« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

辻調二年目のシミュレーション授業

昨日、おとといは、

辻調二年目の日本料理課程で
「調理科学」の講義でした。

そして、その講義を終えた後、

生徒さんが作った日本料理をいただくことができました。

Photo

生徒さんの半分は午前中に私の講義を受けていて、

その間に残り半分の生徒さんは、

昼の割烹料理を提供するために、

厨房とサービスに分かれて準備しています。

午前中に講義を受けた生徒さんと一緒に私も、

彼らの作った昼食のコースを、お客さん役になっていただいてきました。

Photo_2

素晴らしいシミュレーション授業なのです。

彼らも、あと一か月で卒業。

だから、料理のレベルも、今が最高潮。

今回は、八寸が冬から春へを美しく表現されていて、

献立には、冬と春の食材があって、舌を愉しませてくれました。

Photo_3

 

Photo_4

 

Photo_5

こちらのコースは1日目。

2日目は、スッポンのお吸い物などもいただきました。

生きたスッポンをさばかせてもらえるなんて、うらやましい限り!

最高の食材を扱わせてもらえるなんて、贅沢な授業ですねー。

私も通いたかったなぁ。


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

続きを読む "辻調二年目のシミュレーション授業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分のキッズ・クッキング2/1開催のご案内

「豆まきは夜にするのはなぜ?」

「そもそも、鬼にぶつけるのはどうしてこの豆なの?」

「鬼のコスチュームには、深い理由が!」

「いわしの頭をひいらぎに刺して飾るのはどうして?」

  ○   ○

「節分」のなぜ?を解明しながら、

鬼は外~とまく大豆を使って、料理やお菓子を作っていきます。

Photo_4

   

Photo_5

●メニュー

煎り豆の五目ご飯

白みそ仕立ての汁物

鶏手羽と大豆の煮物

煎り豆おこし

Photo_14

10

Photo_12

●日時 

2月1日(日)

10:00~14:00頃

●場所  

木村自宅
(JR奈良駅、近鉄奈良駅から徒歩圏内。コインパーキング多数あり)

●講習費 

3000円

(お母様も子供たちが作った料理をご試食ください)

●対象年齢、定員

年長児~小学生

Photo_7

Photo_8

Photo_11

Photo_9

Photo_10

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お土産コンテスト審査員をして

3月奈良公園で開催される
《うまし食彩博》

奈良のお土産といえば?

と思い浮かぶもの。。。ありますか?

それを若い方のアイデアで作り出そう!

という、
お土産コンテストの審査員の仕事をしました。

 

Photo

・磯城野高校 フードデザイン科

・奈良佐保短大 生活未来科 食物栄養コース

・奈良女子大学  奈良の食プロジェクト

の三校が、アイデアが詰まったお菓子を考えて挑みました。

Photo_2

中でも、三輪そうめんを使ったお菓子には、なるほどなぁ~と感心しました。

そうめんは、ゆでると塩気が抜けますが、
乾麺の状態だと、塩が結構きついのです。

が、うまく生かして使ってる!

学校の調理室でできることは限られてしまいますが、

このアイデアをお菓子の製造工場にもっていって開発すれば、

食味も改善され、

求める食感通りのものに近づけることができるようになり、

きっとさらにいいものになると思います。

今回、評価が高かったものを、うまし食彩博で販売するそうです。

Photo_3

金の卵たち、頑張って!

応援しています(^_-)-☆

    

私も刺激をもらいました。
学生時代に、こんな楽しいことができるなんて、幸せですね。

  (写真は、株式会社エムワイピー増井様のものを、一部ご使用させていただいています。増井様、ありがとうございます。)



                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学生の料理メモ

ある日のキッズ・クッキングでのこと。

料理教室四年目の小2の女の子が、

「見て欲しいものがある」

と持ってきてくれたものは、

料理メモ❤︎

Photo_25

かわいい、かわいすぎる〜。

見て見てー!
この一生懸命書いている字を。

Photo_26

子供向けの料理本を見ながら、

この料理が美味しそうと思うものを

書き写しているそうです。

Photo_27

⭐︎              ⭐︎

これを知った私は、
うれしくて!感激でした。

料理を作ることに、
こんな風に興味を持つと、

子供がお母さんと行く買い物でも見えるものが変わるし、

お母さんが作った料理も、

美味しいだけでなくて、
どうやって作るのかにつながってくる。

もっと膨らませてあげたいな❤

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理で 子供たちの生きる力 をはぐくむ」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節分のクッキング:末就園児の料理教室

【節分のクッキング~未就園児募集】

《節分》で、鬼は外とまく煎り豆。

歳の数だけ、ぽりぽり食べるだけではありません。

これを使って、料理やお菓子を作ります。

☆   ☆

なぜ豆をまくかなどの風習の説明、

ゆで大豆、みそ(赤、白、合わせ)などの大豆の加工品についてを紹介し、

大豆尽くしの料理をします。

Photo_22

Photo_24

Photo_23

1/24は園児、2/1は小学生対象に、
別メニューで行います。

・・・・・・・・・・・・・
●対象

2歳半~幼稚園2年保育入園前のお子さま

●日時

1/20(火)10:00-13:30

●献立

煎り豆とじゃこのご飯

紅白の白味噌汁

ひき肉と大豆の煮物

煎り豆クッキー 

●場所

  
木村自宅

(最寄駅:JR奈良駅、近鉄奈良駅から徒歩圏内。近隣にコインパーキング多数有)

●講習費 

3000円
(お母様も子供たちが作った料理をご試食ください)

  ♬   ♬

ちなみに、5年前のキッズ・クッキングの写真です。

同じメニューだったな~と引っ張り出してきました。

このお友達たちも、今では成長して小学生。

引き続き、クッキング、米作りなどに参加してくれていて、

成長を見るとじ~~んとする♡

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小豆がゆ

小正月の小豆がゆのできあがり~。

夕食に、家族そろっていただきます。


Photo_20

 ♡   ♡

本日 1月15日

この日は、旧暦による古代正月のなごりで、

元旦から7日までの大正月に対して、

小正月と呼ばれます。

(厳密には、1月14日の日没から15日までの間)

 ♡   ♡

この日は、五穀豊穣を願う、農耕儀礼の一つとして、

小豆がゆ を食べる習慣があります。

五穀とは、米、麦、豆、粟、ひえ の5つ。

そのうち、ハレの日の食べ物である、小豆でつくった粥です。

赤色は、邪気を払うと言われている色です。

赤飯も同じように、ハレの日の食べ物ですよね。

お味も、赤飯風おかゆ といった感じでしょうか。

ハレの日の食べ物でもある、餅も入れます。

♡   ♡

今からでも夕食に間に合うかも!?

<作り方>

1.小豆はたっぷりの湯で弱火で5分くらいゆでて、ゆで汁が薄茶色になったら、一度湯を捨てる。(「渋切り」といいます。小豆のアクを除きます。)

2.新しい水を加え、小豆がやわらかくなるまで40~50分ゆでる。やわらかくなったら、塩で味つけ。

(ゆで小豆(無糖・赤飯用)が売っていれば、それを使うと手っ取り早いです。)

3.炊飯器でおかゆを炊く。

4.③に小豆とゆで汁を加え、塩で調味する。

   ♪   ♪

Photo_21

ちなみに、

餅花・繭玉(まゆだま)を飾るのも、小正月の時期です。

(ちなみに、大正月に飾るのは、門松。)

餅花飾りは、五穀豊穣を願って、

餅や団子を、木の枝(柳など)にさして飾るものです。

繭玉飾りは、餅花の一種で

養蚕が行われていた地方で、よく行われていたようです。

その年の蚕(買込がよく育つようにとの祈りを込めて、

上新粉で繭に見立てた団子を作り、

枝にさしたそうですよ。

来年は、子供と餅花も作ろうかな~。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマト鍋vol.2~締めのリゾットについて

『トマト鍋』を、もっと愉しみたい方へ

プラスアルファのご提案

  ♪    ♪

締めのリゾットは、
ピザ用チーズを入れて、とろ~っとしたところでいただくのですが、

これを「モッツアレッラ」の輪切りにしてください。

溶けかけたところで(まだ形は残っている)、皿に盛り、

生のバジリコをのせて、

エクストラバージン・オリーブ・オイルをまわしかけ、

挽きたてのコショウをかける。

この締めのために、トマト鍋をしてください❤

そう!
これは、カプレーゼ(トマト・モッツアレッラ・バジリコのサラダ)の組み合わせ。

おいしいに決まってる。

Photo_19

   ☆ ☆

そして、トマトが美味しい季節を迎えたら、

具にはトマトのざく切りも加えてみて!

味がぎゅっと濃いトマトを使うほど、おいしくなります❤

  ♪  ♪  ♪

フェイスブックで、夕方に投稿した
『トマト鍋』のレシピ を、

な、なんと、早速、その日の夕食に作ってくださった、よーこちゃん。

よーこちゃんに褒められると、これまたうれしすぎる。
おいしい食べ物の嗅覚が鋭い方なのです!

 

先ほど、投稿してくださった感想を、
この記事の最後に、シェアさせていただきます。

うれしいなぁ❤

  ♪   ♪  ♪

実は今夜早速作りました!

夕方帰りが遅くなってしまってどうしようと思ってたら
万紀子さんの美味しそうな記事が目に入り、

これだ!と思って早速カゴメのトマトピュレを買ってレシピ通り作ってみました。

これが美味しいこと~!!!

  魚介からお出汁が出て、それでいてトマトの酸ですっきりさっぱり。

ブイヤベースみたいな感じ。

レタス、ブロッコリーすごく相性よかったですよ。

〆のチーズリゾットが最高で。

お腹がいっぱいになるわりにヘルシーで栄養価も高い。

アスリート食としても万能。
  食べるものがややこしい娘もホタテ以外は喜んで食べてくれました。^^

これはリピ決定~♪

万紀子さん、美味しいレシピをありがとうございました!

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トマト鍋~おすすめレシピ

我が家の人気鍋のひとつ『トマト鍋』をご紹介。

ホタテやえびなどの魚介でもおいしいし、

私は豚バラ肉でコクを出すのが好き。

何といっても美味しいのは、

だしが出まくった最後の締め

「トマトリゾット」

食べてもすぐまた、この鍋が恋しくなる❤

Photo_16

Photo_17

   ❤  ❤  ❤

<トマト鍋の材料>

●鍋だし

あさり(300~400g)

にんにく(2~3片)

玉ねぎ(1/2個)

白ワイン(50cc)→あれば入れる

トマトピュレ(カゴメ・2本)

コンソメ(固形)約2個

水(約1200~1500cc)

エクストラバージンオリーブ油

●おすすめの具

豚バラ肉

ホタテ貝柱

レタス

ブロッコリー(かためにゆでる)

水菜

セロリ

パプリカ

●リゾット用

かために炊いたご飯(1.5合)

溶けるチーズ(少量)

Photo_18

   ❤  ❤  ❤

<トマト鍋の作り方>

①鍋にオリーブ油を多めに入れて、玉ねぎとにんにくのみじん切りを炒める。

②しんなりしたら、あさりを入れてさっと炒め、白ワインを入れてふたをする。

③あさりの殻が開いたら、水、トマトピュレ、コンソメ、塩、こしょうを入れて、しばらく煮込み、トマト煮込みのソースのような味を調える。

④具を入れて食べる。

⑤残りのだしに、ご飯を入れてさっと煮込み、塩、粗びきこしょうで味を調える。

仕上げに溶けるチーズを入れて、糸を引いたところをいただく。

   ❤  ❤  ❤

トマトピュレとは、トマトを3倍濃縮したもので、ケチャップみたいな味はついていません。

トマト水煮缶を買うより、栄養があり、酸味が少なく、トマト自身のコクがあるので、トマト煮込みするときなどにも、絶対おすすめ。

カゴメのトマトピュレは、1本につき完熟トマトを7個使用しています。

ということは、この鍋では、トマト14個分のリコピンがとれるのです!!

最後はリゾットにして、鍋だしは一滴も残らないので、丸ごとこの栄養がいただけます。

すごいでしょ?

  ♪    ♪    ♪

香りがいいエクストラ・バージン・オリーブ油、

美味しいバジリコペースト(ソース)があったら、

めいめい取り分けてから、数滴加えてみてください。

香りがプラスされて、華やぎます☆

 ♪    ♪    ♪

合う野菜は、サラダ系の野菜。

ブロッコリーも水菜も冬が旬。

レタスの旬は春ですが、奈良ではこの季節から近隣で作ったものが出回っているのです。

トマト鍋は旬の野菜も、たっぷりいただけます。

写真の野菜の量は、1.5人分ですよ!

美容に、健康に、すっごくいいですよ。

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供が魚をさばけると思いますか?

「子供が魚をさばくなんて、無理!」

多くの大人がそう思うかもしれません。


●技術がないから?

●魚の内臓は気持ち悪いといいそう?

この子供たちのイキイキした顔を見てください。

Photo_12

Kyousitu

Kyousitus2

全員が 「やりたい!」「やらせて~!」

とテンションMaxなんですよ。

信じられますか?

