« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

9/24奈良新聞・朝刊に掲載~キッズ・サイエンス・クッキング

2013.9.23に実施した

キッズ・サイエンス・クッキング

『ミルクが固まる不思議!?』 が、

奈良新聞の取材を受け、

本日朝刊 第2社会面に掲載されました。

20140924_2


ウェブ版は コチラをクリック


      

開催場所となった、スペースマイン(大和郡山の工務店)の

会長 矢島さんが、

すべての女性に輝いて欲しいという想いを込めて、

『美住人』(びすと)

という発信基地を立ち上げてくださいました。

キッズ・サイエンス・クッキングや、

大人のためのサイエンス・クッキングは、

美住人からも発信していきます。

    

スペースマインの

広々としていて、一面の窓から光が注ぐ、

素敵なキッチンとダイニングを舞台に、

レッスンが開催できるのはすごくうれしいです。

                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末就園児(2~3歳)の幼児料理教室・2014年9月実施分のご案内

キッズ・クッキング(子供料理教室)

未就園児クラス

対象:2歳3ヶ月~幼稚園年中(4歳児)入園前のお子さま

9月25日開催分を、募集いたします。

なかなかブログにご案内・開催報告をあげることができないのですが、

開催しております!

□■━━━━━━━━━━━━
■ 未就園児のクッキング
━━━━━━━━━━━━━━


末就園児クラスでも、

お母さんは一切手伝わずに、

温かく見守るのみ

幼稚園に行く前の子供たちが、こんなことできるの?

と我が子を見ながら、ママが驚いてしまうくらい、「やりたい!」「やらせて~」。

子供たちが、イキイキと料理に取り組む姿に感動します♡

必ず昆布とかつお節でだしをとり、和のお惣菜を作る本格的料理を、

はさみでできる方法で、指導します。

   *…*…*…*


●9月のメニュー

・枝豆とじゃこのごはん

 (9月後半は枝豆では厳しくなってきたので、さつまいもに変更の可能性あり)

・オクラのお吸い物

・手作りもやしのごまあえ

 (もやしって、手作りできるんです)

・みたらしだんご

Photo_2

 こねる、丸める、すくうというのは、五指をよく使う作業です。
 

  この時期は特に、脳への刺激になるといわれています。

Photo_3


ごまを煎ったとき、すり鉢ですったとき、

   どんな風に香りが変わるかな?

      
  

●日程

9月25日(木曜)10:00~13:30 


 (上のお子さんのお迎えなどで早めに終了をご希望される方はご相談下さい)

●場所

木村自宅(JR奈良駅から徒歩6分、近鉄奈良駅から徒歩10分)


●講習費

3000円


●定員

6名


☆お母さんもお子さんが作ったお料理を一緒にいただきます


   

お申し込み・詳細お問い合わせ

HPのお問い合わせフォームよりお願いします



末就園児クッキングは、とにかくカワイイ!

そして、まさかこんなにこの子たちにできるとは!?

と最も驚かされるレッスンです。

我が子の秘めた力を、ママたちにこの時期にぜひ見て欲しいな~という気持ちもあります。

感動ですよ~



                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理のサイエンス・コラム vol.5

料理のサイエンス・コラム vol.5

あなたの料理は、科学でもっとおいしくなる!

科学と料理のおいしい関係

「調理科学」は私の専門分野。

本を書いたり、料理教室、学校での指導をしています。

ブログでは、身近な料理で役立つサイエンスをご紹介します。

【うどんやそうめんをゆでるときの、「差し水」とは?】


夏の間、そうめんでちゃちゃっとお昼ご飯~ という日はありませんでしたか。

うちは、いただきもののそうめんがたくさんあって、必死になって食べていました~。

Photo

ところで、みなさん、そうめんをゆでるときに 

  「差し水」をしますか?




「差し水」とは、ゆでていて、湯がふきこぼれそうになったときに、

おたま1杯くらいの水を入れて、沸騰を抑えることをいいます。



そうめんだけでなく、乾麺のうどんでも、パッケージに書かれているゆで方に、

「差し水」と書かれているものを目にすることがあります。



古くから、こうするとおいしくゆでられると伝えられてきた方法だし、


正直言って効果のほどはわからないけれど、

とりあえず差し水しておこうと、そうしている人も多いのでは?


・‥…─*・‥…─*・‥…─*


☆科学的にいえば・・・・・・


①そうめんに「差し水」は必要ありません。


ふきこぼれそうになったら、火を弱めればOK。




②乾麺の太いうどんで、ゆで時間が長ければ

  「差し水」は必要です。



・‥…─*・‥…─*・‥…─*

☆それはなぜ?


差し水は、湯の温度を下げるために行います。


麺は、熱伝導で、表面から中心部へと、熱が伝わり、

同時に水がデンプンに吸収されて、火が通っていきます。



うどんのように、麺が太いほど、ゆでている間に、

表面は十分やわらかくなっているのに、中はまだかたい

といった、火通りの差が、生じます。



このままゆでていくと、中心に火が通るころには、

表面はやわらかくなり過ぎてしまうということが起こります。


        

そこで、差し水で湯の温度を下げると、


表面に火が通るのをいったん抑えつつ、


中心部にはその間にも熱伝導で熱がしっかり伝わっていくので、


表面と中心の火通りの差が小さくゆであがるのです。


一方、そうめんは、極細なので、この差はそれほど出ません。

だから、一気にゆであげてしまいます。



                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング「ミルクが固まる不思議!?」8.19のレポート&次回ご案内

料理は科学!

料理には、たくさんの化学変化がひそんでいます。


料理を作る工程で、「食材のこの変化ってなぜ?」

が必ずあります。

その変化を「実験」にして切り取り、

どうしてそうなったかを、子供たちと考えていく・・・・・・

子供のための

  料理×科学のレッスン

キッズ・サイエンス・クッキング

「ミルクが固まる不思議 !?」 

2014.8.19の夏休みに初回を実施しました。

Photo_4

ミルクが固まってチーズができる。

いったいミルクの何が、どうして固まっているの?


それを探ってみましょう。

Photo_5

       

・ミルクを加熱してできる膜の正体は?


・もっと固めるにはどうしたらいい?


・ミルクとレモンでカッテージチーズ作り。それを使ってパフェを作ろう(試食)


・あ~ら不思議「勝手に2層に分かれる!?ぶどうゼリー」(試食)


・チーズって、どうやって作られるの?

      
レンネットを使ったクリームチーズ作り(試食)

     

ミルクの中のタンパク質が固まって、チーズができているのですが、

何が固まるのか

どうやったら固まるのか

ということを明らかにしていきます。

  Photo_8

Photo_7

 ↑ ミルクの変化を発見。
   
   原因をみんなで探っていきます。

Photo_6

パフェ作りは、ルンルンです。

Photo_10

Photo_12

3

Photo_9


日々の暮らしの中で、

ホットミルクの上に、なんで膜ができるんだろう?

という素朴な疑問ってたくさんあると思うのです。

それが 台所のサイエンス 。

料理を通して見た 科学 って、こんなにもおもしろいんです!


     

次回のご案内です。

●対象

小学生


●日時

9月23日(祝日)13:00-15:30


●場所

スペースマイン 四季の家 (モデルルーム)

〒639-1028 奈良県大和郡山市田中町834-1

http://spacemine.co.jp/showroom/shiki.html

郡山アピタから徒歩5分です。



●講習費
3500円

●お申込み方法

HPのお問い合わせより

メールに下記を書き添えて、お申し込みください。

①保護者の方のお名前

②お子様のお名前(ふりがな)、学年

③メールアドレス

④携帯電話番号

 
                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良新聞社『ならリビング』で、キッズ・サイエンス・クッキングの特集が組まれました

本日、 奈良県の朝日・毎日・読売・産経新聞の朝刊に折込みされている

『ならリビング』 (奈良新聞社発行)に、

私の事業のひとつ
「キッズ・サイエンス・クッキング」

の紹介記事が掲載されています。.

95



現代の子供たちに、「台所のサイエンス」で、

   食育と科学を! 




