« 土と野菜に子供と触れること | トップページ | 稲刈りまでもう少し »

「ごぼうのささがき」から思うこと

本日は、11月の小学生のキッズ・クッキングの試作

『煎り卯の花』 です。

2

小学生にはあまりなじみのない料理かもしれませんが、

だからこそ、この一品を 入れることにしました。

   

     

この料理には、

ごぼうをささがきにする 工程が入ります。


普段の包丁使いでは、左手はしっかり押さえてが基本ですが、

左手でごぼうを回転させながら、右手で切るので、

ちょっと高度な技


そういうのが、脳にいい刺激になります。

     
      
     
ヨコミネ式の運動を幼稚園の体操教室で全国に広めている

指導者の幼ななじみが教えてくれました。

      ♪

見本となる動作を見て、説明を聞いて、

それをすぐに自分の体を使って「体現」できるか


(体現=体で表現するという意味で)

その能力が、大事と。

スポーツで伸びるかどうかの要素の一つといっていました。

      

料理の世界は、

師匠の真似をして、

同じことができるようになる
 ことが求められます。


「技を盗む」 ということ。



このスキルは、社会人になって、必要だと感じるものではないでしょうか。

小さいころからの、日々の生活の中に、その要素ってあるんですね。



               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

|

« 土と野菜に子供と触れること | トップページ | 稲刈りまでもう少し »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ごぼうのささがき」から思うこと:

« 土と野菜に子供と触れること | トップページ | 稲刈りまでもう少し »