どんな子供でも持つ『生きる力』を見せつけられた感じがしますね。

Kyousitu3

Kyousitu4

Photo_13

Photo_14

□■━━━━━━━━━━━━
■ キッズ・クッキング
(年長〜小学生)
   魚さばきレッスン
━━━━━━━━━━━━━

11月に開催した際に、
反響が大きかった魚さばき!

リクエストをいただき、再度開催します。

魚さばきは、

サンマの筒切りからはじめると簡単です。

サンマの旬は過ぎていますが、
刺身で食べられる鮮度で、急速冷凍された
北海道 厚岸産のサンマを仕入れました。

魚さばきあり、
肉団子作りありの
盛り沢山メニューです。

●メニュー
さんまの煮つけ
みそ汁(昆布といりこのだし)
白菜と肉だんごの煮物
白ご飯

●日時 
1月12日(祝)
10:00~14:00頃

●場所
木村自宅
(JR奈良駅・近鉄奈良駅より徒歩圏内、近隣にコインP6か所あり)

●講習費 
3000円
(お母様も子供たちが作った料理をご試食ください)

●対象年齢 
年長児~小学生

●定員
8名(残席1)

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七草てんぷら粥

春の七草を使った「七草がゆ」

伝統だから毎年作るけれど、家族にこの味がうけなくて・・・・・・


ということはありませんか?

うちは、子供が苦いと言って、苦手です。

 ~ そ・こ・で ~

七草をざく切りにしてかきあげにし、

おかゆにトッピング。

Photo_11

本日のおかゆは、華やかな香りのお吸い物のようなだしで煮ました。

極上の塩をパラパラとかけて。

   ☆       ☆

「おかわり~」のリクエスト。うれしいですね。

揚げたてのかきあげのサクサクと、

おかゆのやわらかさのコントラストを愉しむのもよし、

かきあげをおかゆに浸して、

少しくたっとなったのもまた、

おかゆがまろやかに感じて美味。

このお味、七草がゆが待ち遠しくなりますよ♬


                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌で食べた スープカレー

札幌名物のスープカレー。

揚げた野菜がたっぷり...

      &
肉がゴロゴロ
  &
スープ状のさらさらのカレー

 

Photo_7

Photo_8
  


Photo_9


Photo_10

このボリュームとおいしさ!

札幌にはこんなに沢山のスープカレー屋さんがあって

長くブームなのに、

なぜ全国区にならないのかというくらい。


   ☆    ☆

初めて食べる方は、

その食べ方にちょっと戸惑いを見せるこのカレー。

さて、本式の食べ方の流儀は、次のうちどれでしょう?

1. スタンダードに、ご飯にスープカレーをかける。

2. スープカレーとご飯を交互に食べる。

3. スプーンで軽くご飯をすくい、スープカレーもすくって、一緒に口に運ぶ。

    ↓   ↓

答えは、 2 または 3 なのです。

    ♪   ♪

今回は、有名店のコレを食べました。

《Suage +》
パリパリ知床鶏のカレー
ラベンダーポークの炙り角煮カレー

《奥芝商店》
やわらかチキンと特選野菜のかり〜
えびスープ
冬季限定かきスープ
※チキンレッグが、丸ごと一本

   ☆  ☆

スープカレーは、ラーメンと同様、

スープの好みがかなり分かれるのですよ。

私は辛みの中に、奥行きのあるコクが欲しいです。

Suage +の、インカのめざめの素揚げも美味しかったぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷のシャボン玉

シャボン玉が凍る現象!

見たことありますか?

Photo_5

写真は、

雪の上のシャボン玉が、じわじわ凍る!

それを指でシャリシャリ割る様子。

パチンと弾けない、不思議なシャボン玉に、

子供は大興奮!

それ以上に、大人も心躍ります♪

   

Photo_6

もう一つのパターンは、

空気中にただよいながら、凍ってしまい、

雪の地面についた瞬間、

パリンと砕けるもの。

これもすごかったな。
(写真は難しくて撮れず。。)

  ☆    ☆

氷点下10℃よりもっと寒い世界では、

凍ったシャボン玉に、
きれいな結晶まで見えるらしい。

シャボン玉が、

空中で凍る現象は、とにかく寒くないとできません。

      ☆

そこで、札幌滞在中、

家族四人で、

寒い時間を狙ったまだ薄暗い朝6時台から、挑戦すること3日。

よい写真が撮れました!

子供たちが、生活の科学を
身近に感じて欲しいですね ^ - ^

みなさ〜ん、
スキー場に行くときには、シャボン玉をお忘れなく!

                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  「料理は科学で、もっとおいしくなる!」

  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »