« おせち料理作り | トップページ | 春の七草 »

子供料理教室 キッズ・クッキング(園児~小学生) 2013.12月度おせち料理のご報告

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

Photo

こちらは、年末に行った、

年少~2年生対象のキッズ・クッキング

子供たちが作った、おせち料理です。

ここ数年、ブログの更新がぼちぼちしかできなくて、

昨年開催したキッズ・クッキングは、ほとんど告知も報告もできていませんが、

継続して、どんどん回を重ねています。

落ち着いたら、さかのぼって思い出としてアップしますので、

今年も応援、よろしくお願いいたします。

              

ではでは、

2013年12月度

キッズ・クッキング おせち料理を作ろう!のご報告。

献立

●白みそのお雑煮

●田作り

●栗きんとん

●海老のつや煮

●黒豆羹(かん)

●ゆずゼリー

●黒米入りご飯

           

白みそのお雑煮

まずは、だしをとることから、毎回はじめます。

昆布の香りをかぎ、触ってみて。

昆布って、何かな?どんなお味?

これを水に入れたらどうなるか、みんなで予想してみます。

Photo_4

みんなで昆布を持っているところ↓

Photo_6 

雑煮には、雑煮大根という細~い大根を使います。

お正月ならではですよね~。

この時期にしか売っていないので、

初めてみるお子さんがほとんどです。

どうして、こんな細い大根を使うのか?というお話しをしていきます。

細いと、輪切りで使える。断面が丸い。

雑煮には、丸いものを使いたい。

関西では、お餅も丸いものを使うし、サトイモを入れる場合はこれも丸さを意識して切ります。

それは、なぜ?と話は続いていきます。

Photo_3

金時にんじん

Photo_7

こちらもどうしてこんなに赤いにんじんを使うのかのお話しをし、

いつも使っているにんじんと、色も長さも全然違うねということを

比べてみたり。

この時期にしか学べないことなので、

年末年始のプログラムには、必ず金時にんじんは入れています。

     

黒米は古代米。

それで赤い色をつけて、ここでも紅白を意識しています。

ちなみに、古代は、赤米を蒸してそれを赤飯として神に供えていました。

今も、赤米は黒米と同様に手に入りますが、

赤米オンリーで炊くと、くせがあって食べにくい。

だからといって、白米に混ぜると、赤米からは色素が出ないので(赤米を赤くする色素は、水に溶けない性質があるのです)

白米ごはんに、赤い粒つぶが混じっている状態になります。

そこで、今回は黒米を使用。

黒米のアントシアン色素は、水に溶けやすく、溶けると白米に混ぜた場合は赤紫に見えます。

米1合につき、大匙1も混ぜれば十分。

これで、紅白にしたわけです。

Photo_8

       

田作り

Photo_9

栗きんとん

Photo_12

海老のつや煮

見て!海老はひげが長いね~。

それから、海老に爪楊枝をさして、腰が曲がった形にしていきます。

これって、人間にたとえると、どんな人?

おじいさん

そうだね!

腰が曲がるほど年を取るまで、元気に長生きできますように

という願いが込められています。

Photo_17

Photo_18

 ↑海老の背ワタを取るのも、初体験。

   みんなどうして海老をわざわざ曲げるのか不思議だったけれど、

   よくわかったね。

   これから、おせちを見るときに、そこに気づくようになるかな~♪

Photo_20

黒豆羹

Photo_13 これは何?

Photo_14

  寒天をちぎる、バリバリって感触や音。

  それがやわらかくなる様子。

  煮ると、なくなっちゃう。

  実験みたいで、おもしろいね。

Photo_15 

Photo_16

4種のおせち膳

Photo_24

いつものキッズ・クッキングでは、合計4品が基本ですが、

今回は初めてこんなに盛りだくさん作りました。

みんなよく頑張りました!

     

おせち料理には、先ほどの海老のように、1つ1ついわれがあります

今回のレッスンでは、どうしてもそれを子供たちに教えてあげたくて、

欲張って、こんなにたくさん作ったのです。

     

おまけのデザートまであります。

ゆずゼリー

Photo_21  

      Photo_22

ゆずの香りも、この時期触れる機会が多いですよね。

香りは知っていても、

搾ってみると、

  あれれ? あんまり果汁が出ないよ!

黄色い皮だけすりおろすよ。白いところは苦いよ。

な~んて、

料理してみないとわからないことって、たくさんありますよね。

季節を感じさせる、日本のかんきつ類のひとつ。

みんなに、ゆずが料理に出てくると、冬だなって感じるようになってほしいな。

     Photo_25

折敷に盛り付けるだけで、ぐんとお正月の雰囲気が出ますね。

Photo_26

いただきま~す

Photo_27

   こんなにたくさんの量を、まだ小さいお友達もぺろりと!

   自分で作ると、おいしいね~☆

 

    

そして、おせちのいわれだけではなく、

お正月のいわれ

のお話しもたくさんしました。

・そもそも、お正月って何?

・何で、あけましておめでとうっていうの?

・お正月前に、大掃除したり、おせち料理を作る意味は?

・お正月飾りのしめ縄はどうして玄関に飾るの?

・お正月って、いつ終わるの?

・お年玉はどうしてもらうの?

                                  e.t.c.

子供たちに、伝えていきたいことは、数多くあるけれど、

毎年、少しずつ、いろんなことをみんなで学んでいきましょう。

「へえ~っ、そうなんだ~

と知ることは、大人も子供も楽しいですよね♪

そういう気持ちも感じてもらいたいな。

         

今年は、年も押し詰まって、年末にこのレッスンができたので、

おせち料理やお正月のいわれの話が、

記憶に新しいまま、新年を迎えられる!

貴重な経験ができました。

そこで、家族でまたこの話ができたらいいですね。

|

« おせち料理作り | トップページ | 春の七草 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供料理教室 キッズ・クッキング(園児~小学生) 2013.12月度おせち料理のご報告:

« おせち料理作り | トップページ | 春の七草 »