社会貢献もできる事業として、大事に育てていきます☆





                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のためのサイエンス・クッキング「ホワイトソース」レッスンのご案内


7月に開催して、ご好評いただいている

大人のための『サイエンス・クッキング』


【なぜこのような作り方をするのか?

その理由と根拠を知れば、あなたの料理はもっとおいしくなる】

Cookingsciencesubtitle02

大人のためのサイエンス・クッキングとは?

    →コチラ もご覧ください

本のレシピの通りに作ったのに、

スポンジケーキがふくらまない、
煮物の味がぼやけている、
パスタがおいしくできない etc.

仕上がりの味に満足できなく、また別のレシピで挑戦するという繰り返し。

そんな遠回りを続けていませんか?


感覚だけに頼って作ることから一度脱して、コツを知り、

なぜこのように作るのかという理論を踏まえて作ってみませんか。


このレッスンでは、定番料理やお菓子をテーマに、

基本の作り方とポイントを、実演や実習で指導するとともに、

作り方の理論を、科学的な根拠をもってわかりやすくお伝えしています。



理にかなった作り方をすれば、おいしさが格段とアップすることを感じてください。



今回のテーマは
↓↓
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「ホワイトソース」

このポイントで、レストランの味に変身

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Photo_3

バターと小麦粉を炒めたルーに、

牛乳を加えたものがホワイトソース。


これをベースに、グラタン、ドリア、シチュー、クリームコロッケなど、料理が広がります。



手作りしたこと、ありますか


きちんと作れたら、市販のパック詰めのホワイトソースはもう口にできないほど、

とにかく絶品です



この「きちんと作れたら」がポイント。

そのコツが書いてある料理本は、ほとんど見たことありません。



実は、文字や写真で表現がしにくいのです。

料理の本の編集に携わっていた20代、こういうことが歯がゆかった! 

本では、伝えられないコツが、何と多いことか!


・‥…─*・‥…─*・‥…─*


写真「2つのルー」をご覧ください。

Photo


上:ふつうに本のレシピを見て作った場合

下:プロのコツを実践して作った場合


     

下の写真のルーは、見るからに、なめらかで、つややかでしょう♡

ここに牛乳を入れてホワイトソースを作ると、味が全然違う。


ふつうに作ると、こんなに粉っぽかったの??

比較によって、気づく、本物のおいしさ!

     


プロのコツって、特別な技術ではないのです。

火入れの「タイミングを見極める」だけ。

このレッスンでは、それを伝授します。

     



「今日のグラタン、めっちゃおいしい!!いつもと違う!」


同じ手間をかけるんだったら、家族にそういわれたいですよね。


(あっ、ちなみに、電子レンジで作るホワイトソースとは、味が天と地の差です。本物の味を知ったら、とりこになります。)

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

「作り方によって、こんなに味が変わる」ということを、

  まずは、比較実験を通して、体感してください。

なぜ、こんなにも違うのか?そのおいしさの秘密は何か?

コツを伝授し、おうちでプロの味が実践できるように解説します。

そして、できたホワイトソース + α で、

ランチメニューを作ります。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

●メニュー

シーフード・マカロニ グラタン

パンツァネッラ 塩レモン風味 
  (バゲットを使った、さわやかなサラダ)

水切りヨーグルトでティラミス風

パン

シャンパン風ノンアルコールドリンク

Photo_4

今、流行している、「塩レモン」「水切りヨーグルト」が登場!

 この2つを、自宅で簡単に作る方法も伝授。

 そして、さわやかで、おしゃれな一品を作ります。、

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

●日程

9月9日(火)10:00~12:30終了予定

13時までは自由参加のお茶タイム・質問コーナー


●開催場所

スペースマイン・「四季の家」

奈良県大和郡山市田中町834-1
tel 0743-58-2801

地図 http://spacemine.co.jp/showroom/shiki.html

大和郡山のアピタからすぐ、駐車場有。

●講習費

3500円


●お申込み先

HPのお問い合わせフォームよりお願いします



7月の「生クリーム大解剖」のレッスンの様子をのぞいてみてください

   →vol.1

      →vol.2


          

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子
                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »