« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014春休みの子ども料理教室~ご案内・第四弾 (生駒にて)

キッズ・クッキング(子供の料理教室)

が、生駒市に上陸

おしゃれなカフェにて、出張開催いたします。

          

奈良県 生駒市 (白庭台)

ルカフェ  にて

先日、ルカフェに行ってきました。

イタリア人がされている、カフェなのですよ。

マダムは日本の方です。    

Photo_2

Photo_3

隠れ家的なカフェです。

こちらで開催させていただけるなんて、うれしいです

      ご案内  

キッズ・クッキング

 対象:新・幼稚園年中~小学4年生

「春が来た!旬の素材でクッキング」

Photo_4

●日時

2014年4月6日(日) おかげさまで満席になりました

10:00-14:00

●講習費

3000円

●実施会場

ルカフェ 

 アクセスはコチラをクリック

●メニュー

・桜の花ご飯

・菜の花のお吸い物

・キャベツ、えんどう、あさりの煮物

         

お申込み info@manyoria.com

                  

●タイムスケジュール 

10:00    受付、準備

10:10    料理開始

12:45すぎ  いただきます
(お母様もご一緒にお味見いただけるようご準備いたします)

14:00   終了

●持ち物

・子供用エプロン(貸出あり)
・三角巾(バンダナなどでOK)
・手拭きタオル
・子供の箸とスプーン

●使用器具について

調理器具は、こどもの食育用に開発された器具を用います。

熱源はIHヒーター、ホットプレートを使用します。

安全に料理できるように指導いたします。

●食材について

産地を選んで購入しております。

講師一人のため、アレルギーをお持ちの方の対応は現在行っておりません。

メニューで確認したい食材がある場合は、お問い合わせください。

●キャンセルについて

お子さんですから、急な発熱などの体調不良もあると思います。

うちも小さい子供がいるので、よくわかります。

しかしながら、教室を運営していく上で、

キャンセル規定を作らせていただいておりますので、

以下、ご了承いただけますようお願いいたします。

     * *

キャンセルの場合は2日前の20時までにお願いします。
以降は、材料の関係で、やむを得ず半額ご負担いただきます。
代金をお振り込みいただいた後に、レシピを郵送いたします。

●キッズ・クッキングのねらい

子供の料理教室は、

大人の料理教室のように、料理がうまくなるということが目的ではありません。

脳への刺激、集中力・段取り力の向上、空間認知力の向上、達成感を得る、自尊感情を育むなど「人間の土台を育てる教育」として捉えて指導しております。

→詳しくはHPをご覧ください

http://manyoria.com/cooking/kids/

Photo_5

   菜の花のお吸い物、おいしかった~

      (先日の同内容の教室風景)

●講師プロフィール 

木村 万紀子

奈良女子大学家政学部食物学科卒業、

辻調理師専門学校卒業。

中高家庭科一種免許状、調理師免許状、
キッズキッチン協会公認インストラクターの資格を持つ。

専門分野は、調理科学、食育。

現在は、辻調グループ校などの学校での講師のほか、
料理教室やセミナーで講師を務める。

著書
『科学でわかる お菓子の「なぜ?」』(柴田書店)

『西洋料理のコツ』(学研)

 

         

 

お申込み info@manyoria.com

 

                  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014春休みの子ども料理教室~ご案内・第三弾

春休み突入 キッズ・クッキング(子供料理教室) 

第三弾は、3/28(金)

私のお弁当&お母さんへ感謝弁当

という以前から、ひそかに温めていた企画をします。

それにしては、ゲリラ的

といわれてしまいそうですが、

最もやりたい形が、

ピクニック形式 で、ママへのお弁当プレゼント

だったのです。

天気予報でほぼ晴れると確定しなければできない。

というわけで、緊急告知 です!

           

お弁当企画のポイント

1.買い出しから一緒に!

