« 大阪グランフロントにて~キッズ・サイエンス・クッキング開催しました | トップページ | 末就園児(2~3歳)の幼児料理教室・2014年度5月開講分のご案内 »

柏餅は手作りで

子供の日の柏餅

Photo


節句の行事食は、必ず作るようにしていますが、

子供の日は、GW 真っ只中。


家族のおでかけが多いので、

毎年、おでかけから帰ってきてから作ることに。


母は、子供のためだったら、頑張れる~



毎年作っていると、要領がわかるので、

さくっと作れるようになります。

      


我が家のレシピは、

米粉(上新粉)オンリーではなく


白玉粉を加えて、つるっとさせる
のがポイント。




レシピは、以前ご紹介した記事を、よかったらご参考ください。

   →コチラをクリック



      

おうちで作るよさは、

文化の伝承という意味でも大切ですが、


できたての餅は、なんといっても おいしいのです~



餅は、お米のデンプンが、α化してあの粘りが出ます。

炊き立てのご飯はおいしいですよね。

それがα化です。



ご飯は数時間もして冷め切ってしまうと、β化して、パサついてきます。

想像できますよね。


餅も同じです。



だから、できたては、もちもちしていて、おいしいのです。



蒸して、10~20分粗熱を取って、ちょうど冷めたときが、ベスト!



でも、家族は、蒸したお餅の香りに、もう 待ちきれなくて、

フライングして、1個はアツアツを頬張っていました

         うふふ



      


私のレシピでは、トレハロースを入れていますが、

これは一般向けの材料ではないですよね。



上白糖に変えて作ってみてください。



なぜ、トレハロースを使っているのか。


そ・れ・は、


デンプンのβ化を抑えることができるので、

時間が経っても、かたくなりにくいのです。



トレハロースは、柏餅の柏の葉と一緒に、製菓材料店で売られています。




      



5/5という機会を逃してしまった方、

今からでも遅くない!? 


一年に一度ですから、ぜひ ご家庭の味を楽しんでみてください





           


最後まで、ご覧いただき、どうもありがとうございます☆

  食育(子供料理教室)・調理サイエンス・フードコーディネート

    Manyoria int'l (マニョリア)

     木村 万紀子



|

« 大阪グランフロントにて~キッズ・サイエンス・クッキング開催しました | トップページ | 末就園児(2~3歳)の幼児料理教室・2014年度5月開講分のご案内 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柏餅は手作りで:

« 大阪グランフロントにて~キッズ・サイエンス・クッキング開催しました | トップページ | 末就園児(2~3歳)の幼児料理教室・2014年度5月開講分のご案内 »