« ブルーチーズはお好き? | トップページ | くるみの木~奈良 »

「私のお弁当&お母さんへの感謝弁当」で感じた子供の気持ち

4/29に開催した
キッズ・クッキング

【私のお弁当&お母さんへの感謝弁当】

今回もいろんな場面で、感動したなぁ


       

待ち合わせのスーパー前で

お母さんとバイバイしてから、

私と8名の子供達(年中〜小3)と、

どんなお弁当を作る?

という『作戦会議』

Photo

・彩りを考え

・旬を考え

子供たちに、食材をあげてもらって、

その場でお弁当の中身をいちから決めます。

       

そして、お買い物に出発!!

それぞれに、割り当てた食材を

売り場で探して、何個か数えて、

カゴに入れます。

Photo_2

Photo_3

子供用のカゴを持って、
みんなルンルンでお買い物。

Photo_4

 ♪  ♪  ♪

そして、料理をするため、
みんなで別会場に移動します。

包丁でキュウリを切り、あえものに。

アスパラの筋をピーラーでむき、

Photo_5

はさみでパプリカを切り、炒めます。

Papurika

Photo_6

卵を割って一人ずつ炒り卵を作り、

Photo_7

Photo_8

鮭1切れを骨を取りながらほぐして、

子供たちは楽しんで

どんどん取り組んでいますよ。

Photo_10

お腹すいたといって、

つまみ食いしすぎて、

ん~(汗)たりるかな??

Photo_11

  ☆  ☆  ☆

この時間、お母さんたちは、

そわそわしながら

待ってるのかなぁ

いつものキッズ・クッキングは、

側でお母さんがその姿を見て、

我が子がこんなことできたの!?

と目を丸くしながら、

成長を喜びますが、

ちょっとドキドキしながら、

我が子を待つ親の気持ち、

自分に置き換えたら、じーんとします

  ☆  ☆  ☆    ︎  

出来上がったお弁当を持って、

待ち合わせの大きい広場に!

お母さんとの待ち合わせ場所まで、

みんな走る!走る!

そして、お母さんのお弁当

はい、どうぞー♡

これは、ぼく&私の分。

Photo_12

「すごいねー、これどうやって作ったの?」

「すごく美味しい!」

Photo_9

お世辞ではなく、

私もしみじみ美味しいなぁと思いました。

       

 

子供が自分でまた作れるように、

実は、調味料は塩だけにしました。

塩だけで、こんなに美味しい!

それは、
作戦会議で、
「アスパラを炒めよう」

ということになったら、

1人の子が、

「うちのお母さんは、いつもベーコンと炒めてくれて、あれが美味しい」

とか、

「炒り卵を作ろう」となったら

「チーズを入れよう。そうしたら、美味しいんだ」

とか、プラスαの、旨みの出る食材を

子供達が提案したからなんです。

どれも、普段、その子のお母さんが作ってるもの。

それが、パッと頭に浮かぶんですよ。

それを 「うちは、こう作ってる!」

って、その子が得意げに語るんです。

あのシーン、お母さんが見たら、

感激するんじゃないかな。

見せてあげたい〜

  ❤   ❤

お弁当クッキングをしていてわかることは、

子供達は、

うちのお弁当の味を

舌に刻んでいますよ
  ということ。

何を入れる?と聞いたときに、

お母さんがいつもこういう料理を作って、

お弁当に入れてるんだろうなと、

お子さんの向こうに、

手作りをされたお母さんの姿が見えます

お母さんが手作りしてくれている料理を、

作ろう!と提案してくるんですよ

《伝わってるんだなー》

と、感激しますよ。

お弁当はすごい!!

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« ブルーチーズはお好き? | トップページ | くるみの木~奈良 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私のお弁当&お母さんへの感謝弁当」で感じた子供の気持ち:

« ブルーチーズはお好き? | トップページ | くるみの木~奈良 »