして フランス菓子 を作ります。


             

料理やお菓子作りに隠れた「科学変化」を、

発見・体感するプログラム。

 

見てびっくりな実験!

食べておいしいお菓子作り!

 

で、子供たちの科学への興味の扉を開きます。

 → キッズ・サイエンス・クッキングのねらいは コチラ 


             

 

今回のレッスンのポイントは、

 

●砂糖のカラメル化

 

●砂糖の再結晶化

 

     
            

そこから作り出されるお菓子は、


●カスタード プディング

ホイップクリームで飾りつけて、楽しくいただきましょう~

Photo_3

 

●プラリーヌ

 

糖衣がけのアーモンドです。

 

2種類の糖衣に 隠されたサイエンス とは?

Photo_4

 この3品、マジで美味しい! くぅ~っ、大人も食べたい

 お菓子屋さんで買うより、子供と作ろう!と思う味です

●べっこうあめ

Photo_17

 

●砂糖の結晶を作ろう!

 

製作には2週間かかるので、キットを子供たちで作成します。

 

家に帰って、棒をさして、2週間待てば・・・・

 

 

どんどん育っていく結晶の様子を観察するのも、ワクワクです

 

我が家で作っている様子をご紹介します。


☆初日

Photo_5
                  カクテルみたい?

 

☆1週間後

☆2週間後



キラキラのロックキャンディになりました~

身近な砂糖という調味料に、実はこんな性質があったのか!

その気づきを、考察で深めていきます。

おいしいお菓子を作りながら、

「台所のサイエンス」で、子供たちの科学の扉を開きます。

     ご案内    

 7月の新日程

7月12日(日)

13:00-15:45 
 
満席になりました、ありがとうございます

開催場

奈良市の木村自宅

アクセス:JR奈良駅、近鉄新大宮駅より、子供の徒歩圏内
近隣にコインP一日最大600~700円7か所あり。

(お申込みいただいた際にご連絡いたします)

講習費

4000円


定員

8名

●お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    → コチラをクリック

  ♪     ♪   

※グループでのご受講も受け付けております。
(6名以上)
 ご都合のよい日程で調整いたします。

 可能な場合、出張もいたします。

※園や学校での、講演会やイベントもしております。

==============

講師プロフィール

木村万紀子

・「ビジコン奈良2014」(奈良県主催)にて、
 “キッズ・サイエンス・クッキング”で優秀賞受賞

・著書『西洋料理のコツ』(学研)、
    『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

・調理師 免許

・キッズキッチン協会 公認インストラクター

・調理師、家庭科中高教諭一種 免許

   ☆    ☆

「料理は科学でもっとおいしくなる!」を掲げて

料理の愉しさを伝えていくことをライフワークにしています。



子供たちと、ワクワク、ドキドキの時間を愉しみたいです!

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに!砂糖の結晶が!?

2週間前の

キッズ・サイエンス・クッキング

「砂糖の化学変化で、お菓子ができる不思議!?」

のレッスンで、子供たちが作成した

<砂糖の結晶実験キット>

参加してくださったお子さんは、家で結晶が毎日大きくなるのを、楽しそうにのぞきこんで観察してくれているそうです。

うれしいな~

私が見本で作成したものも、2週間でここまで成長しました!

Photo

そうなんです

結晶は、実は、 ロック・キャンディ に成長するのです!


まるで、ジュエリーみたいですね❤

     

紅茶をいれて、ソーサーに添えてお出しして、

ロックキャンディで、紅茶をくるくるかき混ぜると、

あま~くなります。

それをやってみたいような、

でももったいなくて、しばらく飾っておきたいような~

Photo_2

取り出す前は、こんな状態↑

といっても、写真ではうまく写らないので、

実際、観察しているときのワクワク感は、なかなか体験しないとわからないのかも。

ちなみに、もし、ご参加をご検討いただいている方は、

この画像をお子さんに見せないほうがいいかもー。

実験結果がわかってしまうと、楽しみがなくなってしまいますから。

ここは、内緒ということで☆

     

ご参加してくださったみんなは上手にできたかな~?

ということで、連絡してみると・・・

    ***

 A ちゃんのお母様より

きれいにロックキャンディができました。

写真を撮る間もなく、子供たちがスティックキャンディーのように食べてしまい、画像が送れないのが残念です。

子供たちは美味しくて満足していました。

2週間育ててたべる・・・お野菜のようで楽しいですね♪

次は色を変えて愉しみたいと思います。

いつも楽しい時間をありがとうございます。

 N ちゃんのお母様より

妹も喜んで観察し、砂糖の結晶を取りだし、

紅茶に溶かして飲みました。

いろいろな色でやりたくなりますね~!

   ***

というお返事をいただきました。

 みんな楽しんでくれて、よかった~~

     

次回のレッスンは、

7月12日(日)13:00-15:45

 

木村自宅にて(JR奈良駅、近鉄新大宮駅から徒歩圏内。コインP多数あり)

開催します

これからご案内を作成しますが、お申し込みは今から受付いたします。

●お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    → 
コチラをクリック

本来「学び」とは、与えられるものをこなす勉強ではなく、

もっと好奇心と探究心に満ちたものだと思っています。

子供たちに、学ぶことの楽しさを伝えたい!という想いで、活動しています。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP
 www.manyoria.com 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私たちが家族になった記念日

週末は、結婚記念日のお祝いDAYでした。

ランチは、おうちで、新婚旅行のときに食べた、

二人が忘れられないほど美味しかった、フレッシュトマトのスープを再現!

Dsc_1091

オランダのカフェレストランで、何気なく頼んだ一品。


でも、その後に行った三ツ星レストランの味より、ずっとずっと心に残る美味しさでした。

ハッとするほどの、濃くてさわやかな酸味のトマトの美味しさ!

前田農園さんのトマトをふんだんに使って、贅沢に作りました。

       
      

夕方には、行ってみたかった、クラフトビールのお店

大阪 天王寺のLezzetへ。

Photo_3

このお店は初めてですが、

昔、地ビールやベルギービールに凝った時期があって、それも思い出で。

どのタイプ、どの銘柄のビールにしようか迷うのも楽しい!

Photo_5

そして美味しかった。

おつまみに頼んだ、薫製ナッツと薫製うずらの卵にはまる!!

この二つは、自宅で再現することに決定。止まらなかったわー。

Photo_6

      

この後は、難波の福龍で、担々麺!

Photo_7

10年以上前、このお店ができた当時、通い詰めた思い出が

通い過ぎて、顔をおぼえられて、

カウンターに座ったら、いきなり生ビールがサービスででてきたほど。

料理長の尹東福さんがお店で作られていたときの

あの忘れられない味は食べられなくなり(感激のおいしさだったな)

お弟子さんが作られていますが、

それでもやっぱり汁まで飲み干す美味しさです。

      

昔を満喫した一日でした。

結婚記念日は、

「私たちが家族になった日」。

子供たちに、パパとママが結婚したから、今の家族があるんだよ

という話ができるような過ごし方ができたらいいな。

そう思っています。

来年は、家族でこの記念日にどこにいこうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン作りを通して、成長!

朝から作ったおひさまパンとかえるパンを、じーじとばーばに渡しに行って、
帰ってきた娘が、

夜はピザもこねて、のばしてくれました!!

Photo_14

Photo_12

パン作りスイッチが、入りっぱなし〜。

パン作りの作業そのものが楽しいというのもあるみたいですが、

それよりも 『喜んでくれる人がいるから』作りたい💓

私にはそう見えました。



         

しかも、翌日。

幼稚園が休みで、お友達のおうちで、プチparty。

娘が16人全員分ものかえるパンを作りました。

Photo_16

料理を通して、ココロの成長が見えた瞬間✨

うれしいよぉ😂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父の日のプレゼントパン

子供たちからパパへ

手作りパンのプレゼント!

私は計量しただけ。

その後は、作業工程を、口頭で伝えただけです。

 

あとは、全く手を貸さず、一人一人が作りあげました。

●娘(園児)作

おひさまパン

Photo_8

●娘&息子(小学生)作

かえるパン

Photo_9
  ぶさかわいい!?のが何とも言えない愛くるしさ

今、お友達 深田美香さんの

親子パン教室 に通っています。

絵本の中のパンを教えるパン教室です ⇒コチラ

親子教室ですが、

子供たちの「やりたい!」気持ちを尊重して、

私は見守りに徹しています。

もうちょっと、成形をきれいに・・・なんて、手を出したくなることもありますが、ぐっと我慢。

子供たちは、おすまししたきれいなパンを作りたいのではなく、

世界でたったひとつの自分のパンを作りたいのですから。

Photo_10

    

初めておうちでつくったのに、

子供たちの中には、しっかりと作り方が残っていて、

どんどんできちゃうのには、びっくり、というか感動❤涙 

Photo_11

すごい!すごい!と思わず娘を抱きしめてしまったほどです。

とくに、園児の娘が、こね方や丸め方のコツまで、
先生の手つきっぽくしていたのには、私も驚きました。

すごいぞ!園児の可能性!

ここまでできるんだな~と、私の視野がまた広がりました。 

朝からオーブンが動きっぱなし。

いい香りが漂う我が家で、

パパはうれしくパンを焼けるのを待っていました。

焼きたては、めちゃくちゃおいしい☆☆

        ♪

たくさん作って、じ~じとば~ばにも、持っていく!ということで、

「しあわせのパン」を子供たちが運んでいきました~❤

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅白うどん

今日は我が家では、お祝いの日☆

朝は、紅白のうどんで、おめでたいムードを。

Photo

色つきの麺って、それだけで盛り付けて絵になるから、好きです。
「和」に盛り付ける予定が、

どうしても野菜が摂りたくて、サラダうどんに。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

田植えで私が感じたこと

料理の仕事にずっと携わっていて、子供を産んでから、あるときハッとしたことがあります。

子供に食べものの大切さを教えたいと思って、

奈良の農家のご協力のもと、田んぼを一反借りました。

田植え&稲刈りのイベントを始めて、今年で五年目。

共感してくれるお友達と一緒に、毎年親子60名ほどで、大人も子供も泥んこになってたのしんでいます。

Img_5610


子供にこんな体験させてあげたいと思って始めたのですが、

「今まで、何も知らなかったんだな」ということに、ハッと気づいたのです。



美味しい料理がどうやったら作れるようになるんだろうということを教えるのが私の仕事。

食材をお店で選んで買ってくるところからが、私のやることの始まり。
この品種が美味しいとか。

でも、お米がこんな風に大きくなって、その生長に合わせて、こんなタイミングで水を抜いたり入れたりしてとか、

昔の人だったら、生活の中で当然知っていたであろうことを、

全く知らずに大人になった自分に気づきました。

Img_5621


料理のはじまりは、1つの種からなんですよね。

料理の現場は、厨房。ずっとそう思ってきましたが、

現場は畑でもあり、そこが原点だなと感じるようになりました。

そして、農家の方の、「自然との共生」「自然の声を聞きながら」という作物への考え方を聞きながら、

自分が都会の生活の中で、自然へのアンテナを、ポキッと折ってしまったことに、気づかずにあくせく過ごしていたことにも。

自然に生かされている のにもかかわらず、

知らず知らずのうちに、傲慢になり、便利さに流され、生きてきた自分を客観視しました。

田んぼの泥んこに足を入れて、ぬ~っと入っていく感覚。

そして、みんなと心を合わせながらも、無心で、苗を泥に埋めていく。

背中に太陽が照りつけて、あったかい。


大地のパワーを、全身で感じた瞬間でした。

      


それは、私だけではなく、お友達もご主人たちも、どこか同じことを感じていて、

田んぼの作業、農家さんのお話しから、自分の生き方を考えさせられました。

また、萩原農園の萩原さんの農への想いのお話しが、その後も生活の中で何度も思い出され、今の自分を考えさせられる、素晴らしいものなのです。

Img_56411

そうなのです。

子供のために始めたのに、

親の私達が感動し、自然とのふれあいに癒され、仲間との一体感を感じる

この魅力にとりつかれてしまっています。



もちろん、

子供たちは、自然の中の体験を、思う存分楽しみながらも、

作り手側を経験することで、食べ物に対する意識が大きく変化しています。


また今年田んぼに入ると、自分の中でブレていた何かがすっと整う感覚があるんだろうな。

もし、ご興味ある方がいらっしゃったら、ぜひご一緒しましょう。

   ⇒ご案内はコチラをクリックしてご覧ください

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

                      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大人のサイエンス・クッキング【驚き!生クリームを使いこなすコツ】募集開始

大人のための 
サイエンス・
クッキング

料理本の通りに作ったのに、おいしくできないのはなぜ?

どうして、こういう作り方をするの?

【その理由と根拠を知れば、あなたの料理はもっとおいしくなります

Cookingsciencesubtitle02

今回のテーマは、

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

生クリームを、賢く使いこなそう!

  ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Photo

まず、「植物性クリーム」って、体にいいと思い込んでいませんか?

イメージ戦略に引っかからないで!!

牛の乳から作られたクリームとは、かけ離れた製造法に、仰天!

      

次に、今までおいしく作れなかった料理やお菓子って、

植物性クリームを買ってしまったから??


      

比較実験で、生クリームを<大解剖>

Photo_2

 

生クリームの選び方、調理のコツに、

「なるほど~」の後は、

簡単!だけど、おしゃれなランチを作りましょう!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

メニュー

●前菜~魚介のガーリックマリネ

●鶏のクリーム煮

●生クリーム5種の泡立て比べ

  ⇒自家製のシフォンケーキにつけていただきます。

●手作りバター


●バゲット

●ノンアルコールのスパークリングワインで乾杯

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

さて、どんな感じかといいますと・・・

以前のレッスンの様子です。

    ↓   ↓


スーパーに陳列されている、

何種類もの生クリーム。

「その違い、わかりますか?」

Photo

12

何種類もの生クリームを、泡立て実験します

Photo_4



加熱実験から見えてくることもあります。

「なぜ、そうなるのか」

その理由が、おもしろい!

Photo_13

みんなでお料理するのは、大好き



生クリームを使った 「鶏のクリーム煮」 

おうちではなかなか作らないでしょうか?

実は、すごく簡単にできちゃうんです。


     


この料理は、生クリームの種類とその特性を知らなければ、

本当においしくできません。



ご受講いただいたみなさんは、もうそれがわかっている


先にご紹介した実験、説明に、そのこたえがあるのです。

Photo_6


おいしい料理のレシピを習うだけではないのが、この教室の特徴。

どうやって作ったらおいしくなるか、

そのポイントがわかれば、


おうちで作ったときにも、絶対うまくできます☆

Photo_7

「なるほど、だから、こうするのね

Photo_9

Photo_11

              ↑ おいしそう~、このシズル感~
おまけの一品は、

5分でできる 前菜 です。

Photo_14



食卓に、お料理がずら~っと並びました!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

10

11



生クリームの種類違い、メーカー違いの食べ比べ

「こんなに違うなんて~」

「○○のメーカーのはミルキー感がすごくおいしい」

「わたしも~、次からは絶対これしか買いたくない」

「でも、△△のメーカーも好き~」

⇒使い分けの提案もします

 ケーキのデコレーションをするときも、

 今後は、〇〇社の生クリームと指名買いになるでしょうね~。

 そして、今日は□□のケーキを作るから、この生クリームが合うだろうな~、とかね。

     

これはとにかく盛り上がりました!

身を乗り出して、次々と試食~

なかなかこういう機会って、ないですからね☆

     

「今まで買っていた○○って、比べたらこんな味だったの~

これを生クリームの味だと思っていた~」

「値段だけでは、わからないね~」

   というご感想も


一同、うんうん!そうだよね!

12_2

13


和やかでわきあいあいとして、

私もすっごく楽しかったです♪

みなさんのおかげで、いい時間を過ごすことができました。


     


知らなかったことが「あっ、そうだったんだ!」とわかるって、

大人も、すごーくワクワクしますよね。

好奇心・探究心がくすぐられると思います~


     


‥…─*・‥…─*・‥…─*

●日程

6月30日(火)10:00~12:45




●開催場所

スペースマイン・「四季の家」

奈良県大和郡山市田中町834-1
tel 0743-58-2801

地図 http://spacemine.co.jp/showroom/shiki.html

大和郡山のアピタにご駐車いただき、徒歩3分。


●講習費

4000円


●定員

8名

●お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。


    → コチラをクリック

  ♪     ♪   

※グループでのご受講も受け付けております。
(6名以上)
 ご都合のよい日程で調整いたします。

 可能な場合、出張もいたします。

※園や学校での、講演会やイベントもしております。

==============

講師プロフィール

木村万紀子

・「ビジコン奈良2014」(奈良県主催)にて、
 “キッズ・サイエンス・クッキング”で優秀賞受賞

・著書『西洋料理のコツ』(学研)、
    『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

・調理師 免許

・キッズキッチン協会 公認インストラクター

・調理師、家庭科中高教諭一種 免許

   ☆    ☆

「料理は科学でもっとおいしくなる!」を掲げて

料理の愉しさを伝えていくことをライフワークにしています。


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング「砂糖のふしぎ!?」6/21追加日程

キッズ・サイエンス・クッキング

□■━━━━━━━━━━━━
■ 
砂糖の化学変化で
  お菓子ができる不思議!?

  ━━━━━━━━━━━━━

10
    

  ↓    ↓    ↓
  

11 

(詳しい内容のご案内は⇒コチラをクリック してご参照ください)

追加日程が決定しました。(場所も変わります)

     ご案内    

 日時

6月21日(日)

13:00~15:45

開催場所


奈良市の木村自宅


アクセス:JR奈良駅、近鉄新大宮駅より徒歩

(お申込みいただいた際にご連絡いたします)

近隣にコインP(一日最大600~700円が7か所あります)

講習費

4000円


定員

8名

●お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

    → コチラをクリック

  ♪     ♪   

※グループでのご受講も受け付けております。
(6名以上)
 ご都合のよい日程で調整いたします。

 可能な場合、出張もいたします。

※園や学校での、講演会やイベントもしております。

==============

講師プロフィール

木村万紀子

・「ビジコン奈良2014」(奈良県主催)にて、
 “キッズ・サイエンス・クッキング”で優秀賞受賞

・著書『西洋料理のコツ』(学研)、
    『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

・調理師 免許

・キッズキッチン協会 公認インストラクター

・調理師、家庭科中高教諭一種 免許

   ☆    ☆

「料理は科学でもっとおいしくなる!」を掲げて

料理の愉しさを伝えていくことをライフワークにしています。



子供たちと、ワクワク、ドキドキの時間を愉しみたいです!

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「砂糖のふしぎ!?」盛り上がりました~キッズ・サイエンス・クッキング

小学生対象の

科学実験×お菓子作りのレッスン

キッズ・サイエンス・クッキング

□■━━━━━━━━━━━━
■ 
砂糖の化学変化で
  お菓子ができる不思議!?

  ━━━━━━━━━━━━━

6/6(土)も、たくさんのお子さんがご参加くださって、

会場は熱気とあま~い美味しい香りでムンムンでした。

   (→詳しい内容については、コチラ をご覧ください。)

キッズ・サイエンス・クッキングは、男の子の参加も多いのですが、

この日は、珍しく、女の子ばかり。

みんなが食い入るように見つめる表情。

Photo

ピペットの使い方のレクチャーをしているところです。

そして、みんなにもやってもらいました。
Photo_2



みんなが覗き込んでいる鍋では、

砂糖が100℃以上になると、どんな変化をするのかの実験。

目の前で砂糖がどんどん姿を変えていく様子に、

目が離せません!

Photo_3



実験の結果を、ワークに書き書き。

みんなよく観察してるね~と、感心しちゃいました。

Photo_4

実験でわかったことをもとにして、

プラリーヌを作り。

あたりに、キャラメルのよい香りが漂います~

Photo_6




こちらは、カスタード プディングを作っているところ。

電子温度計を今日は何度も使っているので、

みんな手つきが慣れてきたね。

Photo_7



砂糖の結晶を、好きな色で作ってみよう!

これは、キットを各自作って、おうちに持ち帰ってもらい、

実験開始!

2週間、結晶が大きくなるのをワクワクしながら観察してもらいます。

Photo_8

   結晶って、きれいだね~☆


ふたりで何やら楽しそう♬

Photo_10


いただきま~す。

Photo_9

  ・かわいいべっこうあめ

  ・カスタード プディング

  ・2色のプラリーヌ(アーモンドの糖衣がけ)

         


初めてご参加してくださったお母さまから、後ほどご感想をいただきました。

1人で参加するので心配していましたが、

家に帰ったら、

「楽しかった!自分で作ったプリンが美味しかった。また家で作ろうよ。

昨日だけでなく、家に持って帰って、また2週間観察できるのがいいね!」

と話していました。

T様、本当にありがとうございました。

こういうご感想をいただけると、とてもうれしくて、

めちゃくちゃ励みになります。

 

         

見守るお母様、お父様たちも、

実験を覗き込んで、変化を楽しんでくれる場面もあって、

みなさんとワクワクできたことが、

私はすごくうれしかったです。




次回は、6月21日(日)13:00~15:45 木村自宅にて

また、改めて、募集の投稿いたします☆

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「砂糖のふしぎ!?」ご参加者の方のうれしいご報告

6月6日のキッズ・サイエンス・クッキングにご参加くださった

Sさんが、フェイスブックにご投稿くださった記事を、

ご許可を得て、シェアさせていただきます☆☆

お子さんのご感想を聞けるのが、何よりうれしい!!

Sさんは、写真がお上手で、べっこうあめが、かわいく登場してる~

お子さんの表情もかわいいですね。

   

木村 万紀子さんの、キッズサイエンスクッキングへいってきました。

テーマは、砂糖の化学変化でお菓子ができる不思議。

長女は今回もニコニコしながら学んでいました。

Photo_11

Photo_13

感想をきいてみたら

「楽しかった〜。おもしろかった〜。

プリン取り出すときが一番ドキドキした〜。

美味しかった〜。同じ材料なのにすごいな〜。」と言っていました。

Photo_14


私も次女も、大好きなおやつをわけていただき、幸せ(笑)

Photo_16


Photo_12

結晶(青いグラス)、先生のみたくうまく出来るかしら…。

結晶が出来るまでの2週間、結晶好きの私の方が、娘より楽しみにしているかもしれません(笑)

Photo_15

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末就園児対象・キッズ クッキング・6/18に開催します!

末就園児さん対象(2歳3ヶ月~幼稚園(2年保育)入園前)

キッズ・クッキング

お母さんは一切手伝いません、見守るのみ。

子供たちだけで、料理をする、食育の料理教室。

●6月のテーマ

乾物ってなあに?


●子供たちが作る献立

・ひじきご飯

・卵豆腐のお吸い物

・高野豆腐の卵とじ

・牛乳かん

         

このレッスンの話をすると、

「幼稚園に行く前の子供たちが、こんなことできるの?」

とよく聞かれますが、

「できます!」

親と子の一対一で、おうちでお手伝いでは、

二時間半も調理に集中することは、

まだできない年齢です。

子供たちが一緒になってやるからこそ ですね。

集団の中で、刺激し合って、起こるやる気

これには、目をみはります。

「うちの子、こんなことまでできたんだぁ~

とママが感激しているときは、

子供は、「できた!」という喜びで、満足気な表情。

幼少期に、多くの達成感を得る ということを、

この教室では大切に考えています。

(キッズ・クッキングのねらいについては→コチラ

では、今回は、内容を詳しくご紹介しますね。

             

今月の目的

 

 乾物いろいろ、感触いろいろ

 

 かたくて、パリパリしているね~

      ↓ 水につけると、どうなる?

 わぁ ふくらんだ やわらかくなった

 

 これを体験してもらいましょう~

 

               

卵豆腐とわかめのお吸い物

昆布とかつおで『だし』をとりましょう

Photo_2

Photo

これが、わかめなの??

ママ、見てみて~♫

Photo_3

水につけると・・・

 おおきくなった~

   やわらか~い  

 さわったときのこの感じが、「ぬるっ」というんだよ

Photo_4

ひじきご飯

ひじきは、わかめと比べて、どんな手触り?

Photo_5
 

 水に入れてみよう!

Photo_6

おいしく味つけして煮ていきます。


Photo_8

おいしいひじきご飯のできあがり~

Photo_10

牛乳かん

Photo_11

Photo_12


↑かたいままの寒天をちぎっています。

  指先に力を入れた細かい作業が、
    この年齢にはいいんですよね~

 

  パリッ バリッ っていう音がするね

Photo_13

         水を注ぐと・・・

Photo_14


        どんな風に変わった?

Photo_15

みかんをカップに3個の数を数えながら、入れようね。

味見もどうぞ~

Photo_16


Photo_17
   

高野豆腐の煮物

今日、一番みんなに体験して欲しかった

  高野豆腐の変化

豆腐は、離乳食から慣れ親しんだ食べ物だけれど、

 これ、な~んだ?

・・・・・・(う~ん)

Photo_18

よしっ!みんなで、においをかいでみようよ!

Photo_19

つみき???

これも、わかめみたいに、

 水につけてみようか?

Photo_21

Photo_20

手ではさんで水をぎゅ~っと絞りますよ

Photo_22


   これが、子供は大好きです。

   しかも、2歳だって、上手にできるんですから、すごい!

Photo_23


はさみで高野豆腐を切ります。

みつばや青ねぎを切るのとは違って、

分厚くて、ふかふかしていて、力が必要。

2歳になり立てのお子さんには、

ハードルが高い作業です。

2歳半になれば出来ることが多いので、

この半年の成長はめざましいってこと。

Photo_24


2歳になったばかりのお友達には、

 

こんなアイテムも!

 

 

これだって、切るには、体重をかけて力が必要。

 

 

↑ 上手にコツをつかんで、どんどん切っていきます。

 

   一刀目は、手ががくっとなっていたけれど、

 

   何度かやると、

 

   スイスイと切れる。

 

   このときの 「おもしろくなってきたぞ~!」

   といわんばかりの、集中したお顔。

 

            いいわぁ~

 

もっと切りたいよ~

 

 

と必ずなります(笑)

 

Photo_25


必ず、それを見た他のお友達が、

 

「ぼくもやりたい!」

 

ってことになって、連鎖していきます。

 

 

     かわいいなぁ

他の子がやっているのに刺激されて、やる気になる!

これもまた、大事!

どうぞ、どうぞ、いっぱい切ってみてくださいね~

Photo_28


絹さやの筋は上手にとってるんだけど、

 

   なんで食べているの???

Photo_29


5月の料理教室では、豆ご飯を作りました。

 

そのときに、えんどう豆は、さやから取り出すことを

 

みんなは覚えているから、

 

 

絹さやを渡すと、

 

子供たちはたいてい、豆を取り出そうとします。

 

 

       それでいいのです

 

 

だから、あえて、今日は絹さやをメニューにいれているのです。

同じえんどうでも、

  さやから取り出すもの

  さやごと食べるもの

があるんだよ

今日は、それを覚えようね

Photo_26


Photo_27


Photo_30



Photo_31

                

 

完成!

Photo_32


Photo_33

わたしが作った料理、ママにも食べて欲しい

みんなで、いただきま~~す☆

Photo_34


Photo_35

5月のキッズ・クッキングでは、

2歳のさ~ちゃんが、しきりにママに、

「さ~ちゃんが作ったからおいしかったね~♡」

と食べながら、うれしそうにお話ししていました。



お母さまから、その晩いただいたメールには、

「子供から可能性の大きさを感じる一日でした。

子育てのたのしみを教えていただけた気がしました。」と。


そして、さ~ちゃんは、普段は好んで食べない野菜も、

この日は食べれたからかな、

「晩ごはんのお野菜も自信を持って食べていたように思いました。」

とお母さまが教えてくれました。

こういったご感想をお聞きできることは、私もとても励みになります。

        ご案内 

日時

6月18日(木)

10時集合~13時半頃終了

開催場所


奈良市の木村自宅

アクセス:JR奈良駅、近鉄新大宮駅より、子供の徒歩圏内

(お申込みいただいた際にご連絡いたします)


講習費


3500円

(お母さまもお子さんが作ったお料理を一緒に召し上がっていただきます。)


定員


6名
(3名以上で実施します)

□■━━━━━━━━━━━━━━
■  タイムスケジュール・持ち物
━━━━━━━━━━━━━━━━


10:00  受付・準備

10:10   料理スタート

12:30-45 いただきます

13:20   はみがきタイム

13:30   終了


●持ち物

エプロン(貸出あり・申し込み時にご連絡ください)

三角巾(バンダナでOK)

てふきタオル

おしぼり

使い慣れた箸・スプーン・フォーク

はぶらし



□■━━━━━━━━━━━━━━━━
■  器具・食材について、キャンセル規定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●使用器具について
調理器具は、こどもの食育用に開発された器具を用います。
熱源はIHヒーターを使用します。
安全に料理できるように指導いたします。

●食材について
産地を選んで購入しております。
講師一人のため、アレルギーをお持ちの方の対応は、細かいところまでできないのが現状です。
メニューでご確認したい食材がある場合は、お問い合わせください。

●キャンセルについて
お子さんですから、急な発熱などの体調不良もあると思います。
うちも小さい子供がいるので、よくわかります。
しかしながら、教室を運営していく上で、
キャンセル規定を作らせていただいておりますので、
以下、ご了承いただけますようお願いいたします。
     * *
キャンセルの場合は2日前の20時までにお願いします。

以降は、材料の関係で、やむを得ず半額ご負担いただきます。

代金をお振り込みいただいた後に、レシピを郵送し、フォローいたします。



●講師プロフィール

HPでご覧ください。 →
コチラ 



□■━━━━━━━━━━━━━━━━
■  未就園児クラスで大切にしていること
━━━━━━━━━━━━━━━━━━



幼稚園に入る準備の一年です。


幼稚園以上のクラスとは違い、

以下のことを意識して指導します。

   *…*…*…*
社会性を身につけ、集団生活に慣れることが求められます。


・友達や先生とのコミュニケーションをはかる。


・先生の話を聞く。


・決まりを守る。

・あいさつする。



・順番を守り、譲り合う気持ち。
    ☆

食べ物の名前、数、色、大きさ、時間について、


味を表現する言葉などを、


強調して伝え、


みんなで声に出して言います。

  
    ☆

歯磨き、トイレ、身支度などがひとりでできるようになる


ような声がけをします。


こういう場では、はりきる子どもちゃんたちがカワイイ。


。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。━♪━。:*━♪━*:。


Photo_6 



□■━━━━━━━━━━
  お申し込み方法
━━━━━━━━━━━━

のお問い合わせフォームより、

ご連絡ください。

   → コチラをクリック



①お母さまのお名前
②お子さまのお名前

③お子さまの年齢 ○歳○ヶ月

④ご連絡先
●フェイスブックをご利用の方
友達申請(木村万紀子で登録しています)と同時に、
メッセージで受講希望の旨お伝えください。
♡初めてお越しいただく方には、
事前に電話でお話しさせていただくこともできます。

お子さんのご様子や、不安なこと、好き嫌いなどを、把握したうえで、

レッスンにのぞみたいと考えているからです。

また、直接お話ししたほうが、

初めての場所でも不安なくお越しいただけるかなと思っております。
。o○★○o。。o○★○o。。o○★○o。。o○★○o。


お子さんたちの

「やりたい!」「やらせて~」 の声

できたときの満面の笑み!


こうして子どもたちは、

達成感を得て、自信をつけて、


大きくなっていくんだな~♡と思います。


かわいい子どもたちとの出会いを、

たのしみにしています☆♬

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP 
www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »