« 内田悟氏の「やさい塾」にて | トップページ | 「奈良しみんだより」5月号にレシピ掲載 »

奈良・前田農園のトマト

 ・・・・前回のつづき
「トマトの旬は、夏と思うでしょ? 
 
 いや、3月なんだよね~」
の続編です。

 
     

Dsc_1091

築地御厨(みくりや)


内田悟氏 によると・・・


 
トマトの原産は、南米アンデス。

雨が少なく、乾燥していて、朝晩の寒暖差が大きく、荒地で、原種は育っています。

そのため、気温20℃、湿度75%を超えると育ちにくくなる。



日本の夏は、トマトにとっては、

ジメジメして暑過ぎて、適さない環境


というわけなのです。



つまりは、

収穫量が多いという点では夏が旬といえるけれど

おいしさでいう旬は、実は、春


そういうことですね。

その話を聞いて、ハッとしたことが・・・・・・。

 
 
奈良市4Hクラブのトマト農家
前田さんと、

12月にお話ししていたときに、

親子の食育イベントとして、

「トマトセミナー」をやりましょうと盛り上がりました。



そのときに、何月にしますか?とお尋ねしたら、

「3月がいいですね。トマトめっちゃおいしいですよ」

とおっしゃったので



私は、「え~~っ!さ、さんがつ??

それは、難しいなぁ。

トマトの旬は夏ですよね?

食育セミナーなだけに、旬のものを食べようという流れがあるから、

旬に実施がいいと思うんです。」

なんて言ってしまったのです。


 
でも、6月や7月になると、

トマトが毎日できまくって、収穫が追い付かないほどで、

その頃はセミナーするどころではないとおっしゃって。


ということで、話が宙ぶらりんでした。

 
そこで、そういうことだったのか、

前田さんごめんなさい!と思って、

すぐに、前田さんにアポとって、

トマト農家に見学に行かせてもらいました。

Photo


3月のトマト、めっちゃおいしかったです!


果肉がしっかりしていて、甘味とコクがあって!


本当にびっくりしました!
実は、私は、

わざわざこの時期にはトマトを買って食べない人なのです。

だって、スーパーの桃太郎のトマトは、

今の時期においしいと思えないですから。

夏の盛りの時期まで待つ。

といままで、そうしてきました。


いやいや、トマトを見る目が変わりました。


そ・れ・で、


トマトセミナー、来年3月にやることに決定!


私の深い思い込みがあったせいで、

楽しみは一年越しに・・・。


その分、じっくり考えて、いいセミナーにしていきたいと思います。

お楽しみに♪

      
 本日も、最後までご覧いただき、ありがとうございました

  食育(子供料理教室)・調理サイエンス・フードコーディネート

    Manyoria int'l (マニョリア)

     木村 万紀子

|

« 内田悟氏の「やさい塾」にて | トップページ | 「奈良しみんだより」5月号にレシピ掲載 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良・前田農園のトマト:

« 内田悟氏の「やさい塾」にて | トップページ | 「奈良しみんだより」5月号にレシピ掲載 »