  おうちで、再び、「私がお弁当を作る!」というときに、

  買い物から興味を持ってできるように、

  (日々お母さんと買い物に行くときにも、そうなることを期待して♬)

  スーパー集合で、買い出しから一緒に行きます。

         

  スーパー入口で、お母さんとはバイバイ

  みんながかごを持ち、

  材料を書いた紙を子どもたちに渡して、

  1人1人が先頭に立って、売り場まで。

  どれを選ぶか、わいわい、がやがや。

  想像しただけでも、楽しそう

2.再びおうちで作れる!を目指す

  

  ここは料理教室なので、つい凝ったことを教えなければ・・・

  と料理に凝りたい気持ちを、ぐっと抑えたメニューにしています。

  子供たちが、後日、はりきって

  「今日は、お弁当を作る!」宣言をして、

  本当に一人で作ることになったときに、

  メニューの工程が複雑だと、

  途中でギブアップ・・・しかねませんよね。

  それでは、絶対にダメ。

  私は、子供たちが、自分に自信を持てるようになる

  ことを目的としているのです。

  それなので、できるだけシンプルに。

  これからは、「いつも 私一人で 作れる!」

  を目指したメニュー です。

3.お母さんに渡すときには、思い出作り

  

  できたお弁当を持って、

  お母さんとは、指定の公園で、再会

  そして、できたお弁当を手渡します

  そこで、みんなでピクニック!

  終了後は、みなさんのお時間の許す限り、

  広い公園で遊びましょう。

  お母さんたちは、和気あいあいとおしゃべりできたらいいですね。

  今日という日のねらいも、もっと詳しくお話しできたらと思います。

           

キッズ・クッキング(子供のみの料理教室)

対象 幼稚園~小学生

  (※企画上、今回は、一度ご受講いただいた方、

    お知り合いの方に限らせていただきます)

テーマ「私のお弁当 & お母さんへ感謝弁当」

●日時

2014年3月28日(金)    (おかげさまで満席になりました)

9:00-14:30頃 

●タイムスケジュール 

9:00 集合(関西スーパー)

    →奈良市三条大宮町1番5号
       

    →地図はコチラ

    ママとは、入口で別れます。

10:00頃 木村自宅へ移動し、

      お弁当作り

13:00  なら100年会館で、ママと待ち合わせ

     ピクニック

14:30頃 とりあえず終了

      引き続き遊びたい方は、ご一緒に~

●講習費


3000円

  ・子供~自分のお弁当箱をご持参ください

  ・大人~こちらでお弁当箱をご準備します

●実施会場

木村自宅

(JR奈良駅、近鉄新大宮駅より、徒歩近く)

●メニュー

三食弁当~鮭・卵そぼろ・さやいんげん

おかず

 ・ほうれん草、ツナ、チーズのソテー

      など

  (後は、お楽しみにさせてもらってもいいですか?)

●持ち物

・子供用エプロン(貸出あり)

・三角巾(バンダナなどでOK)

・手拭きタオル

・子供のお弁当箱&お弁当包み(袋)

・おしぼり

・水筒

・レジャーシート

・子供の箸とスプーン

・大人用のお弁当包み(バンダナでもOK)

●使用器具について

調理器具は、こどもの食育用に開発された器具を用います。

熱源はIHヒーター、ホットプレートを使用します。

安全に料理できるように指導いたします。

●アレルギーについて

講師一人のため、アレルギーをお持ちの方の対応は現在行っておりません。

メニューで確認したい食材がある場合は、お問い合わせください。

●キャンセルについて

お子さんですから、急な発熱などの体調不良もあると思います。

うちも小さい子供がいるので、よくわかります。

しかしながら、教室を運営していく上で、キャンセル規定を作らせていただいておりますので、

以下、ご了承いただけますようお願いいたします。

     * *

キャンセルの場合は2日前の20時までにお願いします。
以降は、材料の関係で、やむを得ず半額ご負担いただきます。
代金をお振り込みいただいた後に、レシピを郵送いたします。

●キッズ・クッキングのねらい

子供の料理教室は、

大人の料理教室のように、料理がうまくなる

ということが目的ではありません。

・脳への刺激

・集中力・段取り力の向上

・空間認知力の向上

・達成感を得る

・自尊感情を育むなど (特に今回はここを重視!)

「人間の土台を育てる教育」

として捉えて指導しております。

→詳しくはHP (コチラをクリック) をご覧ください

●講師プロフィール 

木村 万紀子

→詳しくはHP (コチラをクリック) をご覧ください

        

ずっとやりたかった企画だから、

考えただけでも、すでに、胸が熱くなっている私です

子供たち、お母さんたちの笑顔 

とても楽しみです。

018

 (写真は、末就学園児のお弁当作りです。

  今回は、幼稚園&小学生の募集です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014春休みの子ども料理教室~ご案内・第二弾

春休み目前!

卒園されたお子さんたちは、もう春休みに入っている方が多いでしょうね♪

さて、春休みの子供料理教室 第二弾は、

キッズ・サイエンス・クッキング  です。

Photo

子供のための 科学×料理教室

料理ができあがるまでには、たくさんの科学が隠れています。

マジックのように変化する料理実験で、料理の科学に触れてみましょう!

子どもたちが目の前で起こる変化に

驚き、発見し、なぜそうなるのかを考える、

好奇心・探究心を育てます

学校で学ぶ理科を、料理に結びつけた

「台所のサイエンス」で、

科学がもっと身近に楽しく感じられます。

→詳しくはコチラ

今回のテーマは、大人気の講座

驚き!ブルーベリーのホットケーキ

Photo_2

日時

2014年4月3日(木) おかげさまで満席になりました
13:00~16:00

対象

小学生(新1年生も、ひらがなが書けたら大丈夫です)

講習費

3500円

実施会場が変わります!

スペースマイン・「四季の家」

奈良県大和郡山市田中町834-1
tel 0743-58-2801

  ♬ショールームの素敵なキッチンでのレッスンです。
   大和郡山のアピタからすぐ、駐車場有。

内容

・ブルーベリーのホットケーキを作って、試食します。

(その中で、予想の色と全く違う色にきっと変わると思います。その変化に驚いてもらいます。)

・なぜその色に変化したのかを、紫キャベツ(ブルーベリーと同じ色素を持つ)の煮汁で実験し、答えを導き出します。

(テキストを使用して、実験結果を記入しながら、初めに予測をして、結果を見て、どうしてそうなったかを考えるという流れで進めていきます。)

※お子さまには、詳しい内容は、どうか内緒にしてください。


レッスンのねらい

ブルーベリーのホットケーキが、さまざまな色に変化!?

今回の主題は、酸性とアルカリ性。

食材の中には、酸性、アルカリ性で、色が変わるものがたくさんあります。中でも、これはとっておきオモシロイ内容です。

pH試験紙、pH計の実験道具も使い、身の回りの調味料などのpHも調べてみます。

小学校5~6年生で習う理科の勉強を、

身近な料理と結びつけ、

料理には多くの科学が隠されている、謎解きをしていきます。

切り口を変えることで、低学年でも、酸性・アルカリ性の概念に興味を持つのです!

高学年が、学校で習う勉強が、実生活にこうして活きてくるんだとおもしろさを感じます。

       

以前のレッスンでは、お母様からこんな報告を聞きました。

1年生の女の子が、おうちに帰ってごはんを食べながら、

「これは酸性かな~」

とか。

1年生の男の子は、

酢を食べて酸っぱいといったあとに、「あ、酸性だった」

小さい子供たちの生活にどんどん科学が入り込んでいますね

高学年の子供たちからは、

高学年ならではの質問がきて、

条件を変えて、さらにホットケーキを焼いて見せたり。

子どもたちの反応が、本当にすばらしい!

ちなみに、以前のレッスンでは、

見守るお母様方も、

なぜそういう結果になったかわからないので、

一緒に、「ほ~っ」 と驚いていただき、

後から、大人ならではの掘り下げた質問が飛び出し、

最後に、お母様たちだけに、

お菓子屋さんレベルのマニアックなお話しもさせていただきました。

       

タイムスケジュール 

13:00     受付、準備
15:30前後  レッスン終了
16:00     解散    

質問によっては、内容が膨らむので、時間に余裕を持たせています。

そして、最後に短時間ですが、

保護者のみなさまとお茶を飲みながら、

本日のサイエンス・クッキングについて、

子供に伝えるよりも掘り下げてお話しし、

ご家庭でどう話を発展させていったらいいかなどお伝えできたらと思います。

ここで、大人の方からのご質問にもお答えしたり、

いろんな食育の話に発展するというのも楽しいですね。

●持ち物

・子供用エプロン(貸出あり)
・三角巾(バンダナなどでOK)
・手拭きタオル

・色鉛筆(12色程度)

●使用器具について

調理器具は、こどもの食育用に開発された器具を用います。

熱源はIHヒーター、ホットプレートを使用します。

安全に料理できるように指導いたします。

●キャンセルについて

お子さんですから、急な発熱などの体調不良もあると思います。

うちも小さい子供がいるので、よくわかります。

しかしながら、教室を運営していく上で、キャンセル規定を作らせていただいておりますので、以下、ご了承いただけますようお願いいたします。

     * *

キャンセルの場合は2日前の20時までにお願いします。

以降は、材料の関係で、やむを得ず半額ご負担いただきます。

代金をお振り込みいただいた後に、レシピを郵送いたします。

講師プロフィール 

木村 万紀子

奈良女子大学家政学部食物学科卒業、
辻調理師専門学校卒業。
中高家庭科一種免許状、調理師免許状、
キッズキッチン協会公認インストラクターの資格を持つ。
専門分野は、調理科学、食育。
現在は、辻調グループ校などの学校での講師のほか、
料理教室やセミナーで講師を務める。

著書
『科学でわかる お菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
『西洋料理のコツ』(学研)

お申込み

info@manyoria.com へメールでご連絡ください。

                

今日もありがとうございます。

   Manyoria int'l (マニョリア) 

     木村 万紀子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014春休みの子ども料理教室~ご案内・第一弾

今年は、雪も多く、冬が長かったと感じますが、

ぽかぽか陽気の春がやってきましたね~

春休みには、子どもの料理教室を、いつも以上に企画しています。

まずは、第一弾から募集開始!

ご案内いたします。

        

キッズ・クッキング

(対象:新年中~新4年生)

テーマ「春が来た!旬の素材でクッキング」

メニュー


・菜の花のお吸い物

・桜の花ご飯

・キャベツとあさりの煮物

・いちごのミルクゼリー

Photo

菜の花、桜の花の塩漬け、春キャベツ、あさり、いちご・・・・・・

春爛漫の食材 が勢ぞろいです!

日時

2014年3月26日(水)    (おかげさまで満席になりました)

10:00-14:00

講習費

3000円

実施会場

木村自宅

(JR奈良駅より徒歩6分、近鉄新大宮駅より徒歩10分)

タイムスケジュール

 
10:00    受付、準備

10:10    料理開始

12:45すぎ  いただきます
 
(お母様もご一緒にお味見いただけるようご準備いたします)

14:00   終了

持ち物

・子供用エプロン(貸出あり)

・三角巾(バンダナなどでOK)

・手拭きタオル

・子供の箸とスプーン

使用器具について

調理器具は、こどもの食育用に開発された器具を用います。

熱源はIHヒーターを使用します。

安全に料理できるように指導いたします。

食材について

産地を選んで購入しております。

講師一人のため、アレルギーをお持ちの方の対応は現在行っておりません。

メニューで確認したい食材がある場合は、お問い合わせください。

キャンセルについて

お子さんですから、急な発熱などの体調不良もあると思います。

うちも小さい子供がいるので、よくわかります。

しかしながら、教室を運営していく上で、
キャンセル規定を作らせていただいておりますので、
以下、ご了承いただけますようお願いいたします。

     * *

キャンセルの場合は2日前の20時までにお願いします。

以降は、材料の関係で、やむを得ず半額ご負担いただきます。

代金をお振り込みいただいた後に、レシピを郵送いたします。

キッズ・クッキングのねらい

子供の料理教室は、大人の料理教室のように、料理がうまくなるということが目的ではありません。

・脳への刺激

・集中力・段取り力の向上

・空間認知力の向上

・技術をまねて自分のものにすることを覚える

・達成感を得る、自尊感情を育む など

「人間の土台を育てる教育」

として捉えて指導しております。

→詳しくはHPをご覧ください
http://manyoria.com/cooking/kids/

講師プロフィール 

木村 万紀子

奈良女子大学家政学部食物学科卒業、
辻調理師専門学校卒業。
中高家庭科一種免許状、調理師免許状、
キッズキッチン協会公認インストラクターの資格を持つ。
専門分野は、調理科学、食育。
現在は、辻調グループ校などの学校での講師のほか、
料理教室やセミナーで講師を務める。

著書
『科学でわかる お菓子の「なぜ?」』(柴田書店)
『西洋料理のコツ』(学研)

            

子どもたちが、

達成感にあふれる笑顔を見せる瞬間を、楽しみにしています。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

   Manyoria int'l (マニョリア)

        木村 万紀子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもが作ってくれたベーグル

休日の朝

起きてきた息子が、張り切って、

「パンを作る!」

下の娘は、真似して

「私も!」

では、ゆっくりブランチの朝にしましょう

パンの本を見ながら、何を作ろうと相談し、

息子は、パン屋で好んで買う ベーグル がいいな、と。

娘は「お花の形のパン~」 

Photo

パジャマ姿で、せっせとパンをこねてくれました。

息子は大分慣れてきて、

私は見守るのみ。

娘は粘土遊び感覚で、

まだ、ついて一緒にやってあげないとね

私は、それならばと

朝から張り切って、シチューを作りました。

 

Photo_2 息子作

大人から見れば、少々雑な作り方だって、

いいの、いいの。

焼き立てのパンは、ほっかほかで、むっちむちで、

お世辞抜きに、素直に、おいしい。

だって、

子供の温かい気持ちがぎゅっと詰まっているんだものね、

格別のおいしさ

ゆったりとした気持ちで、

シアワセだなと感じた 朝食 でした。

そして、おじいちゃん、おばあちゃんにも食べてもらおうと、お届け

顔がほころんでいるだろうな~

 

                           

   Manyoria int'l  (マニョリア・インターナショナル) ―奈良市―

   食育・調理科学(子供料理教室・大人向け料理教室・セミナー)

           木村万紀子

      

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひなまつりのひし餅の色

ひなまつりのひし餅

Photo_2

ひなまつりの和三盆

Photo_3

このほか、ひなあられも、

白色、桃色、緑色ですよね。

子供のためのお菓子だから、合成着色料を使用していないものが、からだにやさしいですよね。

この2つのお菓子は、

赤色は紅こうじ

緑色は、餅がよもぎ、和三盆が抹茶です。

自然な色だから、少し発色がくすんで見えますが、それが安心

         

ひし餅は、多くの場合が、

下から、緑色、白色、桃色の三段重ねにされています。

これにも、意味があるので、ぜひお子さんに伝えてあげてください。

緑色は、草萌える大地を、

白色は、雪の純白を、

桃色は桃の花を、表しているといわれています。

つまり、早春の、

雪がうっすら積もっている下には、

春に芽吹こうとしている青々とした草があり、

上には桃の花が咲いているという情景ですね。

     

今年もひなまつりのご飯も、

ちらし寿司、はまぐりのお吸い物

親から子へ、食べ継いでいきたい料理ですね。

                           

   Manyoria int'l  (マニョリア・インターナショナル) ―奈良市―

   食育・調理科学(子供料理教室・大人向け料理教室・講演)

           木村万紀子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

baby Moncher (ベビー モンシェール)でハローキティ

Moncher (モンシェール) といえば、

「堂島ロール」が有名。

今でこそ 店舗が増えて、並ばずに買えるようになりましたよね。

そこのブランド展開として、

baby Moncher (ベビー モンシェール) が、

大丸の東京店、梅田店、博多店 だけにあります。

5

かわいらしいお店だな~と通りかかっていて、

ショーケースに目が釘付けに!

Photo_3

娘に買って帰ったら、喜ぶだろうなぁ♬♬ と、

母の心はウキウキ♪

2

 

  

   3

「ママ、すごいー☆ かわいいー、全部食べる~」

と、大喜びしてくれました。

最近、キティちゃんが好きになっていたから、バッチリ!

こういうお姿ですから、味にあまり期待しないで、

見栄え重視な気持ちで買ったのですが、

おいしいんです。

それもそのはず、土台は堂島ロールの1カット。

キティのムースも、大人が食べておいしい味と組み合わせになっていました。

1

サンリオとコラボしている商品がいくつかあって、

こちらはマイメロディちゃん。

4

紙袋まで、キュート。

  ♡ ♡  ♡ ♡

女の子のお子さんがいらっしゃる方は、ぜひ一度お店をのぞいてみてください。

絶対、子供の顔がちらついて、買っちゃうと思いますよ~

      Manyoria int'l (マニョリア)

                  木村 万紀子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »