« 感謝弁当作りが、感動を生む | トップページ | ハンバーグの比較実験 »

米作りの会2015~田植え&稲刈りイベント:募集開始

「田植え&稲刈り」イベントのご案内

6月に田植え、10月に稲刈りを、ご一緒に楽しみ、

ご自身で作った無農薬のお米を食べてみませんか。

 

帯解の農園で、
田んぼ一反(いったん)を借ります。

一反からは、300キロ近くのお米が収穫できます。

約20組のご家族を募集しています。

Photo

  Photo_4

Photo_3

 

Photo_4

場所 

奈良 高井病院から徒歩5分の田んぼ

   (JR帯解駅(奈良から2駅)から徒歩13分)

    (お車の駐車スペースはあります)

Photo

田植えの日時 

2015.6/27(土) 10時より12時半くらいまで

  (小雨決行)

  雨天の場合は、 6/28(日)に実施

稲刈りの時期 10月下旬~11月初旬

米の生育度合いを見ながら、
1ヶ月以上前には告知いたします。

土曜日、日曜日で設定。

子供たちも、かまで刈ります

(小さいお子さんは、はさみで)

*田植えのみの参加でも構いません。

参加費 

一家族9000円

+レクレーション保険 1名50円

田んぼ一反で、約20組強の家族で、田植え・稲狩りをし、

できた米は等分します。

例年、玄米で12キロ近くです。

自然のことですから、

植え方、稲の病気、天候に左右されます

収穫量は必ずではありませんので、ご了承ください。

また、こちらがお願いすることにより、農家の方には、通常の農作業以上の手間となります。

(機械でやればすぐに終わることですが、手植え、かまで刈る体験のご指導をお願いしています。また、小さい子供が田植えをすると、稲がきちんと土に立ってないものもでてきます。そのままでは枯れてしまうので、田植えの後、それをチェックしてもらうなど・・・・・。)

参加費はの2/3は米代で、残りは農家の方への謝礼とお考えください

品種 ひのひかり

(奈良の土地に合い、多く栽培されている品種です。)

農薬は使用しません。

 除草剤のみ一回使用。

 こちらの除草剤は、土の表面に膜を張って、
 害虫の侵入を抑えるタイプです。

稲刈りをした米は、脱穀・籾摺り(もみすり)・精米を経て、

2週間後にお渡し予定です。

農園に受け取りに来られてもよいですし、

宅急便でお送りすることも可能です。

稲が生育している様子をご覧になりたい方は、いつ農園に見にいっていただいても構いません。

生育の様子は、こちらのブログでもアップしていきます。

この取り組みは5年目です、過去のブログでご紹介しています。

2011年田植え →コチラ

         →コチラ

2011年稲刈り →コチラ  

2012年田植え →コチラ

         →コチラ

2012年稲刈り →コチラ

2013年田植え →コチラ & コチラ

     稲刈り →コチラ

2014年田植え →コチラ

     稲刈り →コチラ & コチラ

           

私が、田植えと稲刈りの取り組みを始めたのは、

我が子にこの体験を通して、何かを感じとって欲しかったから。

ご参加くださった、親御さんたちも、同じ気持ちだったと思います。

もちろん、子供たちは、

自然いっぱいの中で、太陽を背中に受けて、

どろんこになって、すごくいい体験

田んぼの隣の小川には、ザリガニや小さい魚もいたり、

田んぼの中には、カブトガニがいたり、

それを夢中になって、とるお友達も。

子供ばかりではありません。

泥にぬめ~っと足が沈んでいく感じ、

土のにおい、

風、水の音。鳥の声。

あぁ、とにかく癒されましたね

そして、大地のエネルギーを、心と体で受け止めた感じ。

忙しい日常の中で、

自然と対話することを忘れかけていたんじゃないかって、気持ちになりました。

農家の方との交流でも、多くの刺激を受け、考えさせられます。

料理は、食材の現場から始まっている!と強く感じました。

「本物を口にしたい、日本の食を守りたい。」

生産者と私たちが、その想いでつながったとき、

今後の食のあり方を、変えていけると思います。

       

子供には、お米を育てるところから、食卓にのぼるまでを一貫して体験させてあげたいと思います。

ぜひご一緒に、子供も大人も存分に楽しみましょう。

 Photo_5

Photo_6

Photo_7   

112

●お申込み方法

HP 
http://manyoria.com/inquiry/

のお問い合わせページより、ご連絡ください。



                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« 感謝弁当作りが、感動を生む | トップページ | ハンバーグの比較実験 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米作りの会2015~田植え&稲刈りイベント:募集開始:

« 感謝弁当作りが、感動を生む | トップページ | ハンバーグの比較実験 »