« 想像力を創造力へ。形にするサポート | トップページ | 黒いちじくの甘味にビックリ »

キッズ・サイエンス・クッキング「本物のイクラ?人工のイクラ!?」のご案内

キッズ・サイエンス・クッキング

子供のための

 料理 × 科学 レッスン

00000001_r15_c3

さて、11月の小学生対象の「サイエンス・クッキング」は、

テーマ 
本物のイクラ?人工のイクラ!? 

Sy_119

 

毎年10月末~11月初旬しかできない、期間限定のプログラム。

 

 

秋の味覚のひとつ、イクラ。

鮭のお腹を開いたら出てくる卵の「筋子」を使って、イクラは作られます。

 

ということは、お腹に卵がある時期しかできなくて、限定なのです。

 

 

 

●日時 

 

113日(祝)13:0016:30 満席になりました

 

118日(土)13:0016:30頃 (残席1

 

その他、10月の日曜の日程のご相談に応じます。

 

●場所  奈良市の自宅

 (JR奈良駅、近鉄新大宮駅から徒歩圏内)

 

●講習費 4000

 

●対象年齢 小学校16年生

 

●定員 8

 

<レッスンの目玉 その1>

 

 

天然の鮭の筋子から、イクラ作りをしてみよう!

 

子供たちはイクラは知っているけど、これが作れるの?と大興奮。

この日作ったイクラは、お持ち帰りで、夜ご飯に家族で食べてみてね。

 

Photo_3


Photo_4

 

 

 ☆  ☆

 

こんな経験ありませんか?

単価の安いレストランや居酒屋で、メニューを頼んだら、そこにイクラが散らしてあった。

イクラだ~!と喜んで食べていても・・・・・・

もしかしたら、そうではないかも!?


業務用でしか手に入りませんが、

人工(人造)イクラ というものが、存在するのです。

私が20年前バイトしたお店では、イタリア風魚介サラダの上に、そのイクラを散らして提供していました。

客側が気づかない場合が多いかもしれませんね。

イクラの目玉もきちんとありますから。

うまくできていて感心します。

 

 

 

 ☆  ☆

 

<レッスンの目玉 その2>

 

 

天然イクラ VS 人造イクラ

 

食べ比べて、その違いがわかりますか?

子供に、3種類軍艦を作ってもらいます。

 

どれが本物?

 

Photo_5

   Photo_6

⇒ちなみに、昨年、お母さんにも味見していただきましたが、わからない~という声が続出。

 

 ☆  ☆

 

人工イクラと聞いて、

ひゃぁ~、そんなものがあるの??

と驚かれた、お母さま方。

もっと驚いてください。

 

 

今、レストラン業界で最先端の料理って、

どんな料理だと思いますか?

 

 

科学から生まれる新しい料理です。

実験のような工程で、今までの料理とは違う食感や香りで、素材のうまさを楽しませる料理。

こういった料理を出すお店が、

どんどんミシュランの星をとっていっています。

たとえば、

東京の タパス・モラキュラーバー

 

も有名ですね。

 

今回は、なんと!最先端のレストランで使われている人工イクラのテクニックを、

子供たちに実験として、やってもらいます!

 

 

 

  ☆  ☆

 

 

<レッスンの目玉 その3>

 

 

人工イクラの手法で、ジュースをぷちぷちに固めちゃおう!

 

ジュースをアルギン酸ナトリウム、乳酸カルシウムで、イクラ風に固めます。

 

Photo_7

 

もちろん、レストランで出されていますから、

食べられますよ

 

 

バニラアイスにかけて、召し上がってもらいます。

Photo_8

 

 

体験によって、科学のおもしろさを知り、

 

科学と食への興味の扉を開いていただくのが目的です。

 

 

 

この3つを組み合わせるというレッスンは、

 

 

他では見たことありません。

昨年も大好評☆

   ⇒コチラ

この春はグランフロントで、このプログラムをちょっと変えたレッスンを開催して、

これも参加者の方にもイベント会社の方にも、おもしろかった~♬と言っていただけました。

  ⇒コチラ


この1ヶ月間しかできないのが惜しいくらい。


こどもたちの、スゴイ!という驚きと発見の笑顔と出逢えるのを、楽しみにしています!

      

●お申し込み方法

HPのお問い合わせフォームより

下記を明記してご連絡ください。

①お母様のお名前

②お子様のお名前(ふりがな)

③お子様の学年

④メールアドレス

⑤電話番号

                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« 想像力を創造力へ。形にするサポート | トップページ | 黒いちじくの甘味にビックリ »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッズ・サイエンス・クッキング「本物のイクラ?人工のイクラ!?」のご案内:

« 想像力を創造力へ。形にするサポート | トップページ | 黒いちじくの甘味にビックリ »