« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

奈良新聞社『ならリビング』に掲載されました vol.2

vol.1 では、

2014.7.18 発行 奈良新聞社『ならリビング』 

輝く女性の私イズム

という特集で掲載していただいたことを紹介いたしました。

   (→詳細は、コチラ です)


       

そして、今回は、

ならリビング主催 夏休み特別教室として、

キッズ・サイエンス・クッキングを、

夏休みに開催していただけることになりました。

Photo_4


各地で開催してご好評いただいている

 

ブルーベリーのホットケーキのふしぎ


をテーマにしたレッスンです。



      

『ならリビング』は、私が20年以上も前に、

奈良に住み始めたときから、購読していたので、

このように紙面をさいて特集を組んでいただけたことがうれしいです。



私の活動に興味を持ってくださった、記者の方にはお世話になり、

人に支えていただいていることに感謝です。






    
                               

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良新聞社『ならリビング』に掲載されました vol.1

本日、 奈良県の朝日・毎日・読売・産経新聞の朝刊に折込みされている

奈良新聞社 の 『ならリビング』

2014.7.18 発行 (第1796号) に掲載していただきました。

Photo_2

「私が、今の仕事に至る経緯」 

「どんな想いでこの仕事をしているのか」 に


クローズアップしていただけたことが、

とてもうれしかったです。

     

新聞という媒体は、雑誌とは違い、


読者層が絞られず、


多くの人に私の活動を知っていただけるきっかけになったというのも、


嬉しい限りです。

      

2時間の取材の中では、話が多方面に及んで、

まとめるとなると、ものすごい情報量を、目の前にすることになると思うのです。

それを、とてもわかりやすく、簡潔に、美しい文章で綴ってくださって、

新聞記者さんのさすがの文章力に感動しました。

      

そして、もう一つ記事を載せていただきました。

    ⇒ 次へつづく

  




    
                              
 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『実験で体感!ジュースの糖分ってこんなに!?』 神戸開催

先の記事(→コチラ)でご紹介した

『実験で体感!ジュースの糖分ってこんなに!?』


神戸では、HDC神戸にて、

  

Iphone_015
  

7月5日(土)にご開催いただきました。

 

   

Photo


「ペットボトル1本に、

こんなに糖分が含まれていたなんて~!」


と会場がどよめきました!!



子供はもちろんのこと、

ママ&パパ が愕然~~

どれだけ糖分が入っているのかは、

調べれば数値上わかるのですが、

その驚きだけでは弱いんです。


「実験」 という、目の前にある事実!


    
この体感が、印象深く記憶に残るのです。



    


ご受講者さまのアンケートより


 とても丁寧でわかりやすかったです。子供にも目に見える方法で、砂糖の摂りすぎを教えていただけてうれしかったです。(40代女性)


 実験をまじえて、わかりやすかったです。ありがとうございました。(40代女性)


 ジュースの中に、こんなに砂糖が入っていると思わなかった。わかりやすくてよかった。(40代女性)


 子供がジュースにどれだけ砂糖が入っているかわかって、とても満足。(40代女性)


 1時間興味深く聞くことができました。子供にもわかりやすい話し方だった。(30代女性)

Iphone_013


     

私が伝えたいことは、

ジュースは糖分が多いから飲んではダメ!

ということでは決してないのです。



このセミナーにかかわらず、

私が食育セミナーで気を付けていることは、

「あれダメ、これダメ」で、セミナーを終わらせない ことです。


もし、ジュースは糖分が多いから、今日からやめましょうといってしまうと、

「食の愉しみ=人生の愉しみ」 が、薄れてしまうと思いませんか?


それは私がしたい食育ではないんです。

 

伝えたいのは、

『セルフコントロール』




習い事の帰り、友達同士ででかける、

そこで自動販売機で自分たちで飲み物を買う

というシチュエーションは、子供が成長すればふつうに出てきます。



いつまでも、親が買い与えたものだけを食べているわけでなく、

自分で選択するようになる幅が広がる。



そのときに「選ぶ目」を持ってほしいんです



のどが渇いて、のどをうるおしたいときは、

ジュースがぶのみでなくて、

「お茶でいいかな」 と使い分けできる。


何を食べるかで、自分のからだ・体調は変わる


自分のからだと向き合い、自分を大切にする

それに、意識を傾けられるようになることを願って。


     

今回は、新聞、フリーペーパーなどの媒体で、広告を打ってくれていたそうです。

すごくうれしかったこと

  ↓

4月に大阪のグランフロントで開催した

キッズ・サイエンス・クッキング(→詳しくは コチラ )

にご参加くださった、親子さんが、

今回のイベントも、広告で見つけてくれて、ご参加くださったのです。

以前は、熱心に2時間のイベント×2回 を受けてくださっていて、うれしかったので、印象に残っていた方だったのですが、

とてもうれしい再会でした。

また、どこかで会えるといいな~☆

Photo_4


  ↑広告です

※かなりの余談

ちなみに、今小学生のお子さんを持つ世代の方だったらわかるかも?

NHK教育番組のクッキングで活躍していた「まいんちゃん」が、同じセミナールームで、翌日にトークショーされました。(まいんちゃん、成長してる~!)

そして、えいごであそぼ!の「エリックさん」は翌週。

会いたかった気もするゥ~


          

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子セミナー『実験で体感!ジュースの糖分ってこんなに!?』

大阪の私立小学校のPTA講演会、

神戸でのイベントなどでも、ご好評いただいたセミナーを

この夏、奈良で開催いたします。

□■━━━━━━━━
夏の親子セミナー...

『実験で体感!』

【ジュースの糖分ってこんなに!?】

━━━━━━━━━

A0001_011402



「子供がジュースを飲みたい、飲みたいって困るんです」

「だって、すごい糖分で、体によくないでしょ?」

   

Nayami



というお母さんたちの声におこたえします。


私も小学生の母ですから、わかる、わかる~。


そこで、 この実験を体感すれば、子供の意識が変わる!

という、実験セミナーを開催します。




いや、子供どころか、

こんなに糖分が多いものを与えていたのかと、親のほうがびっくりかもしれません。




※    ※     ※


●《ジュースに糖分がどれだけ含まれているか、見たことある?》

その事実に、親子で愕然~



●《実験で体感!:自家製サイダーを作ってみよう。》

「うっそ~!こんなに砂糖を入れないと、あの甘さが出ないなんて~」



●《ジュースを飲み過ぎるとダメと言われるのは、なぜ?》

太るだけではないの??「だるい~」「面倒くさい~」「やる気がしない~」の危険信号。 

うちの子は大丈夫?



●《100%ジュースだったらいいの?》 

うちは野菜ジュースを飲ませています、とはいうけれど……。

    

Illust1445_thumb




      

「ジュースの飲み過ぎは、糖分が多いからダメ」

というだけで、はたして子供は納得するでしょうか?



『それはなぜ?』が、腑に落ちてはじめて、子供の行動は変わるのです。



「太るから」「体を悪くするから」といっても、子供にとっては遠い未来の話で、他人ごと。



では、今、子供たちが頑張っている、勉強やスポーツの成果が思うように出なくなるとしたら・・・!?


Amaimono Sakaiku3


 子供たちに、「自分のからだに向き合って生きる」とはどういうことかを伝えたい。

氾濫する食の中から、きちんと選べる目を養って欲しい。



「食」が、「心」と「からだ」に与える影響について、親子で一緒に考える時間にしたいですね。


お母さまには、さらに踏み込んだ内容をお話しします。



お子さんの情緒と健康を、かしこい「食の選択」で、うまくサポートしていきましょう。



□■━━━━━━━━━
■ 日程のご案内
━━━━━━━━━━━

☆2会場で開催



8/21(木)10:00-11:30

「Women's Future Center(ウィメンズフューチャーセンター)」

奈良市三条本町3-9アモールビル1階
(以前、サニーベイビーズがあった場所)

JR奈良駅より徒歩数分。
駐車場はないので、お近くのコインパーキングをご利用ください。

http://wfc-wa.com/about/access




8/26(火)10:00-11:30

「ロビンフッド」

奈良市八条町398-1 大吉建設内(モデルハウス)
駐車場完備
国道24号線柏木町交差点(ヤマダ電機、ドンキホーテのある交差点)を東に曲がってすぐ。消防署の向い。

http://www.daiyoshikensetsu.com/aboutus/company.html



  ***  ***

☆講習費

親+子供(1人)→2500円
親+子供(2人以上)→3000円

※お子さんの対象は、幼稚園三歳児以上
※大人の方のみでご参加いいただいても結構です(2000円)


□■━━━━━━━━━
■ お申し込み方法
━━━━━━━━━━━

メール

info@manyoria.com


宛てにお申し込みください。


お申し込みの際には、

①お母様のお名前
②お子様のお名前(ふりがな)、学年
③メールアドレス
④電話番号 (③④については緊急でも連絡がとれる媒体で)

をご記入ください。



          

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「米作りの会2014」今年も田植えをしました!

奈良市 帯解 で田んぼ一反を個人で借りて、

4年目の 田植え&稲刈りイベント

Photo_15



     

奈良市の萩原農園さんのご協力のおかげと、

「一緒にやりた~い」とご賛同くださった55名のみなさまの支えがあって、

今年も楽しく田植えをすることができました。

心より感謝いたします。

Photo_18

田んぼの泥にぬ~っと足を沈める、あの感覚!

大地からのエネルギーを感じます。

最初は、大人でも初めての経験という方ばかりです。

泥に入った瞬間は、まるで子供みたいに、心が浮き立つ感じがします。



何年も一緒にやってくれている子供たちは、毎年成長して、しっかりと植えられるようになっていて、それもまた感激。

Photo_17

『何ともいえない、この一体感』

大人も子供も、お友達も初めてご縁があった方も、み~んなで心がひとつになるあの感覚。


私は、それがうれしくて、うれしくて。


なんて楽しいんだろう、幸せだな~と思います。

     


はじめは、我が子に食育体験させたくて、

田んぼを借りることを決意しましたが、


今、こうして続けている理由は、そればかりではありません。



大人である私が、田んぼ・自然から教えられたことがあまりに多いから。

萩原農園さんとの出会いで、農業と私の距離がぐっと縮まって、生き方・考え方に大きな影響を与えてくださったから。


そして、田んぼがご縁で、仲良くなれたご家族がたくさんいるから。

人と人のつながりに温かさを感じ、自分はみなさんに支えられていることに感謝できるから。



子供も毎年、家族行事として楽しみにしてくれるようになりました。


稲の生長を見て、季節を感じるようにもなりました。


今年も、おいしいお米を食べられることに、感謝♡







          

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レッスンに子連れでご参加、歓迎します♡

【レッスンに子連れで参加OKですか?】

        ↓

ご心配なく、大丈夫ですよ。

お待ちしています♪


赤ちゃんを抱っこしたままでも大丈夫ですし、

寝てしまったら、リビングから続きのたたみの部屋に寝かせてあげてください。

    

『サイエンス・クッキング』

にまだ小さいお子さんを連れてきてくれた、しのりんさん。

Photo

小さい子がいて手がかかるから、

子供に気持ちがいってしまって、

講座に集中して楽しむことができるだろうか・・・

と直前まで迷われていたそうです。

     

うちも子供がまだそんな感じだから、うんうん、その状況わかります。

     

大人のための「サイエンス・クッキング」は、

いわゆるクッキングスクールのように、

さぁ、みんなで分担してお料理するぞ!!というほど、

はっきりいって 気張って調理しません。

比較実験や料理で、

「○○さん、これやって~、あれやって~」と、

ご受講者の方にどんどん作っていただくのですが、

「みんな、ここで状態変化したよ~、注目~」といって、

手を止めて変化を見てもらう工程も多かったり、

普通にイメージするような、料理教室ではないかも!?

     

しのりんさんから

「受講できてよかった!楽しかった♪」

そして、
「興味の分野が同じ方との出会いやご縁が広がると楽しみも増えます!」

とのお言葉を頂戴しました。

そうなのです!

今回は、おひとりでご参加してくださった方も多かったのですが、、

みんなが仲良くなれたのも、すごくよかったな~。

私もみなさんと和気あいあい、とにかく楽しいんです。

みなさん、ありがとうございました☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のためのサイエンス・クッキング「生クリーム」開催しました vol.2

vol.1のつづきです


おまけの一品は、

5分でできる 前菜 です。

Photo_14



食卓に、お料理がずら~っと並びました!

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

メニュー

●前菜~魚介のガーリックマリネ

●鶏のクリーム煮

●生クリーム5種の泡立て比べ

  ⇒自家製のトマト・シフォンケーキにつけていただきます。


●天然酵母バゲット

●手作りバター

・‥…─*・‥…─*・‥…─*

10

11



生クリームの種類違い、メーカー違いの食べ比べ

「こんなに違うなんて~」

「○○のメーカーのはミルキー感がすごくおいしい」

「わたしも~、次からは絶対これしか買いたくない」

「でも、△△のメーカーも好き~」

⇒使い分けの提案もします

 

     

これはとにかく盛り上がりました!

身を乗り出して、次々と試食~

なかなかこういう機会って、ないですからね☆


     

「今まで買っていた○○って、比べたらこんな味だったの~

これを生クリームの味だと思っていた~」

「値段だけでは、わからないね~」

   というご感想も


一同、うんうん!そうだよね!

12_2

13


和やかでわきあいあいとして、

私もすっごく楽しかったです♪

みなさんのおかげで、いい時間を過ごすことができました。


     


知らなかったことが「あっ、そうだったんだ!」とわかるって、

大人も、すごーくワクワクしますよね。


     


次回は 9月9日(火曜) 10:00-12:30

スペースマイン 四季の家 にて

『ホワイトソースって、こんなにおいしく作れるの!?』 です。


おたのしみに~




          

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のためのサイエンス・クッキング「生クリーム」開催しました vol.1

大人のための「サイエンス・クッキング」


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

生クリームを、賢く使いこなそう!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第一回目を開催しました。


    →サイエンス・クッキングのご紹介ページは
      コチラ   と   コチラ




スーパーに陳列されている、

何種類もの生クリーム。

「その違い、わかりますか?」

Photo

12

Photo_3

何種類もの生クリームを、泡立て実験します

Photo_4



加熱実験から見えてくることもあります。

「なぜ、そうなるのか」

その理由が、おもしろい!

Photo_13

みんなでお料理するのは、大好き



生クリームを使った 「鶏のクリーム煮」 

おうちではなかなか作らないでしょうか?

実は、すごく簡単にできちゃうんです。


     


この料理は、生クリームの種類とその特性を知らなければ、

本当においしくできません。



ご受講いただいたみなさんは、もうそれがわかっている


先にご紹介した実験、説明に、そのこたえがあるのです。

Photo_6


おいしい料理のレシピを習うだけではないのが、この教室の特徴。

どうやって作ったらおいしくなるか、

そのポイントがわかれば、


おうちで作ったときにも、絶対うまくできます☆

Photo_7

「なるほど、だから、こうするのね

Photo_9

Photo_11

              ↑ おいしそう~、このシズル感~

                                vol.2ヘつづく


          

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。


  食育(子供料理教室・講演)・調理科学・フードコーディネート

    

    Manyoria int'l (マニョリア)
     木村 万紀子

 
  HP www.manyoria.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »