« ママの留守中にサプライズ | トップページ | 私も!魚さばく~ »

食育について想う

人はつい他人と比べてしまう。

とかく子育てに関しては、そうだと思いませんか。


     

でも、最終的に、

わが子が成人したときに

「お母さん、僕・私を産んでくれて、
温かな愛で育ててくれてありがとう。

お母さんが、私のお母さんでよかったよ。」

といってもらえることが、親として何よりの喜びなのかなと思って

私はそんな未来を思い浮かべながら、
育児、真っ只中の
毎日を過ごしています。

Photo_43

  ♡  ♡

親―子 の絆。

私は、毎日の「食」は、

親の愛を運ぶものだと思っています。

子供の人生の中で、

親が食事の世話をしてやれるのって、

大学で親元を離れると、

もしかすると18年しかないかもしれないのですよね。

そう考えると、小学校3年生で、

すでにもう折り返し地点かもしれないのです。

Abouttopimg

子供が、思春期になって、

私と言葉を交わすことが少なくなることがこれからあっても、

朝ご飯・お弁当・晩ご飯と、

私は言葉にして伝えるには

照れくさいくらいの 
我が子への愛 を、

そこに込めることができる。

その想いに、子供が気づくのはいつか。

そのときに、お弁当を食べながら、心の中でひそかに思ってくれているか、

自分が親になって、初めて気づくかな。

      

何も食に限ったことではありません。

洋服のほつれを直してくれたこと、

毎日、当たり前にたたまれている洗濯物のこと、

朝起きて、いつものように学校に行けること自体、

あげていけば、きりがありません。

「感謝」の心をあらゆるところに感じられる人に育てる

ということで、

親として、愛を持ってしてあげられることは、

きっとたくさんありますよね。

   ☆  ☆

明日は、京都の新阪急ホテルで開催される

食育の講演会で

お話しすることになっています。

こんなことを日々考えながら、子育てし、

食育を仕事としても伝えていることを、

講演会のご参加者と、心を通わせながら、

話し進めていけたらいいなと思います。

        

家族がまだ寝静まっている朝、

一人で、じっとそれを考えているだけで、

想いがあふれて涙が出てきそうになる、私です。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« ママの留守中にサプライズ | トップページ | 私も!魚さばく~ »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食育について想う:

« ママの留守中にサプライズ | トップページ | 私も!魚さばく~ »