« 子供が魚をさばけると思いますか? | トップページ | トマト鍋vol.2~締めのリゾットについて »

トマト鍋~おすすめレシピ

我が家の人気鍋のひとつ『トマト鍋』をご紹介。

ホタテやえびなどの魚介でもおいしいし、

私は豚バラ肉でコクを出すのが好き。

何といっても美味しいのは、

だしが出まくった最後の締め

「トマトリゾット」

食べてもすぐまた、この鍋が恋しくなる❤

Photo_16

Photo_17

   ❤  ❤  ❤

<トマト鍋の材料>

●鍋だし

あさり(300~400g)

にんにく(2~3片)

玉ねぎ(1/2個)

白ワイン(50cc)→あれば入れる

トマトピュレ(カゴメ・2本)

コンソメ(固形)約2個

水(約1200~1500cc)

エクストラバージンオリーブ油

●おすすめの具

豚バラ肉

ホタテ貝柱

レタス

ブロッコリー(かためにゆでる)

水菜

セロリ

パプリカ

●リゾット用

かために炊いたご飯(1.5合)

溶けるチーズ(少量)

Photo_18

   ❤  ❤  ❤

<トマト鍋の作り方>

①鍋にオリーブ油を多めに入れて、玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒める。

②しんなりしたら、あさりを入れてさっと炒め、白ワインを入れてふたをする。

③あさりの殻が開いたら、水、トマトピュレ、コンソメ、塩、こしょうを入れて、しばらく煮込み、トマト煮込みのソースのような味を調える。

④具を入れて食べる。

⑤残りのだしに、ご飯を入れてさっと煮込み、塩、粗びきこしょうで味を調える。

仕上げに溶けるチーズを入れて、糸を引いたところをいただく。

   ❤  ❤  ❤

トマトピュレとは、トマトを3倍濃縮したもので、ケチャップみたいな味はついていません。

トマト水煮缶を買うより、栄養があり、酸味が少なく、トマト自身のコクがあるので、トマト煮込みするときなどにも、絶対おすすめ。

カゴメのトマトピュレは、1本につき完熟トマトを7個使用しています。

ということは、この鍋では、トマト14個分のリコピンがとれるのです!!

最後はリゾットにして、鍋だしは一滴も残らないので、丸ごとこの栄養がいただけます。

すごいでしょ?

  ♪    ♪    ♪

香りがいいエクストラ・バージン・オリーブ油、

美味しいバジリコペースト(ソース)があったら、

めいめい取り分けてから、数滴加えてみてください。

香りがプラスされて、華やぎます☆

 ♪    ♪    ♪

合う野菜は、サラダ系の野菜。

ブロッコリーも水菜も冬が旬。

レタスの旬は春ですが、奈良ではこの季節から近隣で作ったものが出回っているのです。

トマト鍋は旬の野菜も、たっぷりいただけます。

写真の野菜の量は、1.5人分ですよ!

美容に、健康に、すっごくいいですよ。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« 子供が魚をさばけると思いますか? | トップページ | トマト鍋vol.2~締めのリゾットについて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トマト鍋~おすすめレシピ:

« 子供が魚をさばけると思いますか? | トップページ | トマト鍋vol.2~締めのリゾットについて »