« 我が家のバレンタインデー | トップページ | 科学×お菓子の化学反応は?~サイエンス・クッキング »

割烹 きた田~奈良

【割烹きた田で】

主人の母の古希のお祝いで、

平日のお昼に、ふたりでランチしました。

お料理好きの主人の母は、

毎日きちんとだしをとって、
美味しいお料理を作られる方で、

主人と知り合ったときに、

こんなにしっかりとお料理されるお母さんだったら、

きちんとしたものを食べて育ってきたんだろうなという

主人の『食歴』と温かな家庭が見え、
とても安心しました。

家でお料理はするのに、
食べ歩きは自ら誘って行くような人でないので、

久しぶりに、彩り美しく、美味しいお料理に、感激していました。

1_2

きた田さんは、八寸が魅力。

この日も手の込んだ仕事がなされた一品一品を、すごいねぇといいながらいただきました。

ちょうど名残の冬の食材と、
走りの春の食材をいただくことができ、

まだ寒い中でしたが、心は春の陽気のように気分が明るくなるようでした。

3_2

2_2

お造りのひっさげと鯛は、
主人の母が、こんなにおいしいお刺身、うれしい〜と、
終始頬をゆるめっぱなし。

いい時間を過ごすことができました。

☆        ☆     ☆

4_2

後日、雑誌できた田さんの記事を見つけました。

先日いただいたばかりの八寸の料理の一部が、また違う形で盛り付けされていて、

自由自在に盛り付けで、魅せ方を変えられるって、
すごいなぁと見入ってしまいました。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« 我が家のバレンタインデー | トップページ | 科学×お菓子の化学反応は?~サイエンス・クッキング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割烹 きた田~奈良:

« 我が家のバレンタインデー | トップページ | 科学×お菓子の化学反応は?~サイエンス・クッキング »