« 「米作りの会」2013 田んぼレポート5 | トップページ | キッズ・サイエンス・クッキングご受講者さまの声 »

キッズ・サイエンス・クッキング「天然イクラ VS 人工イクラ」の募集開始 

急に涼しくなり、秋ですね~。

秋の味覚のひとつ、イクラ 

Sy_119

鮭のお腹を開いたら出てくる卵の「筋子」を使って、イクラは作られます。

ということは、お腹に卵がある時期しかできない

        ↓

 10月限定

確実に手に入る、10月に、イクラの不思議に迫りましょう!

              

 

キッズ・サイエンス・クッキング

 

子供のための 料理×科学 のレッスン

Photo_5

日時  10月20日(月曜)13:00~16:00頃 (満席になりました)

 

      10月21日(月曜)13:00~16:00頃 

 

          (運動会代休の学校があると思います

                                                          (満席になりました)

 

       11月3日(日曜)13:00~16:00頃  (満席になりました)

 

      その他、日程のご相談に応じます。

 

 

場所  奈良市の自宅

講習費 3500円

対象年齢 幼稚園年長~小学校6年生

定員 6~8名

募集方法

 

 以前、レッスンに来ていただいた方は、メールでお申し込みください。

 

 初めてご参加を希望される方は、

 下記のコメント欄に、
   お名前、
   メールアドレス(このブログに表示されません)
   受講希望

 と書いて投稿していただけますか。

 こちらにはメールアドレスが届くシステムですので、

 こちらよりご連絡いたします。

    

     

サイエンス・クッキングとは?

   → コチラ

 (10月に新しく開設した、HPをご覧下さい)

Sy_118

みなさん、イクラの醤油漬け の作り方って、ご存知ですか?

私は、札幌生まれの札幌育ち!

この時期に、イクラの醤油漬けを母が作ってくれるのが、何よりのご馳走でした。

朝から、白い炊きたてのご飯に、

イクラをたっぷりかけたご飯を食べて、学校にいってきま~す!

贅沢だったなぁ~

 

 

レッスンの目玉 その1

 

天然の鮭の筋子から、イクラ作りをしてみよう!

作り方の工程がまた、おもしろいんです。

レシピを読んでもわかりにくいのですが、

やってみると簡単ですから、

ぜひ帰りに筋子を買って帰って、お子さんに作ってみてもらってくださいね。

この日作ったイクラは、すぐに食べられないので、

少しずつですが持ち帰って、おうちで楽しんでくださいね。

         

こんな経験ありませんか?

単価の安いレストランや居酒屋で、メニューを頼んだら、そこにイクラが散らしてあった。

イクラだ~!と喜んで食べていても・・・・・・

もしかしたら、そうではないかも!?

業務用でしか手に入りませんが、

人工(人造)イクラ というものが、存在するのです。

私が20年前バイトしたお店では、イタリア風魚介サラダの上に、そのイクラを散らして提供していました。

客側が気づかない場合が多いかもしれませんね。

イクラの目玉もきちんとありますから。

うまくできていて感心します。

 

レッスンの目玉 その2

天然イクラ VS 人造イクラ

食べ比べて、その違いがわかりますか?

Mok_susiikura500

子供に、2種類のイクラで軍艦を作ってもらいます。

どちらが本物?

人工イクラは、

キユーピーが製造している商品を使用します。

※原材料表示

植物油脂 しょうゆ みりん 魚油(サケ科) デキストリン 食塩 鮭 アンチョ ビー ゼラチン 増粘多糖類 塩化カルシウム ゲル化剤(アルギン酸ナトリウム)  調味料(アミノ酸等) 酢酸ナトリウム 酸化防止剤(ビタミンE) グリシン 着色料 (カロチノイド、紅麹) 乳化剤 (原材料の一部に卵・小麦を含む)

             

人工イクラと聞いて、

ひゃぁ~、そんなものがあるの??

と驚かれた、お母様方。

もっと驚いてください。

今、レストラン業界で最先端の料理って、

どんな料理だと思いますか?

科学から生まれる新しい料理です。

実験のような工程で、今までの料理とは違う食感や香りで、素材のうまさを楽しませる料理。

こういった料理を出すお店が、

どんどんミシュランの星をとっていっています。

サイエンス・クッキングとは?

   → コチラ

こうした科学から生まれる新しい料理の中に、

人工(人造)イクラの手法を利用した料理があるのです。

●エル・ブリ

●マンダリン オリエンタル 東京
 タパス モラキュラーバー 

というレストランを検索していただくと、よくわかるかもしれません。

今回は、なんと!最先端のレストランで使われている人工イクラのテクニックを、

子供たちに実験として、やってもらいます!

レッスンの目玉 その3

人工イクラの手法で、ジュースをぷちぷちに固めちゃおう!

Photo

材料は、アルギン酸ナトリウム、乳酸カルシウム、ジュースです。

もちろん、レストランで出されていますから、

食べられますよ♫

希望があれば、こんな風にして、子供に楽しんでもらおうと思います。

Photo_2

または、瓶に入れて、持ち帰ってもらってもいいですよ。

何色も作ると、きれいですから!

数日持つので、みんなに自慢したくなるかも

         

Photo_5

日時  10月20日(月曜)13:00~16:00頃 (満席になりました)

 

      10月21日(月曜)13:00~16:00頃 

 

          (運動会代休の学校があると思います

                                                          (満席になりました)

 

       11月3日(日曜)13:00~16:00頃  (満席になりました)

 

      その他、日程のご相談に応じます。

 

 

場所  奈良市の自宅

講習費 3500円

対象年齢 幼稚園年長~小学校6年生

定員 6~8名

募集方法

 

 以前、レッスンに来ていただいた方は、メールでお申し込みください。

 

 初めてご参加を希望される方は、

 下記のコメント欄に、
   お名前、
   メールアドレス(このブログに表示されません)
   受講希望

 と書いて投稿していただけますか。

 

 こちらにはメールアドレスが届くシステムですので、

 こちらよりご連絡いたします。

    

いつもは年齢によって、理解度が違うので、

対象年齢の幅を狭めていますが、

今回は原理の説明が難しすぎるので、

体験がメイン!

 

体験によって、科学のおもしろさを知り、

科学と食への興味の扉を開いていただくのが目的です。

 

 

この3つを組み合わせるというレッスンは、

他では見たことありません

いつかやりたいと温めていた内容なのです!

この1ヶ月間しかできないのが惜しいくらい。

こどもたちの、スゴイ!という驚きと発見の笑顔と出逢えるのを、楽しみにしています!

|

« 「米作りの会」2013 田んぼレポート5 | トップページ | キッズ・サイエンス・クッキングご受講者さまの声 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キッズ・サイエンス・クッキング「天然イクラ VS 人工イクラ」の募集開始 :

« 「米作りの会」2013 田んぼレポート5 | トップページ | キッズ・サイエンス・クッキングご受講者さまの声 »