« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

大人のサイエンスクッキングの一コマ

大人のための
<サイエンス・クッキングlesson>

『プロ級のホワイトソースがあなたにもできる!』

     →詳細はコチラ

Photo_26

ホワイトソースを

同じ鍋、同じ熱源、同じ材料で、

比較実験


一つ目は、
ふつうのレシピ本に書いてある通りに、
ふつうに主婦が作ると想定して作ってもらいます。

二つ目は、
プロの作り方を、伝えながら、その通りに作ってもらいます。

えーっ!そんな風に混ぜるの?
そういうタイミングなの? 
 とかね。

同時に作り始めるのですが、
途中から、なめらかさ、のびのよさが全然違うことに気づく。

今までうまくできたと思っていたけど、こうしてプロの技を入れたものと見比べたら、
どんなに混ぜてもダマがあることに気づく。

Photo_25

そして、味比べ〜。
『プロのコツ、これだけで、すごくおいしい』
『比べたら、今までの作り方は粉っぽかったとわかったー』

ワイワイいいながら、
違いを発見したときは、

大人だって、目がキラキラするんですよ。

✨      ✨

Photo_27

みんなでカンパーイで、いただきます。

はい、ノンアルコールです。

でも、まるでシードルなお味で、雰囲気で酔える感じ?

Photo_28

今回も、美味しく、愉しいひととき🎶

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理教室の講師対象の、料理教室!?

大阪ガス主催で、

自宅料理教室を主宰する先生ばかりが集まった、料理講習会に行ってきました。

メーカー主催のプロ向けの講習会はよくあるのですが、
デモンストレーションを見るだけがふつうのスタイル。

でも、今回は実習つき。

料理教室の講師が4人一組になって実習するのですが、

手際のいいことといったら!

パッと分担し、さ~っと進んで、気持ちいい!

   ♬   ♬

今回は、

大阪の魚介専門のイタリアン

「トラットリア パッパ」の松本シェフ直伝

おいしいパスタや魚料理を教えていただきました。


ちなみに、テレビでレギュラーで料理コーナーをもたれていて、

教えるのに慣れていらっしゃいますよね。

トークも軽快ですごく楽しい♪

Photo_14

できた料理があまりにおいしくて、

みなさんと、

今日来てよかったねと♡

   

普通、お店のシェフがテレビや料理本で教えるときには、

お店のメニューでも、

主婦に作りやすいように、手に入りやすい材料にアレンジして紹介することがほとんどですが、

そのまま教えてもらった感じ?

これ、お店の味でしょ!! うれしかったです。

   ♬   ♬

魚は松本シェフが朝市場で仕入れてきてくださった、

立派なブリとタイを目の前でさばいてくださって。

だからなおのこと、美味しい☆

ブリは脂がのっていること~、さばきながら脂が身からにじみ出てくるのが見える。

もう食べきれないっていうくらいの量のブリのカルパッチョ。

Photo_17

Photo_13

冬野菜のスパゲティは、野菜だけで、

コクのあるパスタに仕上げる秘訣を教えていただきました。

Photo_18


そして、たいのソテーは、

牡蠣のうまみを存分に味わえるソースが絶品~。

焼いても ぷりっとした牡蠣。

素材のよさが、ものをいう一品。

Photo_16

Photo_15

 

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次世代のクッキング

大阪•大正に1/30にオープンした

大阪ガスの最新機器とステキな住空間を紹介するショールーム

『ハグミュージアム』


  

私はキッチンスタジオに、

この一週間のうちに、打ち合わせや講習会で、三回行くことに。

キッチンスタジオ以外でも、
館内ツアーが、楽しめます。

中でも、次世代の暮らしをイメージしたコーナーが、面白い!!

Photo_10

このサングラス、なーんだ!

近い将来、ママは、このサングラスをかけながら、料理するようになるかも!?

スマホで今日の料理を選んで送信すると、

サングラスとガス器具が連動。

Photo_11


Photo_12

メガネに、写真のような作り方が映るようになるとか!?

(これはキッチン台に映した画像ですが)

そしたら、本やスマホを見ないで、

メガネに映る、音声で聞こえる、
手順やコツの通りにするというもの。

発想が面白い!!

ドラえもんの世界✨

    🎶

スマホでメニューを選んで、ガス器具に送信したら、

そのモードでセンサーがはたらいて料理してくれる。

とか

ガス器具の火力調節をスマホと同じ人差し指操作にしたものは、

すでに、実用化されているんですよー。

どこまで個々の食材に対応できるかとかは置いておいて、


なんだかすごい時代になってきましたね。




                              

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ「お寿司屋さん体験」の日の夜ご飯は……

前述の、 『わくわくお寿司屋さん体験!』の夜は、

息子がはりきって握ってくれた、お寿司でした。

Photo_6


Photo_7

確かに、手つきが寿司屋っぽいっ!!
(^∇^)

息子作 〜たいの寿司で『た』。

Photo_8

    ☆   ☆

お留守番だった娘は、
なりきりお寿司屋さん。

Photo_9

たいを一尾買ってきて、

あらは、昼間の講習のときと同様に、

潮汁にしました。

昼も夜も、お魚尽くし〜

今日の体験を喜んで、

うちでもやってあげる〜なんて、

ホントうれしくて、泣ける〜💓

お世話になった先生方、

どうもありがとうございました。


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『わくわくお寿司屋さん体験!』に参加

【(株)鯖やのお寿司屋さん体験!】

大阪ガス主催・

...
とろさば料理専門店SABAR

右田氏の『わくわくお寿司屋さん体験!』

にわが子と参加してきました~。

Photo

さば博士の右田さんの、軽快なトークと大型の魚をさばく手さばきに、

子供たちはすご~いと惹きつけられ、

大人は楽しくてファンになっちゃう感じ。

Photo_2

      ●

最初は親と一緒に、豪快な魚さばきを見学した後は、

子供たちを右田さん&スタッフさんに預けて、

寿司の握りを仕込んでもらいました。

Photo_3

その間、親は、先月にオープンしたばかりの

大阪ガスの最新型ショールーム「ハグミュージーアム」内を見学。

子供たちが握る寿司が完成したところで、キッチンスタジオに戻ってみると・・・。

おぉ~!できてる!できてる!

これがお母さんの分、こっちがぼくの分。

  (うれしい~)

Photo_4

本当は、取り組むわが子の姿が、

見たくて見たくて仕方なかったのですが、

見ることができなかったので、余計に感激❤

     ●

そして、完成 した寿司の前で、
ぐったりしているうちの息子。

慣れない雰囲気に緊張する中、
集中してたくさん握ったからということにしておきたいのですが、

大好きな寿司が作れるということで、

朝ごはんを控えたそうで。。。

(食欲ないって、言ってなかった??そういうことか)

実はすごく楽しみにしていたみたいです(^^)

「握るのが楽しかったから、夜ごはんも寿司ね」と息子。

愉しんでくれて、よかったぁ💓

Photo_5

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式

今年度は、女子高の3年生のパティシエールコースで、

1年間指導してきました。


今日が卒業式。

送辞、答辞、卒業生からのメッセージに感動して、

わが子の卒業式かというくらい、涙、涙しました。

    ❤  ❤

「日本の家庭科教育を、根底から変えたい!」

私には常にその想いがあって、

仕事を「志事」として、食の愉しさと大切さを伝えてきました。

普段は大人しい生徒たちで、自分から発することが少なくて、

私は非常勤ですし、担任などとは違って、生徒と近い距離にいたわけではないので、

高校生にとって、この内容が、そしてこの言葉が、
どこまで響くのか手さぐりでした。

     ❤

Photo_28

最後の授業で、生徒たちからもらったサプライズ。

授業が終わったところで、
突然、生徒全員が掛け声とともに起立して、

せ~の~「先生、今までありがとうございました」

と、笑顔で声をそろえていってくれました。

そして、丁寧に書かれた色紙までもらって、

大感激でした。

   ❤   ❤

「先生の授業でなければ、私の進路は変わっていたかもしれません。
今後の大学での栄養士を目指すのに、役立てていきたいと思います。」

「これから大人になったとき、親になったときに必要な知識がたくさん身についた。
一番自分のためになる授業でした。
最後の授業のとき、食べ物や食べ方に気を付けようと本当に思った。」

「今まで知らなかったことが多すぎて、驚いた。
食品を買う時に、今まで見ていなかった裏の表示を見るようになりました。」

「買い物にいったときは、きちんと使用されている食材を見比べて、
体にいいもの、安全なものを選んで買うようにしたいと思いました。」


     ❤

あのときの話が腑に落ちてくれていたんだなとか、

一年間のみんなとのいろんな場面を思い出して、

うるっ。

授業の準備に追われて、日々が大変だったこと……
→→もうすべて吹っ飛びました。

この志事を続けていてよかったと
しみじみ感じた瞬間でした。

次への原動力を、生徒からいただきました。

かわいい生徒ちゃんたちの、これからの人生を応援しています!


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科学×お菓子の化学反応は?~サイエンス・クッキング

【科学×お菓子の化学反応は?】

みなさん、中学生の時に習った、
炭酸水素ナトリウムのこの実験、
記憶の片隅にありませんか?

Photo_26

テストでは、
  試験管Bにでてきた気体は何?
  炭酸水素ナトリウムを加熱した後に残る白い物質は何?

とか聞かれるんですよねー。

↓ ↓ ↓

実は、この化学反応が
蒸しパンの中でも起こってるんですよ!

Photo_27

理科だけ学んでも、絶対にわからないんです。

もっと、理科を、生活に結びついた『食』に落とし込めば、

理科も食も、もっと興味深く、
なるほどになるのです。

    🎶 🎶

この楽しさを、多くの子どもたちに伝えたい❤

小学生の目を好奇心で輝かせる、
プログラムにして

 キッズ•サイエンス•クッキング

でお届けします!!

<科学実験×お菓子作り>

の目からうろこの結びつけで、

科学がぐっと身近になる2時間半。

  料理やお菓子作りに隠れた
「科学変化」を、
  発見・体感するプログラム。

☆  ☆

今回のテーマは「重曹」の性質。

2月11日の第一回目では、
  子供たちが、てのひらの上で起こる科学実験に大興奮!

盛り上がって私も楽しかったです!

     **

『缶詰のみかんがおうちで作れる!』

『ジュースのラムネと、お菓子のラムネを作ってみよう!』

『蒸しパンがふわっと膨らむ仕組み』

とろ~っ、シュワシュワ、ふわっ

    **

科学実験や、pHメーターやpH試験紙などの測定で、
  重曹の科学的性質を調べて、

それぞれのお菓子作りには、どんな性質を生かしているか、

その謎に迫っていきます。

「台所のサイエンス」で、子供たちの科学の扉を開きます。

  →レッスン詳細はこちら

□■━━━━━━━━━━━━
  ■キッズ・サイエンス・クッキング
 《重そうの不思議・
  ブクブク泡実験とお菓子の関係》
━━━━━━━━━━━━━

●日時(追加日程決定) 
2月28日(土)
3月1日(日)

13:00~15:30

●場所  
  木村自宅
  (JR奈良駅・近鉄奈良駅から徒歩圏内、周辺にコインP多数あり)

●講習費 
3500円

●対象年齢、定員
  年長児~小学生(8名)

●現在の募集状況
  定員8名のところ
2月28日(残席5)
3月1日(残席2)

☆PTA講演会、出張レッスンもいたします。ご相談ください。

★お申し込みは、HPのお問い合わせフォームより、ご連絡ください

  *********

サイエンス・クッキングは、

日本の家庭科教育を、総合的な学習に変えていけると確信しています。

「学び」をもっと好奇心に満ちたものに、
そして心から楽しいと感じられるものに。

そして、子どもたちが成長したときに、

この学びは、生きるために役に立ったと、

思い出してもらえるような。
  
  **   **

中学で学ぶこの実験も、

蒸しパンと結びつけるだけで、

多くの新しいことを学べるし、

今自分がしている勉強が「生活の役に立つ」ことを

実感させてあげられるのです。

(ただ蒸しパンを膨らませるだけの結びつきではないんですよ。奥が深い)

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

割烹 きた田~奈良

【割烹きた田で】

主人の母の古希のお祝いで、

平日のお昼に、ふたりでランチしました。

お料理好きの主人の母は、

毎日きちんとだしをとって、
美味しいお料理を作られる方で、

主人と知り合ったときに、

こんなにしっかりとお料理されるお母さんだったら、

きちんとしたものを食べて育ってきたんだろうなという

主人の『食歴』と温かな家庭が見え、
とても安心しました。

家でお料理はするのに、
食べ歩きは自ら誘って行くような人でないので、

久しぶりに、彩り美しく、美味しいお料理に、感激していました。

1_2

きた田さんは、八寸が魅力。

この日も手の込んだ仕事がなされた一品一品を、すごいねぇといいながらいただきました。

ちょうど名残の冬の食材と、
走りの春の食材をいただくことができ、

まだ寒い中でしたが、心は春の陽気のように気分が明るくなるようでした。

3_2

2_2

お造りのひっさげと鯛は、
主人の母が、こんなにおいしいお刺身、うれしい〜と、
終始頬をゆるめっぱなし。

いい時間を過ごすことができました。

☆        ☆     ☆

4_2

後日、雑誌できた田さんの記事を見つけました。

先日いただいたばかりの八寸の料理の一部が、また違う形で盛り付けされていて、

自由自在に盛り付けで、魅せ方を変えられるって、
すごいなぁと見入ってしまいました。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のバレンタインデー

4歳のわたし、

パパとお兄ちゃんのために作る

バレンタインデーのケーキ

0


1

2

3

「こんなケーキが作りたいな」とイラストを描いていたので、

ママは材料をそろえて、あとは見守るのみ。

4

カレボーのチョコレート、よつ葉のバターと生クリームに助けられてか、

すごくおいしい~(^v^) とママが一番食べてたりして。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リストランテ リンコントロ~奈良 

パーティープロデュースの
アターシュ 辻順子さんが、

な、な~んと、私のBirthdayを祝ってくれたのです。


Photo_18

まず、花束のサプライズ。

そして、リストランテ リンコントロでは、

これからのアターシュ&マニョリアの

むふふのコラボ企画を練りながら、

おいしい料理にテンションあがる~。


●自家製のサラミ 盛り合わせ

こちらのシェフ、探究心がすごくって、なんでも手作りされているのです~

すごーい!

Photo_19


●パスタ

ツボ!おいしい

Photo_21


●サワラのソテー

春も近いと思わせる食材とともに。

さわらもミ・キュイの半生に近い火入れで、素材のよさを堪能。

レストランでなくてはまずお目にかかれない、黒キャベツ、金針菜、黄色のにんじんetc
目にも鮮やか、そしておいしい。

さわらの添え物である、ほたるいか一つとっても、クミン風味のジュレをまとっていたり、

とにかく仕事が細かくて、一つ一つにワクワク。

Photo_22

●鹿のロースト

この時期は、シェフが猟師になって、ジビエもとるし、ジビエ好きにはたまらないです。

はい、私、ジビエ好き。

今日は鹿とリードヴォーの、リードヴォーの火入れにたまげた。

国産のリードヴォーでいいのを入れているから、

くさみ抜きなどは一切なしで、ふつうよくなされる下処理がいらないそう。

それで、ギリギリの火入れができ、しっとりと、とろけるやわらかさ。

脂がのって、まったりと。

いやぁ~、うまい!

Photo_23

おいし過ぎて、料理に入り込んでしまい、しばし無言になった私をお許しを~。

最後のデザートでもサプライズ!

Photo_24

きゃぁ~、うれしすぎる!!!

順子さん、人を喜ばせる、天才です!

パーティープロデュースは、天職ですね☆

  ********

今日は、順子さんがシェフとお知り合いということで、予約していただきました。

久しぶりに、ぞくぞくして(ってこの感覚わかるかな~)、
また来たいと思う店を、近くに見つけられたよ。

次は、ワインとともに、ゆっくりとね♪

順子さんに、感謝❤


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水切りヨーグルトで、簡単ティラミス風

「水切りヨーグルト」って、

ヨーグルトの酸味が苦手な人にもいけるんじゃない?

というくらいクリーミーでコクがあります。



ティラミスは、マスカルポーネのチーズで作るものですが、

ヨーグルト2パック分を水切りヨーグルトにして作る

「簡単ティラミス風」デザート❤

Photo_25

ヘルシーで、おいしい♪♪

   ☆   ☆

2/26(木)の大人のためのサイエンス・クッキングで、

メインのグラタンにつける

おまけデザートなのですが、

これに、はまりにはまっています。

第1回目のレッスンのときには、試作で1週間に4回も作ったのに、

気に入って、ほとんど一人で食べてしまうほど。

ヨーグルト8パック分!?

そこまで試作したら、ほとんどがレッスンの後は、

しばらく作りたくない……に陥るのですが、

その後2週間で4回も作り、はまりすぎました。

さすがに、食べ過ぎと思い、自粛していましたが、

次のレッスンが近づき、また、誘惑に・・・・♬ 
                        ん~うまい

簡単っていうのが、いいんですよね~❤

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

大人のためのサイエンス・クッキング
『プロ級のホワイトソースがあなたにもできる!』

●日時
2/26(木曜日)
10:00-12:45 終了予定 

●開催場所
スペースマイン・「四季の家」
  奈良県大和郡山市田中町834-1
モデルルームのキッチン&ダイニングにて行います

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

内容

≪プロの技&コツの科学で、

絶対うまくいくホワイトソースの作り方を伝授≫

鍋を2つ用意して、

1つは、一般の料理本に書かれているそのままで作ってもらいます。

もう1つは、プロの技&コツをを伝えして作ってもらいます。

いつものホワイトソースもおいしいと思っていたけれど、

プロの技を取り入れたものと比べたら、

見た目も、味もこんなに違うの~!?と比較してびっくり!

≪ランチメニューを作ろう≫

●ホワイトソースを使って、
チキンのマカロニグラタン

●パンツァネッラ塩レモン風味
(バゲットを使った、さわやかなイタリアンサラダ)

●水切りヨーグルトで、
超簡単ティラミス風デザート

●パン

●シャンパン風ノンアルコールドリンク

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

●講習費
3500円

●お申込み状況
残席2

●詳しい内容は、2/5の投稿をご覧ください

   →コチラ

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<大人のサイエンス・クッキング>ご受講後のご感想

前回ご紹介した<大人のサイエンス・クッキング>

  『プロ級のホワイトソースがあなたにもできる!』

昨年9月にご参加いただいた

天理市 ゆきさん

奈良市 なおさん のご感想を

ご許可をいただき、紹介しま~す♪

おいしいの笑顔、シアワセ感じますよね❤❤

☆ ☆ ゆきさんのご受講後のご投稿☆ ☆

木村万紀子先生の
サイエンス・クッキング。

今回はホワイトソースでした。

講座の様子をアップしようと思ったのですが、

子供の食いつきがあまりにも面白いため、
こちらを。

Photo_15

わたしのを横取りされました。

 

「最高!」の感想 いただきました。

Photo_16

楽しい時間を過ごせて、

おまけにホワイトソースのコツがよく分かって、

さらにばんごはんがとても美味しくできて、

とても嬉しい一日でした。

先生、ありがとうございました^_^

冷凍しようと大鍋で沢山つくったはずですが、全部たべてしまいました。



☆ ☆ なおさんのご受講後のご投稿☆ ☆

あの夜、マキコさんからの方法で調理することで

家族みんなが美味しい魔法にかかった記念写真です(≧∇≦)

Photo_17

  ❤   ❤   ❤   ❤

こういう言葉を頂戴すると、すごく励みになって

宝物にしていました。

すごくうれしい❤

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のための『サイエンス・クッキング』ホワイトソースのご案内

□■━━━━━━━━━━━━
■  大人のための
 <サイエンス・クッキングlesson>

『プロ級のホワイトソースがあなたにもできる!』

━━━━━━━━━━━━━━

大人のための『サイエンス・クッキング』

 

【なぜこのような作り方をするのか?

その理由と根拠を知れば、

あなたの料理はもっとおいしくなる】

Photo

本のレシピの通りに作ったのに、

スポンジケーキがふくらまない、

煮物の味がぼやけている、

パスタがおいしくできない etc.

仕上がりの味に満足できなく、また別のレシピで挑戦するという繰り返し。

そんな遠回りを続けていませんか?

感覚だけに頼って作ることから一度脱して、

コツを知り、

なぜこのように作るのかという理論を踏まえて作ってみませんか。

   ♪  ♪

このレッスンでは、定番料理やお菓子をテーマに、

基本の作り方とポイントを、実演や実習で指導するとともに、

作り方の理論を、科学的な根拠をもってわかりやすくお伝えしています。

理にかなった作り方をすれば、おいしさが格段とアップすることを感じてください。

今回は、9月にご好評いただいた

↓↓
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

『プロ級のホワイトソースがあなたにもできる!』

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

が再登場!

Photo_2

前回のレッスン後は、8名全員から、

習った通りにおうちで作ってみたら、

すごくおいしくできて、家族に大好評だった!

とのご報告をいただき、とにかくうれしかったです。

Photo_3

バターと小麦粉を炒めたルーに、牛乳を加えたものがホワイトソース。

これをベースに、グラタン、ドリア、シチュー、クリームコロッケなど、料理が広がります。

手作りしたこと、ありますか?

きちんと作れたら、市販のパック詰めのホワイトソースはもう口にできないほど、
絶品です。

Photo_4

この「きちんと作れたら」がポイント。

そのコツが書いてある料理本は、ほとんど見たことありません。

実は、文字や写真で表現がしにくいのです。

料理の本の編集に携わっていた20代、こういうことが歯がゆかった! 

本では、伝えられないコツが、何と多いことか!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

写真「2つのルー」をご覧ください。

Photo_5

上:ふつうに本のレシピを見て作った場合

下:プロのコツを実践して作った場合

下の写真のルーは、見るからに、なめらかで、つややかでしょう♡

ここに牛乳を入れてホワイトソースを作ると、味が全然違う。

ふつうに作ると、こんなに粉っぽかったの??

比較によって、気づく、本物のおいしさ!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

プロのコツって、特別な技術ではないのです。

火入れの「タイミングを見極める」だけ。

このレッスンでは、それを伝授します。

Photo_6

そして、調理科学(サイエンス)の目から、
プロの技を分析して、
どうしてこうやって作るのかということを、
勘ではなく、理論で伝えていきます。
これが、私のレッスンの最大の特徴です。

Photo_11

著書『西洋料理のコツ』(学研)でも、

解説した内容を、
比較実験を用いて、
よりわかりやすく、実演し、
誰でもその科学に裏付けされたコツが、
体感できるようにしています。

Photo_8

「今日のグラタン、めっちゃおいしい!!いつもと違う!」

同じ手間をかけるんだったら、家族にそういわれたいですよね。

(あっ、ちなみに、電子レンジで作るホワイトソースとは、味が天と地の差です。

本物の味を知ったら、とりこになります。)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

コツを伝授し、おうちでプロの味が実践できるように解説します。

できたホワイトソースで、ランチメニューを作ります。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

●メニュー

シーフード・マカロニ グラタン

パンツァネッラ 塩レモン風味 
  (バゲットを使った、さわやかなサラダ)

水切りヨーグルトでティラミス風

パン

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

Photo_7

Photo_10

Photo_13

Photo_12

●日時

2月26日(木)

10:00~12:45

●場所  

スペースマイン・「四季の家」
奈良県大和郡山市田中町834-1
tel 0743-58-2801

モデルルームのキッチン&ダイニングをお借りします。

地図⇒コメント欄に記載

大和郡山のアピタにご駐車いただき、徒歩すぐ。

●講習費

3500円

●定員

8名

※グループでのご受講も受け付けております。
(6名以上)
 ご都合のよい日程で調整いたします。

※園や学校での、講演会やイベントもしております。

●お申し込み方法

HPのお問い合わせよりご連絡ください。

==============

講師プロフィール

木村万紀子

・著書『西洋料理のコツ』(学研)、
   『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』
(柴田書店)

・執筆・監修『パンづくりに困ったら読む本』
(池田書店)   など

・調理師 免許
・調理師、家庭科中高教諭一種 免許
・調理科学学会 会員

   ☆    ☆

「料理は科学でもっとおいしくなる!」を掲げて

料理の愉しさを伝えていくことをライフワークにしています。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1~2月度 節分クッキングのレポート

キッズ・クッキング

テーマ 節分

は、毎年ご好評いただいているプログラムです。

2015年は、
1/20末就園児、1/24園児、2/1小学生向け

に3回実施しました(^^)

   ❤    ❤

2/1にご参加いただいた tsuji さんが、

次のレポートをフェイスブックに投稿くださったので、

ご許可を得て、シェアさせていただきます☆

                           tsujiさん、ありがとうございます♪

   ❤    ❤

先日の木村 万紀子さん主催の

キッズ節分クッキングをレポしまーす(*^^*)

ママたちにはぜひ見てほしい‼

1

10時〜14時。

子どもたちには長くない⁈と思ってたけど、

集中力と好奇心には母がたまげた‼︎(笑)

万紀子先生のLessonは

手厚さ
情報の多さ
わかりやすい説明


そして何と言っても、

体験で終わらずスーパーや家で
アウトプットするんですよ‼︎子どもが‼︎‼︎‼︎


ここが一番ステキ(o^^o)


危ない器具も使い方を知ればハサミと同じなんですよね。

2

3

4


5

 

6

7

8

9

母たちも最後に一緒にいただいたんだけど、そりゃもう美味しくて。

11

12

『美味しーーー』というと、

娘の口から出た言葉は、『ありがとう』でした。

自分たちで作ったという実感があるからこそ出る言葉に

母は感動‼︎

http://www.manyoria.com/

2歳からのちびっ子クラス、園児、小学生のキッズクラスがありますよ(*^^*)


    

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング「重そうの不思議」募集開始

□■━━━━━━━━━━━━
■ キッズ・サイエンス・クッキング

「缶詰のみかんを作ろう」他
━━━━━━━━━━━━━

料理やお菓子作りに隠れた「科学変化」を、

発見・体感するプログラム。

見てびっくりな実験!

食べておいしいお菓子作り!

で、子供たちの科学への興味の扉を開きます。

================
テーマ4: 「重そう」の不思議
================

12月に、奈良新聞の小学生新聞に

『キッチンでサイエンス:缶詰のみかんを作ろう』

の記事が、掲載されました。

(奈良県の教育委員会、各小学校の協力で
小学生に直接学校より配布される無料タブロイド新聞です。)

Photo

     ❤

そこで紹介した

『缶詰のみかんがおうちで作れる!』 

Photo_3

で、まずは目からウロコを落としていただいた後に、

『しゅわしゅわサイダー』

『お菓子のラムネ』

も作ります。おうちで、作れるの?の歓声があがります。

Photo_2

そして、 『さつまいも黒糖蒸しパン』 も作り

Photo_4

  + 科学実験  を体感!



という、盛りだくさんの内容☆

重そうがお菓子の中で、どんな風にはたらくか

その謎に迫っていきます。

   *  *

大人が聞いても十分おもしろい内容を、

子供が興味を持つような切り口で、伝えていきます。

pHメーターやpH試験紙などを使って、

重曹の科学的性質を調べるなんてところは、

「やらせて~」「やらせて~」とすんごい食いつきようです(^^)

Ph_2

Ph_3

☆  ☆  ☆

おいしいお菓子を作りながら、

「台所のサイエンス」で、子供たちの科学の扉を開きます。

☆  ☆  ☆

●日時 

2月11日(祝)

13:00~15:30

●場所  

スペースマイン・「四季の家」
奈良県大和郡山市田中町834-1
tel 0743-58-2801
んと
地図 http://spacemine.co.jp/showroom/shiki.html

大和郡山のアピタにご駐車いただき、徒歩すぐ。
モデルルームのキッチン&ダイニングをお借りします。

●講習費 

3500円

●対象年齢、定員

年長児~小学生(8名)

※グループでのご受講も受け付けております。
(6名以上)
 ご都合のよい日程で調整いたします。

 可能な場合、出張もいたします。

※園や学校での、講演会やイベントもしております。

●お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

==============

講師プロフィール

木村万紀子

・「ビジコン奈良2014」(奈良県主催)にて、
 “キッズ・サイエンス・クッキング”で優秀賞受賞

・著書『西洋料理のコツ』(学研)、
   『科学でわかるお菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

・調理師 免許

・キッズキッチン協会 公認インストラクター

・調理師、家庭科中高教諭一種 免許

   ☆    ☆

「料理は科学でもっとおいしくなる!」を掲げて

料理の愉しさを伝えていくことをライフワークにしています。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理のサイエンスコラム vol.9

あなたの料理は、科学でもっとおいしくなる!

科学と料理のおいしい関係

「調理科学」は私の専門分野。

本を書いたり、料理教室や学校での指導をしています。

ブログでは、身近な料理で役立つサイエンスをご紹介します。


               

【生のにんじんがビタミンCを壊す!?】

にんじんは、栄養があるイメージなので、この表題に驚かれたかもしれません。

Photo_7

にんじんをスライサーで細切りにして、

せん切りにした野菜と混ぜてサラダにしたことはありませんか?

だいこんおろしに、にんじんのすりおろしも加えて、

もみじおろしにしていませんか?

「ちょっと待った~!」

にんじんには、ビタミンCを破壊する酵素が含まれています。

この酵素は、にんじんを生で料理するときに働くので要注意!

   ☆     ☆

ちなみに、にんじんにも、ビタミンCは含まれています。

でも、丸ごとのときには、

ビタミンCを破壊する酵素は、

ビタミンCと一緒ににんじんの細胞内にありながらも、全く働かないのです。

だから、ビタミンCは守られている。

それが、ひとたび、にんじんに包丁を入れると、

切り口の細胞が壊れて、空気中の酸素と触れます。

すると、酸素との出会いで、

ビタミンCを破壊する酵素は、急にスイッチが入ったように、

そこらにあるビタミンCを、どんどん酸化し始めて、その効力を失わせてしまうのです。

自身のビタミンCはもちろんのこと、

一緒に料理した他の野菜や果物のビタミンCまで壊してしまいます。

しかも、細かく切れば切るほど、

切るよりもおろすほうが、細胞が壊れるので、ビタミンCは減少します。

   ☆     ☆

ビタミンCの破壊を防ぐことはできないのか?

にんじんを加熱調理すれば、酵素ははたらきを失い、この反応は起こりません。

とはいえ、今度は、熱がビタミンCを壊してしまいます。

それに、生で食べたいってとき、ありますよね!

   ☆     ☆

それには 「酢」「レモン汁」が効果的です。

これらは、ビタミンCを破壊する酵素の働きを止めてくれます。

そう考えると、おせち料理の

紅白なます(大根とにんじんのせん切りの酢の物)って、

とても理にかなった調理法だと思いませんか?


Photo_6

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »