« 「米作りの会」2013 田んぼレポート3 | トップページ | 食育×農業イベントのご案内:大和伝統野菜 丸ナス »

「米作りの会」2013 田んぼレポート4

夜に寝苦しい、この暑さ

人間だけでなく、

稲も、こんなわけで、夜の暑さには参ってしまいます。

   というお話です。

1

  2013.8.24 私たちのの田んぼの様子です

           

稲が、「太陽の光」を必要とするのはなぜ?

稲の葉が緑色をしているのは、葉緑素(クロロフィル)があるからです。

葉緑素は、光合成を行ってくれます。

光合成とは・・・・・・

「空気中の二酸化炭素」「田んぼの水」

そして「太陽エネルギー」を利用して、

「ブドウ糖」を作り出す仕組みです。

生産したブドウ糖は、穂に送り込まれます。

穂では、ブドウ糖そのままの形ではなく、

た~くさんのブドウ糖が鎖状につながった「デンプン」という形にして、蓄積します。

    

つまり、私たちが食べているお米の主成分が「デンプン」というわけです。

ご飯を30回噛むと、甘くなるよ

とよくいうのは、

デンプンがだ液の消化酵素で分解されて、つながりが切れるから。

1つ1つの糖に近くなるほど、甘味を感じるのです。

というわけで、私たちが米を食べたときの

おいしさも、栄養も、このデンプンのおかげなのです。

太陽の光は大事。
でも、日中の暑さを夜まで引きずるのはダメ!

       その理由は?

稲が、光合成をするには、太陽は必要!

だから、晴天は、稲にとってはうれしいこと。

でも、昼間に晴れて気温が上がっても、夜には涼しくなって欲しい、

これは、人間も稲も同じことなのです。

寝苦しいほど暑い夜で、稲だって体力を消耗します。

      

日が沈むと、光合成は、いったん休憩。

稲は、昼間に、葉で光合成することで作ったブドウ糖を、穂に送り込みます。

これを「転流(てんりゅう)」といいます。

人間と一緒で、稲も呼吸しています。

夜の気温が高いと、稲の呼吸が盛んになります
          (暑くてゼイゼイということ)。

それで、呼吸を行うために、せっかく作ったブドウ糖を消費してしまうのです。

そうなると、デンプンに変えられる原料のブドウ糖が少なくなる~

というわけで、おいしいお米を作るためには、

夜間は気温が低い方がよいのです。

「寒暖差がある方が良いお米ができる」のです。

太陽の光が欲しいといっても、暑すぎるとダメな理由。

先ほどの話は、

暑すぎる夏は、米の食味を悪くする可能性があるという話です。

デンプンが少ない=いいお米にならないからです。

それだけではありません。

収穫量も減ってしまう場合だってあるのです。

温度が昼間約35℃、夜間約30℃程度を越える日が続くと、

稲に高温障害が発生する可能性があるといわれています。

高温になると、吸水(根から水を吸い上げる)が蒸散(葉の気孔の開閉による)に追いつかずに、しおれて枯れる場合があるからです。

また、稲が蒸散を防ぐために葉の気孔を閉じてしまい、

それによって光合成も停止し、生育が止まって、やがて枯れてしまう場合だってあります。

夏は、夕立が降ると、

さ~っと暑さがなくなり、涼しくなりますよね。

あの感じが欲しいんですよね~。

高温障害が出ないように、

管理してくださっている萩原農園さんも、対策をうってくれています。

私たちの稲、頑張れ!

|

« 「米作りの会」2013 田んぼレポート3 | トップページ | 食育×農業イベントのご案内:大和伝統野菜 丸ナス »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「米作りの会」2013 田んぼレポート4:

« 「米作りの会」2013 田んぼレポート3 | トップページ | 食育×農業イベントのご案内:大和伝統野菜 丸ナス »