« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

HPを開設いたしました

ずっと欲しかった 私のHP 

この秋、開設することができました。

http://www.manyoria.com/

今後とも、よろしくお願いいたします。

Top03_2


  Top01_2

      

構想から一年。

粘り強く取り組んでくださった、

web デザイナーの Sachiko Taniguchi さんに心より感謝いたします。

Sachiさんのセンスの良さで、素敵な雰囲気に仕上がりました。

イメージを伝えて、後はすべてお任せ。

ご提案してくださるものは、どれもセンスよく、

今回はこちらのデザインになりましたが、

採用されなかったものも、美しいデザインで、捨てがたかったです。

さらに、ページを増やしていくために、今も頑張ってくださっています。

      

そして、写真の多くを、

カメラマンの N.Okamoto さんにご撮影いただきました。

私と同じく辻調理師專門学校のご出身で、

調理の現場で働いていらっしゃったご経験もあります。

そして、カメラマンとしてお仕事をされているので、

料理のことをバッチリ理解した上で、撮影してくださるのです。

だから、アドバイスも的確!

撮影は、1つのものを作り上げていく感じに、とてもワクワクしました。

Okamoto さんとの出逢いには、感謝です。

今回は、私のために、一肌脱ごうという想いでご協力くださって、本当にありがとうございました。

     

写真はそのほか、キッズ・クッキングに来てくださっているお母様方からも、多数ご提供いただき、とても助けられました。

昔にさかのぼって、写真を探してくださって、ありがとうございました。

     

そして、キッズ・クッキングの撮影にご協力くださった

5年以上通ってくださっている ちびっこちゃんたち。

大きくなったね (感涙)

          

温かい気持ちで支えてくださる

みなさんがいてくれたおかげで、

出来上がったHPです。

感謝の気持ちでいっぱいです

Hp_2


   Hp_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング「天然イクラ VS 人工イクラ」1回目のレポート

料理から科学の扉を開く

子供のための

  料理×科学のレッスン

キッズ・サイエンス・クッキング

「天然イクラ VS 人工イクラ」 

の初回を実施しました。

レッスン内容の詳しいお話

      →コチラ です

            

私が、長年温めてきたプログラムの一つ

伝統的な手作りの

  いくらの醤油漬け を作ってみよう!

        &

現代の調理科学を駆使した 人工いくら との食べ比べ

        &

その手法を使った いくら風ゼリー を作ってみよう!

     

大人が聞いたって、ワクワクするような内容です。

子供たちが、目を輝かせないわけがない!

いや~ぁ、実に面白かったです。

レッスンを終えて、子供たちのワクワクが止まらない

高揚した表情に、私も大満足!

やってよかった~

             

いくらの醤油漬けを作ろう!

Photo_13

  初めて見た筋子に、興味しんしん!


Photo_14


Photo_15


Photo_16

 

 (^ω^)いくらが、できたよ~!

 

 あの筋子が、こんないくらになるんだぁ

 

持って帰って、家族みんなで、夜ご飯に食べてね


いくらの軍艦巻き を作ろう!

Photo_17

いくら3種の食べ比べ

Photo_18


Photo_19


この中に、一つだけ、ニセモノの人工いくら が!

さあ、みんなわかるかな~。

意見が分かれて、おもしろい。そして、理由も

(小学校1年生です)

Photo_20


Photo_21


果たして、正解は!?

秘密を解く カギは?

    ニンマリ

人工(人造)いくらの手法を使った

 いくら風ゼリー を作ってみよう!

科学実験さながらです。

Photo_22


Photo_23


すっごい集中力。

みんな食いついています!

Photo_24


全部食品素材です。

にんじん、トマト、抹茶、ココアのいくら風ゼリーを

ジュースの浮き実に、

かんぱ~い!

   

たくさん作った、いくら風ゼリーは、瓶に入れて、お持ち帰り。

自分が作った宝石、大事そうに眺めていました。

大興奮の3時間半!

次回は、明日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

子供料理教室 キッズ・クッキング(2~3歳) 2013.10月度の追加募集

子供料理教室 キッズ・クッキング

2歳からの末就学園児クラス 

10月実施分の追加募集です。

日程

10月28日(月曜)10:00-13:30

  残席 2名 と、まだ余裕があります。

テーマ

収穫の秋「きのこ」

献立

きのこの炊き込みご飯

なめこのみそ汁

白菜とツナの煮物

スイートポテト    の4品

これだけのメニューを

子供たちの力だけで作り上げます

すでに実施したクラスのレポート

コチラ

講習費

3000円(ママのお食事も含む)

募集方法、持ち物などの詳細

コチラ

体験、発見を通して、「自信に満ちた」子供たちの笑顔に会いたい

次回も楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供料理教室 キッズ・クッキング(2~3歳) 2013.10月度のレポート

子供料理教室 キッズクッキング

未就園児クラス

のレポートです。

春には、一番小さいお子さんが2010年生まれでしたが、

最近は、2歳になった、2011年生まれのお子さんも加わってくれています。

今回も、新しいお友達とこんにちは!でした。

      

テーマ 収穫の秋「きのこ」

献立

 ●きのこの炊き込みご飯

 

 ●なめこのみそ汁

 ●白菜とツナの煮物

 

 ●スイートポテト

      

今回のねらい

 たくさんあるきのこの名前を覚えよう!

    ↓ ↓ ↓

これを、未就園児クラスは、ちょっとした遊びを取り入れて学びます。

そ・れ・は

きのこのお買い物♫

Photo


 「いらっしゃい、いらっしゃい、きのこはいりませんか」

Photo_2


 「わたしは、まいたけをください」

 

 「はい、おかねです」

 

 「どうぞ、まいたけです。ありがとうございます」

ってな具合です。

子供たち、テンションMAX

ごっこ遊びが好きなお年頃ですから~。

実際は、こんなにスラスラと進まないことも。

事前に、「○○ちゃんは、△△のきのこを買うよ」と覚えても、

お客さんの番がまわってくると、

「えっと、なんだったけ」

とあわてて、お母さんに教えてもらいに行く姿がまたかわゆいのです

Photo_3


  きのこのお名前、みんなで言ってみよう!

           

お買い物したきのこを使って、

きのこづくしのメニューです!

きのこご飯

Photo_4


 Photo_5


       

白菜とツナの煮物

Photo_6


白菜って、こんなに重いんだね~

って、みんなでよいしょと運びました。

Photo_7


Photo_8


2歳の一番小さなお友達も、

ピーラーを楽しんで使っています。

(このあと、楽しすぎて、離したくないと )

多くのお子さんを見ていると、

クッキングに関していえば、

2歳3ヶ月くらいからの半年間が、めざましい成長を見せます。

最初は、3歳の子供たちに「私もやりたい!」と

必死についていっている感じなのが、

どんどん積極性も増して、

半年で、はさみやピーラーも使いこなして

サクサクできるようになります。

この半年間の成長って、すごく面白い!

そして、感動の連続なんです

今日も、たくさんの感動があったな~

料理だけでなく、もちろん育児も同じで、

おもしろいくらい

どんどん言葉が増える時期です。

1ヶ月ごとに、みんなに会いますが、急に成長したと感じます。

途中で、オムツもとれたりね♫

だんだん、お兄ちゃん、おねえちゃんになっていくんです

      

そうそう、先日は、こんな光景も・・・

 

 3歳児さんが、2歳児さんに、「どうぞ、先に使って」と譲ったり。

 

 

こういう瞬間って、ママは我が子の成長を感じてうれしくなりますよね。

もちろん、私も わぁ と心が温まります。

 

      

スイートポテト

Photo_9

さつまいもつぶしに、興奮!

みんな一生懸命です

Photo_10


型につめて、卵黄をぬりましょう。

             

できあがり!

 

4

いっただきまぁ~す♡

Photo_11


Photo_12

あ~、今日も楽しかった~


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキングご受講者さまの声

キッズ・サイエンス・クッキング

 

子供のための 料理×科学 のレッスン

Ph pH計

   Photo

Photo_5

 

子供たちは、受講してみて、
 

 どのような感想を持っているのでしょう?

 

誰よりも気になるのは、私です

 

お母さまからメールをいただき、

お子さまやお母さまが、今日のレッスンを通して、

どうお感じになったか聞けることが多いので、

 

今回は、ご許可をいただき、紹介させていただきます。

              

奈良市 T様

娘に話を聞くと、とてもつもなく興味深くて、楽しいクッキングだったようで、

早速、次回を楽しみにしているようです。

私も実験結果のプリントを見せてもらって、

料理と科学をこんな風に結びつけて、

子供たちに体験させられるなんて

と驚きと感動の発見でした。

次回のサイエンスクッキングも、キッズクッキングも、

ぜひ参加させていただきたいです

楽しみにしています。

Photo_3


Photo_4

 

              

ありがとうございました。

私の頑張る原動力になります

日々精進できるよう、気を引き締め、頑張ります

今回の、「天然イクラ VS 人工イクラ」でも、

食のサイエンスに、ワクワクしてもらえますように♫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズ・サイエンス・クッキング「天然イクラ VS 人工イクラ」の募集開始 

急に涼しくなり、秋ですね~。

秋の味覚のひとつ、イクラ 

Sy_119

鮭のお腹を開いたら出てくる卵の「筋子」を使って、イクラは作られます。

ということは、お腹に卵がある時期しかできない

        ↓

 10月限定

確実に手に入る、10月に、イクラの不思議に迫りましょう!

              

 

キッズ・サイエンス・クッキング

 

子供のための 料理×科学 のレッスン

Photo_5

日時  10月20日(月曜)13:00~16:00頃 (満席になりました)

 

      10月21日(月曜)13:00~16:00頃 

 

          (運動会代休の学校があると思います

                                                          (満席になりました)

 

       11月3日(日曜)13:00~16:00頃  (満席になりました)

 

      その他、日程のご相談に応じます。

 

 

場所  奈良市の自宅

講習費 3500円

対象年齢 幼稚園年長~小学校6年生

定員 6~8名

募集方法

 

 以前、レッスンに来ていただいた方は、メールでお申し込みください。

 

 初めてご参加を希望される方は、

 下記のコメント欄に、
   お名前、
   メールアドレス(このブログに表示されません)
   受講希望

 と書いて投稿していただけますか。

 こちらにはメールアドレスが届くシステムですので、

 こちらよりご連絡いたします。

    

     

サイエンス・クッキングとは?

   → コチラ

 (10月に新しく開設した、HPをご覧下さい)

Sy_118

みなさん、イクラの醤油漬け の作り方って、ご存知ですか?

私は、札幌生まれの札幌育ち!

この時期に、イクラの醤油漬けを母が作ってくれるのが、何よりのご馳走でした。

朝から、白い炊きたてのご飯に、

イクラをたっぷりかけたご飯を食べて、学校にいってきま~す!

贅沢だったなぁ~

 

 

レッスンの目玉 その1

 

天然の鮭の筋子から、イクラ作りをしてみよう!

作り方の工程がまた、おもしろいんです。

レシピを読んでもわかりにくいのですが、

やってみると簡単ですから、

ぜひ帰りに筋子を買って帰って、お子さんに作ってみてもらってくださいね。

この日作ったイクラは、すぐに食べられないので、

少しずつですが持ち帰って、おうちで楽しんでくださいね。

         

こんな経験ありませんか?

単価の安いレストランや居酒屋で、メニューを頼んだら、そこにイクラが散らしてあった。

イクラだ~!と喜んで食べていても・・・・・・

もしかしたら、そうではないかも!?

業務用でしか手に入りませんが、

人工(人造)イクラ というものが、存在するのです。

私が20年前バイトしたお店では、イタリア風魚介サラダの上に、そのイクラを散らして提供していました。

客側が気づかない場合が多いかもしれませんね。

イクラの目玉もきちんとありますから。

うまくできていて感心します。

 

レッスンの目玉 その2

天然イクラ VS 人造イクラ

食べ比べて、その違いがわかりますか?

Mok_susiikura500

子供に、2種類のイクラで軍艦を作ってもらいます。

どちらが本物?

人工イクラは、

キユーピーが製造している商品を使用します。

※原材料表示

植物油脂 しょうゆ みりん 魚油(サケ科) デキストリン 食塩 鮭 アンチョ ビー ゼラチン 増粘多糖類 塩化カルシウム ゲル化剤(アルギン酸ナトリウム)  調味料(アミノ酸等) 酢酸ナトリウム 酸化防止剤(ビタミンE) グリシン 着色料 (カロチノイド、紅麹) 乳化剤 (原材料の一部に卵・小麦を含む)

             

人工イクラと聞いて、

ひゃぁ~、そんなものがあるの??

と驚かれた、お母様方。

もっと驚いてください。

今、レストラン業界で最先端の料理って、

どんな料理だと思いますか?

科学から生まれる新しい料理です。

実験のような工程で、今までの料理とは違う食感や香りで、素材のうまさを楽しませる料理。

こういった料理を出すお店が、

どんどんミシュランの星をとっていっています。

サイエンス・クッキングとは?

   → コチラ

こうした科学から生まれる新しい料理の中に、

人工(人造)イクラの手法を利用した料理があるのです。

●エル・ブリ

●マンダリン オリエンタル 東京
 タパス モラキュラーバー 

というレストランを検索していただくと、よくわかるかもしれません。

今回は、なんと!最先端のレストランで使われている人工イクラのテクニックを、

子供たちに実験として、やってもらいます!

レッスンの目玉 その3

人工イクラの手法で、ジュースをぷちぷちに固めちゃおう!

Photo

材料は、アルギン酸ナトリウム、乳酸カルシウム、ジュースです。

もちろん、レストランで出されていますから、

食べられますよ♫

希望があれば、こんな風にして、子供に楽しんでもらおうと思います。

Photo_2

または、瓶に入れて、持ち帰ってもらってもいいですよ。

何色も作ると、きれいですから!

数日持つので、みんなに自慢したくなるかも

         

Photo_5

日時  10月20日(月曜)13:00~16:00頃 (満席になりました)

 

      10月21日(月曜)13:00~16:00頃 

 

          (運動会代休の学校があると思います

                                                          (満席になりました)

 

       11月3日(日曜)13:00~16:00頃  (満席になりました)

 

      その他、日程のご相談に応じます。

 

 

場所  奈良市の自宅

講習費 3500円

対象年齢 幼稚園年長~小学校6年生

定員 6~8名

募集方法

 

 以前、レッスンに来ていただいた方は、メールでお申し込みください。

 

 初めてご参加を希望される方は、

 下記のコメント欄に、
   お名前、
   メールアドレス(このブログに表示されません)
   受講希望

 と書いて投稿していただけますか。

 

 こちらにはメールアドレスが届くシステムですので、

 こちらよりご連絡いたします。

    

いつもは年齢によって、理解度が違うので、

対象年齢の幅を狭めていますが、

今回は原理の説明が難しすぎるので、

体験がメイン!

 

体験によって、科学のおもしろさを知り、

科学と食への興味の扉を開いていただくのが目的です。

 

 

この3つを組み合わせるというレッスンは、

他では見たことありません

いつかやりたいと温めていた内容なのです!

この1ヶ月間しかできないのが惜しいくらい。

こどもたちの、スゴイ!という驚きと発見の笑顔と出逢えるのを、楽しみにしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »