« 末就園児(2~3歳)の幼児料理教室・5月体験会のご案内 | トップページ | キッズ・クッキング~未就園児クラス、体験会の残席について »

家族でイチゴ狩りへ

過去3回開催していた

萩原苺農園での

イチゴセミナーを今年は開催できませんでしたが、

家族でイチゴ狩り をさせてもらいました。

Photo

フレッシュな味を堪能しました♪

      

イチゴの旬は45月という感覚が私たちの中にはありますが、

実際、今はクリスマスケーキでの需要が高まり、

ハウスや温室で育てられたイチゴが、

11月末から出回り、

2月頃がめちゃくちゃ甘い!

つまり、植物学上の旬と、

おいしい時期という意味での旬の、

2つが生じてきているわけです。

    

昨年3月に開催したイチゴセミナーでは、

温室イチゴでさせてもらいましたが、

イチゴなんて絶対食べないとうお子さん2人を、

「イチゴの虜」にしてしまったほどの、

美味しさでした。

何よりうれしかったのは、

「イチゴがおいしいと思えた!」

そのお子さん自身が、めちゃくちゃ喜んでくれたことです

克服できたことに、本人が一番うれしかったみたい。

みなさんから、こんな美味しいイチゴは食べたことない

というお声をたくさんいただき、うれしかったです。

ボランティアの活動なので、

そういう風に言ってもらえることが、何よりの原動力です。

Photo_2

     

しかし、セミナーで、子供たちに、

イチゴの繁殖を教えるときに、

最もおいしい時期には、なかなか難しいのです。

一番上の写真のようにランナーというつるがのびてきて、

それで繁殖する方法を目で見て、説明できるのですが、

のびるのは、最高においしい時期を過ぎてから。

つまり、繁殖期に入ると、

イチゴの実自体に行く栄養が、

ランナーをのばすのにとられるので、

イチゴの味が落ちてくる。

最高においしい時期のセミナーでは、

ランナーは見当たらないということなのです。

だから、繁殖のことをしっかり見せて教えることができない。

ということで、

今年は、

息子に昨年完全に伝えられなかった繁殖のことを、

目で見せてあげられてよかったです。


来年はどの時期にセミナーをさせてもらうお願いをしようか、

悩むな~。

農園の方からお聞きする繁殖の話、

すごく興味深いのです!

|

« 末就園児(2~3歳)の幼児料理教室・5月体験会のご案内 | トップページ | キッズ・クッキング~未就園児クラス、体験会の残席について »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家族でイチゴ狩りへ:

« 末就園児(2~3歳)の幼児料理教室・5月体験会のご案内 | トップページ | キッズ・クッキング~未就園児クラス、体験会の残席について »