« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

「米作りの会」2013 田んぼレポート2

私たちが田植えしてから5週間。

稲はずいぶん大きくなりました。

2013年7月28日

Img_9067

Img_0750

しっかり、大地に根をおろしているのが、わかりますよね!

うれしいです♪

Img_1443

田んぼに溝がついているのが、わかりますか?

入ってくる水、出て行く水の道をつけるために、溝を作る機械で、農園の萩原さん(息子さん)が溝をつけてくださったそうです。

植えるときに、植える場所の目安がわかるように、等間隔にしるしをつけたロープを張ってくださって、それを移動させながら、田植えしましたが、

去年、おととしは、それでも、終わってみたらまっすぐ植えられてなくてガタガタ。

この溝付け作業が、大変だったそうです。

萩原さんの息子さんは、

今回、田植え当日はお見えにならなかったので、私たちの田植えの様子はわからなかったのですが、

「今年は、今までよりもまっすぐ植えられていて、上達していましたね~」
「溝をつける作業が、スイスイできて、2本でいいところ、3本するするとつけてしまいましたよ~」

とのこと!

わぁ、うれしいお言葉ぁ~

      

稲は「分げつ」が進んでいます。

田植えでは、苗を3本ずつを1株にして植えると教わりました。            

「分げつ」というのは、1株の苗が本数を増やしていくことで、

この3本の苗が25本まで育ちます。

25本まで育ったら、一旦田んぼの水を抜く「中干し」を行います。

中干しすることによって、25本以上には増えないようにするのです。

これ以上増えると、稲が大きく育たなくなるからです。

       

3本ずつ取るようにといわれても、結構むずかしいのです。

スポンジ状のシート(ポット)に種もみをまいて、そこから苗が出ている、

いわば、貝われ大根状態。

それを根元でちぎって、3本とるのですから、

田植えのスピードのなかで、

ぱっぱとやるのは大人だって手間取るし、

ましてや、子供はむずかしいですよね。

やっぱり、ごそっと植えちゃっているところはあるんですよね。

      
         

では、初めに3本をとって植えるのと、ごそっと本数をたくさんとって植えるのとでは、どういう違いがあるのでしょうか。

他の野菜でもそうですが、

種をまいて、たくさん芽が出てくると、

栄養を取り合います。

それではよく育たないので「間引き」をしますよね。

田んぼに植えたらもう間引きはできませんから、

種もみをポットにまいて育った苗を、3株ずつ植えることが、間引いてるようなものですね。

そして、株数が増えると、風通しが悪くなり、酸素が行き渡らなくなります。

それによって、生長が悪くなるのです。

なるほどですよね~。

夏の太陽の光が稲には大切!

私たちにとっては、ジリジリと暑過ぎてでかけられませんが、

稲には頑張って大きくなってもらいましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年夏休みのキッズ・クッキングのご案内 7/26

夏休みが始まりましたね

夏休みの

子供料理教室 キッズ・クッキング 

                      のご案内です。

第一弾7/22、第二弾7/24は、

満席となり、締め切らせていただきました。

みなさま、どうもありがとうございます。

当日を楽しみに待っています

第三弾 

キッズ・クッキング

『旬のとうもろこしを使って』

●日時

2013/7/26(金曜)10:00-13:30 過ぎ

  <満席になりました>

●対象

幼稚園年中組~小学1年生対象

●受講費

3000円

●メニュー

とうもろこしご飯

お吸い物

ひじき入り肉団子

キャベツときゅうりのごま和え

Img_8436

とうもろこしを美味しくゆでる方法は?

ゆで汁も使って、とうもろこしのご飯を作りましょう!

甘さとプチプチ感が、最高です

ピーラーでむく、包丁やはさみで切る、混ぜるという手の動きのほかに、

団子を丸める、すり鉢でするなどの動作を入れて、

五感の刺激をうながします。

この日も、新しいことにチャレンジして、ワクワク、楽しい一日にしたいですね   

             

詳細は、以下をご覧ください

キッズ・クッキングのねらい 

        →コチラ

申し込み方法・タイムスケジュールなどの詳細

        →コチラ

           

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013夏休みのキッズ・クッキングのご案内 7/22、7/24

今週末が幼稚園や小学校の終業式。

夏休みまでもうすぐですね。

夏休みの

子供料理教室 キッズクッキング のご案内です。

                 

第一弾

キッズ・サイエンス・クッキング

『驚き!ブルーベリーのホットケーキ』

(↑ 詳細はクリックしてください)

●日時

2013/7/22(月曜)13:00-16:30 過ぎ

   <満席になりました>

●対象

小学1-2年生対象

●受講費

3500円

Photo_4

   Photo_5

                 

第二弾

キッズ・クッキング

『スパイスを調合して作る ドライカレー』

●日時

2013/7/24(水曜)10:00-13:30 過ぎ

  <満席になりました>

●対象

幼稚園年長組~小学3年生対象

●受講費

3000円

●メニュー

なすのドライカレー

枝豆ご飯

コールスローサラダ

フルーツヨーグルトゼリー

Photo_6

  Photo_7



カレーといっても、そんなに辛くないので、幼稚園のお子さんでも食べれると思います。

タイムスケジュール、持ち物、お申し込み方法

       → コチラ

思い出に残る夏休みにしたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キッズクッキングのお申し込み方法等

キッズクッキングの当日の詳細、お申し込み方法をお伝えいたします。

タイムスケジュール 

10:00   受付、準備

10:15   料理開始

12:30頃  いただきます

   (お母様方もお味見してくださいね♫)

      
13:30頃    終了

持ち物

●子供用エプロン

●三角巾(バンダナなどで結構です)

●手拭タオル

●子供用の使い慣れた箸、フォーク、スプーン

使用器具に関して

はさみ、ピーラー、フライ返し、包丁などの器具は、
こどもの食育用に開発された器具を用います。

熱源はIHヒーターを使用します。

お申し込み方法

●ブログをご覧になって申し込んでいただける方

下記のコメント欄に、

お名前とメールアドレス、

内容の欄に受講希望と書いてご送信ください。

メールアドレスは、ブログ上では表示されませんが、

私のところにはメールで送られてきますので、

こちらよりご連絡させていただきます。

●フェイスブックをご覧になって申し込んでいただける方

友達申請(木村万紀子で登録)と同時に、

メッセージで受講希望の旨お伝えください。

初めてお越しいただく方には、

事前に電話でお話しさせていただいております。

お子さんのご様子や、不安なこと、好き嫌いなどを、把握したうえで、

レッスンにのぞみたいと考えているからです。

また、直接お話ししたほうが、初めての場所でも不安なくお越しいただけるかなと思っております。

キャンセルについて

お子さんですから、
急な発熱などの体調不良もあると思います。

うちも小さい子供がいるので、よくわかります。

しかしながら、教室を運営していく上で、
キャンセル規定を作らせていただいていますので、
以下、ご了承いただきたいと思います。

キャンセルの場合は前日の朝9時までにお願いします。

以降は、材料の関係で、やむを得ず半額ご負担いただきます。

代金をお振り込みいただいた後に、レシピを郵送いたします。

講師プロフィール 

木村 万紀子

奈良女子大学家政学部食物学科卒業、

辻調理師専門学校卒業。

中高家庭科一種免許状、調理師免許状、

キッズキッチン協会公認インストラクター

http://www.kids-kitchen.jp/)の資格を持つ。

現在は、

辻調グループ校、ヒューマンアカデミーでの講師のほか、

料理教室やセミナーで講師を務める。

そのほか、自宅にて料理教室の主宰、

食育イベントの企画や運営、

フードコーディネーターとして商品開発、ケータリング、

料理本の執筆など、

食の仕事を多方面に行う。

著書に、『科学でわかる お菓子の「なぜ?」』(柴田書店)、『西洋料理のコツ』(学研)がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nikon College で一眼レフの勉強

料理の写真を美しく撮りたい

一眼レフをそのために買うと宣言して、もう6年以上!?

今までに、何度も欲しい波が来て、その度に検討するのですが、

何を選んでいいのかわからなくなり、買う一歩手前でとどまっていました。

でも、もともと欲しいものだったから、

買うときには、あっさり買うものなのよね~。

カメラに詳しい方に、初心者だったらこれがいいのでは?

と選んでもらえたので、それに従って即決。

わぁぁ

オートで撮るだけでも、美しい!

何でもっと早く買わなかったのだろう(笑) ってことになりますよね。

でも、説明書をかじりつきで読んで実践する時間がとれなくて、

オートから先に進めない・・・

ということで ↓

       

Nikon のカメラを買うと、

Nikon College というカメラ講座に行けるのです。

「デジタル一眼レフカメラ入門講座」 は、

私みたいな初心者の方に、

めちゃくちゃ、オススメです!

Photo_2

最初に、参加者すべての方のカメラの機種を聞いて、

ホワイトバランス、シャッター速度、絞り値、ISO感度などの説明の後、

そのカメラの画面ではそれらが今どう表示されているかを、

前のモニターに映してくれて、

手元のカメラと見比べながら、操作を学べるのです。

これは非常にわかりやすい!

授業についていけないということがありません。

そして、テキストも20ページ近くあって

Photo_3


とても充実しています。

講師の方のお話しの進め方も、非常に上手で、

3時間、あっという間でした。

他の講座も受けてみたいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉ねぎを育てました! Part2

→玉ねぎの苗植えのレポートはコチラ

秋に植えた玉ねぎを、6月に収穫しました。

●2013年6月8日 収穫

しっかりと大きい玉ねぎが顔をのぞかせていて、

みんなの 「わぁ!すごい」 という歓声

Photo_8

ねぎの部分を持って引っ張れば抜けるのかなと思いきや

Photo_10

しっかり根が張っているので、

玉ねぎをぐいっとつかんで、

よいしょっと

Photo_9

         ぽこっと抜けました。

とれたよ~

Photo_11

    Photo_12



2


  
Photo_14


たくさん、たくさんとれました!

こんなにとれたら、みんなテンション上がっちゃいますよね

     

そして、ちょうど収穫から一ヶ月。

ほぼ毎日、玉ねぎを使った料理をしていますが、

まだ残っています!

というくらい、とれたのです

毎日、食卓に出てきたら、飽きてしまう食材もありますが、

玉ねぎって、本当に万能!

和洋中、日々姿を変えながら、

日々の食卓に溶け込んでいます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉ねぎを育てました! Part1

帯解で借りている田んぼの近くで、

玉ねぎを育て、収穫しました。

といっても、私には栽培の知識はないので、

農協の山田さんにご指導、管理いただいて、

親子で体験させてもらいました。

●2012年11月10日 玉ねぎ植え

Photo


これって、青ねぎの束??

ではなくって、玉ねぎの苗ですよね

品種は、晩生(おくて)です。

玉ねぎには、早生(わせ)、中生(なかて)、晩生(おくて)があります。

4月から5月半ばまで収穫する新玉ねぎが「早生(わせ)」。

フレッシュでおいしいですが、

水分が多い分、傷みも早くきます。

次に収穫するのが、「中生(なかて)」。

私たちが収穫するならば、日持ちがして、長く食べれるほうがいいよね

というご配慮で、「晩生(おくて)」の玉ねぎをチョイスしてくださっています。

収穫は6月頃です。

この玉ねぎは、次の春に新玉ねぎが出荷されるまで、

貯蔵されて、随時店頭に出されている品種ですから、

日持ちがいいというのもわかります。

              

田おこし

Photo_2

マルチしき

Photo_3

苗植え

Photo_4

もみまき


Photo_5

元気に大きくな~れ!

             

チンゲン菜も植えさせてもらいました☆

Photo_6


Photo_7

子供にとっても、私たち大人にとっても、

「そうなんだ~

と学びがあり、

そして自然に親しみ、

いい一日でした。

農協の山田さん、ご一緒してくださったみなさん、

ありがとうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

半夏生餅(はんげしょうもち)作り

半夏生(はんげしょう) ってご存知ですか?

耳慣れない言葉かもしれませんが、カレンダーに書いてあります。

今年は7月2日でした。

     

半夏生は、二十四節季の雑節の分類で、

夏至から数えて、ちょうど11日目にあたる日をこういいます。

1年365日のちょうど半分の日でもあります。

古くから、

田植えは半夏生までに終えないと、

その後田んぼに水が豊富にあったとしても、

収穫量が半分になるといわれています。

農家にとっては大事な節目の日で、

この日までに農作業を終え、

この日から5日間は休みとする地方もあるそうです。

私たちの田んぼは、帯解の辺りでは一番遅くにしていますが、

この半夏生までには絶対植えると決めて、

実施日、予備日も考えています。

     

半夏生の日に、豊作を願って、

田んぼの四隅に 

半夏生餅 (はんげしょうもち、はげっしょうもち)をお供えするとよい。

ということを農園主の方から聞きました。

人々は神様と一緒にお供物を食して、しばし農閑期の休息をとったということのようです。

このような風習は、大和の国(奈良)、北和歌山、南河内で残っており、

奈良では室町時代からあったそうですよ。

    

半夏生餅とは、

つぶし小麦ともち米を同量ずつ合わせてつき、

きなこをまぶしたもの  です。

一般に、お餅といえば、もち米のみで作られますが、

小麦の収穫が6月なので、

農家では、ちょうど旬のものを使ったのでしょう。

     

半夏生餅の作り方

Photo_8

<材料>

もち米     2合

つぶし小麦  2合

きなこ     適量

砂糖      適量

<作り方>

①もち米、つぶし小麦はそれぞれ洗って、水に6時間ほどつけておく。

②蒸し器に、水気をきったもち米を入れ、つぶし小麦をのせて、やわらかくなるまで30~40分ほど蒸す。途中で数回、打ち水(水を少しかける)をする。

  Photo_9


  Photo_10

③もちのようにつき、一口大に丸める。 

 

  Photo_11


  Photo_12


       味見はお約束ですね

  Photo_13

 

④きなこに砂糖を加え、もちにまぶす。

      

つぶし小麦のプチプチ感がおいしいですよ!

素朴なお味です。

つぶし小麦とは、

小麦を皮ごと押しつぶしたものです。

平小麦ともいうそうです。

なかなか手に入りにくいですが、

ぜひ手に入ったら、作ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「米作りの会」2013 田んぼレポート1

私たちが、6月23日に田植えをした稲たちは、

どんな風に成長してくれているでしょう!

田植えの後、数日して、また警報が出るほどの大雨。

とても心配したのですが、すくすく育ってくれていますよ!

2013.6.23(田植えのとき)

Photo


Img_0715

2013.6.29(田植えから6日後)

Img_0723


Photo_2

2013.7.7(田植えから14日後)

001


        

田んぼのまわりは、奈良駅から車で15分と近いのに、

豊かな自然にあふれています。

田んぼのすぐ横で、田植えのときに魚をとりました。

子供たちは、これを楽しみに、水槽を持ってきています。

Photo_4

この日は、直前の雨で、小川の水が濁っていましたが、

お天気が続いているときに行くと、

澄んだ水に、お魚がい~っぱい!

Photo_5


  じ~っと見たら、たくさん見えますよ!

そして、こんなお客様もしばしばやってきます。

Photo_6


のどかで、癒されます。

稲よ、元気に育ってね


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「米作りの会」2013 田植え-Part2

Part1 (→コチラ) からのつづき・・・

Part2

このように、田植えをイベント化して、ぜひご一緒に!

と告知していると、

人を集めて、田植えをするというイベントを開くのも、

仕事としてしていると思われがちなのですが、

違います。

ボランティア でもありません

大げさにいうと、

こういう 私の生き方 なのです

 

 

     

イベントを開くって、大変なことも多い。

安全に行う責任もあるし、

みんなに楽しんでもらわないとと気負う気持ちもあるし、

みんなに声をかけたはいいけれど収穫量が少なかったらどうしようとか。

そのほか、実務でも。

常に、自分に、

「何のためにやっているのか?」

と やる意味 を問いかけています。

もちろん、子供に米作りの体験をさせたい

その想いが始まりですが、

それだけだったら、

市がやっているような他の田植えイベントに参加したっていいのです。

でも、それだけではないから、

田んぼを一反借りてまで、

リスクも背負ってやっています。

私が求めているもの・・・・・・

それは、共鳴できる人たちとの

人と人の温かなつながりです

いい子育てをするには、

いい仲間が必要だと私は考えています。

子供自身が学校で友達を作る

これも仲間ですが、

私は、親同士、大人同士、同じような意識で子育てしたいなと思っているいい仲間がいれば、

いい子育て環境を作り出せると考えています。

そして、それをすごく大切に大切に想っているのです。

     

そして、もう一つ。

農園主の萩原さんの考え方に、深く感動しているからです。

萩原さんの話をお聞きしていると、

「自然とともに生きる」という当たり前のことを、

どこか忘れかけていたことに、気づかされます。

私のそれまでの仕事は、

どんな銘柄のお米の、どんなところがおいしいか、などを食べ比べたり、

どうしたらおいしく炊けるか、ということ寄りのものでした。

米が作られる「現場」の話を聞くにつれて、

私の中で、捉え方が大きく変わりました。

美味しいお米は?という角度からお米を見る仕事が故に、

手元に届いた もの言わぬお米と対話するだけで、

米作りの現場の声を聞くこともなかったのです。

自分の中で矛盾を感じました。

本物を知りたい、本物に触れたい、

その本物には、本物の味だけでなく、現実の米作りが抱える問題も含むということです。

私たち消費者が、もっと生産者と深いきずなを築くことが、

これからの 食のあり方 を変えていくのではないかと思います。

    

米作りも三期目。

萩原さんとの出会いと、

共感してご一緒してくれている方々に、感謝しています。

そして、

この輪が広がっていくことを願っています。

Img_0714

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »