« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

「米作りの会」2012 田んぼレポート10

2012年9月16日 私たちの田んぼの様子です。

Img_8913

   Img_8916

稲穂が垂れて、もみの中に米ができてきました。

もみをむくと・・・・・・

Img_8930

米がまだ未熟で固まりきっておらず、ミルク状。

すずめは、このミルク状の米が甘いと知っていて、食べにくるそうです。

     

米の主成分はデンプンです。

デンプンは、ブドウ糖がたくさん結合したもの。
糖がつながったものだけれど、デンプンは口に入れてもすぐに甘味は感じません。

分解されて、小さな糖の単位にならないと、私たちの舌では甘味を感じられないのです。

生米のデンプンでは消化されにくいので、

私たちは米を水とともに加熱して、デンプンを消化しやすい形にし、

唾液のデンプン分解酵素で分解します。

そうして、小さい糖の単位になって初めて甘味を感じます。

ご飯を20回かむと、甘くなるって、こういうことですね。

    

すずめはどうでしょう。

米が成熟してしまうと、そのまま食べても生デンプンですから、甘味を感じません。

でも、ミルク状のときは、ブドウ糖の状態ですから、

食べたらすぐに甘味を感じる。

だから、おいしくって食べにくるのですね。

    

この時期の米は、たくさん光合成をして、ブドウ糖を作ると、おいしいお米になります。

また、昼夜の寒暖差も、米をおいしくします。

詳しくは、昨年の田んぼレポートに記しましたので、ご興味ある方はご覧になってください。

   →コチラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.11月度のご報告

子供たちの手だけで作る 料理教室

KIDS COOKING

今回は、6月に田植え、10月に稲刈りを一緒に体験したお友達と

「収穫祭 クッキング」

11月初旬に、農園にて

脱穀・もみすり&とれたお米をみんなで食べよう

という 収穫祭 を実施したのですが、

そちらに参加できなかったお友達とともに。

お米にクローズアップした内容で行いました。

              

献立

  ●おにぎり

  ●豚汁

              

お米の学習

Img_2551_2

こんな風に稲が植わってて・・・・・・

    Img_2553_2

もみをむくと・・・・・・

Dsc03207_2

ほら、お米が出てきた!

    Dsc03209_2

こういう風に、もみから、もみがらを取り除くのが、

「脱穀」

↓こんな風にすると、簡単に脱穀できるよ~

Img_2564_2 やらせて~

   実際は、大きな機械でやります。

これではまだ薄い茶色の皮をかぶった状態なので、

「精米」します。

昔ながらの方法でやってみよう。

   Img_2580_2

            

おにぎり

米をとぎます。

Dsc03218_2

いつもは炊飯器で炊きますが、

昔ながらの方法で、鍋で炊いてみよう。

   Dsc03260_2

「炊けた!」

   わぁ~

Dsc03569_2

こんな風に穴がぽつぽつあくんだよ。

おいしく炊けた証拠です。

  Dsc03571_2

おにぎりを作ろう!

Dsc03602

    Img_2488

1個目は、ご飯の甘味を感じるために、塩のみ。

Img_2501

      うま~~~い!

    (豚汁の出来上がりを待たずに、炊き立てを食べることに)

2個目からは、好きな具を入れて握ろう。

Img_2504

    

           

豚汁

だしをとります。

3239

  Dsc03538

豚汁の具は、

みんなが包丁とはさみを使って、

それぞれ力加減・切り方が違うものをチョイス。

いつもは4品作るのすが、今回は豚汁に、

「切る」ということの要素を全部入れなくてはいけないので、

鍋からあふれんばかりの、相当な具だくさんに。

だから、とってもおいしくって、栄養たっぷりですよ~~~

  Dsc03339

Dsc03515

  Dsc03546

Dsc03553

   Dsc03556

Dsc03562_2

       などなど、ほかにも入れています。

Dsc03582

  Img_2524 みそを溶いて

Img_2539 いただきます

幼稚園の年中組のお友達の中に、

末就園児のお友達もまじっていましたが、

全くわからないというくらい、

上手にお料理してくれました。

包丁で切るときの力の入れ具合もしっかりしていて、

こんなにできるの?と驚き~!

みんないろんな体験ができて、

親も子も楽しいお料理教室でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.10月度のご報告

幼児料理教室 KIDS COOKING

今回のテーマは秋にちなんだ 「きのこ」

年中組のお友達5人が頑張りましたよ

               

献立

 ●きのこご飯

 ●なめこのお吸い物

 ●さけのホイル焼き

 ●小松菜と豚肉の白和え

           

きのこごはん

まずは、

「今日はこれだけの種類のきのこを使いま~す」

という紹介をただするだけではおもしろくありません。

きのこのお買いものごっご

Img_1807

        いらっしゃいませ!何のきのこにしますか?

        

きのこのお名前を全部覚えようね~

きのこご飯には、4種のきのこを使います。

包丁やはさみを上手に使って切りましょう。

「全部包丁でできるよ~」と、年中くらいになると
たまにいわれることもあるのですが、

はさみを使う指の動きは、包丁の動きとまた違います。

1つのプログラムの中で、五指を使い、いろんな動きができるように

考えているのです

料理を通して、五感の刺激にもなる

それを、この教室のよさにしたいので。

   Img_1843

Img_1853

洗った米に調味料と、た~くさんのきのこを入れます。

   Img_1878

きのこのうまみと香りがたっぷり

Img_1963

             

なめこのお吸い物

昆布の説明です。

  こ~んなに長いものが海の中でゆ~らゆら

Img_1797

         Img_1798

           水につけて、昆布のうまみを出しましょう。

かつおぶしからもおいしいうまみと香りが出ます。

Img_1861_2

なめこはぬるぬるしているね~

   Img_1887

みんなで、切ったみつばを入れましょう。

Img_1947

  だしのおいしさを味わってね~

        Img_1964

                

さけのホイル焼き

ホイルをやぶらずに、うまく包めるかな?

折り紙のように端と端をぴったり合わせて・・・・・・

きっちり折って・・・・・・

この時期の子供たちには、結構難しい作業です。

Img_1923

     Img_1927

Img_1932

ホイルを開けるお楽しみ

  わぁ~

   Img_1962

                  

小松菜と豚肉の白和え

白みそ、赤みそ、合わせみそ

「みそ」には三種類あります。

今日はこのうち2つを料理に使いました。

それぞれどんな味がするかな~?

   あまーい、もっと食べていい?

Img_1939

小松菜ざくざく。

Img_1895

豚肉ちょきちょき。

  Img_1910

Img_1919

   豚肉は甘辛く煮ます。

みんなで一緒にごまをすっています。

みんながやりたがる!

   Img_1938

豆腐、調味料を入れて、白和えの衣の完成。

Img_1946

具と和えたらできあがり。

白和えの衣は甘めの味つけなので、

ちょっと小松菜が苦手なお友達もパクパク食べれます。

   Img_1961

                  

いただきま~す

   

Img_1972

    

みんなよく頑張ったね!おなかすいたね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「米作りの会」2012 田んぼレポート9

稲の花が咲くのは、1週間ほどの間ということでしたが、

前回から10日後の、9月4日に見に行っても、まだ咲いていました!

Img_86091

田んぼ全体を見渡すと、穂がしっかりしてきた印象です。

Img_86151

         

田植えにご参加いただいた方で、

苗を持ち帰って、ご自宅でバケツ栽培もされている方もいらっしゃいます。

毎日田んぼに見に行くことができないので、

そうすると、稲のちょっとした変化を観察できて、すごくいいですよね。

みなさん上手に育てられていて、

花が咲き、実ったという話を数名の方からお聞きすることができました。

そして、そのうちのおひとりの岡本さんから、
貴重な写真をいただきましたので、

この場で2枚ご紹介させていただきます。

Dsc006321

Dsc006381

ベストショットですね♪

岡本さん、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「米作りの会」2012 田んぼレポート8 出穂・開花

私たちの田んぼの稲が、

「出穂(しゅっすい)」 そして 「開花」 しました

Img_8163

                                           2012.8.25の様子

稲の花です

Img_81571

Img_81581

籾(もみ)からとびだしている白いのが、稲の花!!

昨年は、ちょうど開花の時期に帰省しており、見ることができなかったので、

すごくうれしいです

花らしい花ではないので、

息子の感激はそれほどでもなく、

私のほうが、「すごい、見て~」とテンション上がっていました!

           

出穂について

茎の中で、籾(もみ)の集合体である穂ができ、

茎から出ています。

初めに、その田んぼで一番早い「走り穂」が出て、

その後、約半数の茎が出穂する時期を「出穂期」、

すべての穂が揃うと「穂揃い期」というそうです。

出穂後は、稲は葉で光合成をして、養分となるブドウ糖を作りだし、

穂に送り込んでためます。

収穫を増やすには、出穂から登熟までの期間に晴天が続き、

光合成量が大きくなることが大切です。

出穂後に晴れて暑い日が続くとおいしいお米が出来ます。

私には、この晴れ続き、暑さ続きはかなりこたえますが、

稲のために、太陽には頑張ってもらわなければ・・・・・・。

出穂の後は、稲は全勢力を穂に集中し、

お米を作ることを最優先にして穂に栄養をまわすため、

根が弱体化します。

これを助けるために、水を換えて根へ酸素を補給し

(水には酸素が含まれています)、

また有害ガスを取り除くそうです。

開花について

稲の開花を見るには、午前中に行かなければなりません。

この日は11時でした。

晴れた日の午前中にだけ花を咲かせるのです。

写真のように、花なんだけれども、花っぽくないのは、

花びらがないからです。

まず、緑色の籾(もみ)のカバーが開き、

おしべが伸びてきます。

おしべの花粉が風に運ばれて、めしべに受粉します。

その後、緑色の籾のカバーが閉じるそうです。

1本の穂には、約100個ぐらいの花が付いていて、

穂先から順番に咲きます。

1つの稲の花が咲いているのは約2時間です。

全部が咲き終わるまでに、1週間ぐらいかかるそうです。

少しずつずれて花を咲かせるのは、

子孫を確実に残すための仕組みと知り、

なるほど~~と思いました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.8月度のご報告

あつ~い夏の暑さをふっとばせ!ということで、

今回の幼児料理教室 KIDS COOKING は、

スパイスから作るカレー を開催しました。

さあ、みんなのスパイスに対する反応はどうかな??

                  

献立

  ●なすのスパイスカレー

  ●枝豆ご飯

  ●ラッシー

            

なすのスパイスカレー

★スパイス作り

カレーライスには、何をいれたらカレーの味になるの?

四角いチョコレートみたいなやつ

ルー!

そうだね。

 昔からの作り方は、ルーではなくて・・・・・・

Img_8993

  たくさんのスパイスです♪

   Img_9001 

     それぞれのスパイスをクンクン。

     いろんなはたらきがあるんだね。

Img_9012

        すべてブレンドしよう。

★カレー作り

   Img_9032 なす

Img_9027 にんじん

    お友達の見る目も真剣です。次はボクの番だね。

  Img_9034 まいたけ

Img_9079 たまねぎ

  Img_9099 

   にんにくはつぶして、香りを出そう。

Img_9109

 にんにくを炒めて、いい香りになってきたら、

  ほかの具もいれましょう。

  Img_9124 

スパイスはこのくらいかな~

Img_9130

  Img_9151 

        隠し味もいれよう。

        スパイスでつくると、どんなお味かな~

             

枝豆ご飯

夏野菜の枝豆。

枝豆のおいしいゆで方と、枝豆って何の豆の若いとき?

というお話もしました。

Img_9095

Img_9159 

  Img_9165 

          

ラッシー

Img_9178

  ヨーグルトベースのドリンク。

  カレーの辛さをまろやかに、そして口の中をさわやかにしてくれます。

          

できあがり~

Img_9186

Img_9202 おいしいね

カレーは幼稚園の野外活動でも作る経験があることが多いですが、

スパイスから作るっていうのは、

親も子もすごーく新鮮だったのではないでしょうか。

おうちでも作ってみてね

  

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.4月度のご報告

幼児料理教室 KIDS COOKINNG

今回は、新一年生のお友達 6人×2回 の教室を実施しました。

みんな初めてのお友達ばかり。

KIDS COOKINGでは、

末就園児の2歳半くらいからお料理をしていますが、

1年学年が上がるごとに、できることが変わってきます。

この日は、「さっすが一年生!」と拍手したくなるような場面に
何度も遭遇しました。

みんな、とっても頼もしく見えましたよ。

                     

テーマは 「乾物を使って」  。

乾物を戻したものは食卓にのぼりますが、

原形を見たことがないというお友達がほとんど。

親世代の私たちも、昔の人ほど乾物を使わなくなっているのも事実。

みんなで、乾物のよさを知りましょう。

             

献立

  ●豆腐とわかめのお吸い物

  ●ひじきご飯

  ●高野豆腐の卵とじ

  ●あんみつ

            

豆腐とわかめのお吸い物     

だしをとります。    

Img_7317_2

  昆布が大きくなったら、湯から引きあげよう。

  ぬるぬるして、すべる~。

  Img_7318 

   こんなにたくさんのかつおぶしをいれるんだね♪

Img_7336

  かつおぶしが沈んだら、取り出します。

  だしには、こんぶとかつおのおいしい味だけ移っていますよ~。

三つ葉を切ります。

  Img_6358 

     1年生にもなると、包丁使いもスムーズです。

そして、本日のメインイベント!

「豆腐をてのひらの上で切ってみよう」

小学生には、ぜひやってあげてたいプログラムなんです。

おうちで包丁を使って野菜を切ったことがあっても、

てのひらの上で・・・というのは、ないはず。

みんな、先生のデモを見るまなざしが真剣。

さあ、やってみましょう!

     待っているお友達もドキドキです。

Img_7355

Img_6443 できた!

 Img_6448 じょうず!

   

  全員がとてもうまく切れました。

  これって、すごく自信になるのです。

  達成感を味わって、みんな目がキラキラしてる~

お吸い物に仕上げに、具をいれましょう。

 Img_6458_2 

           

ひじきご飯

Img_6417

  原形のひじきは、わかめ?

       という声続出。

  ひじきを煮て、ふくらむと、みんななるほどだよね。

  Img_6455 

 しょうゆやみりんで味つけしたひじきを、ご飯に混ぜ込みます。

            

高野豆腐の卵とじ

高野豆腐を手にとったみんな

  これは何???

Img_7299

     くんくん、においはどうかな

      かちんこちんだね。かめないよ。

水につけたら、やわらかくなった!

   Img_7327_2 

   こんな風に、そっと押して洗います。

   こういう体験は、みんな本当に初めて。

1年生にもなると、きれいに形をそろえて切るのが、みんな上手。

Img_6398

きぬさやははさみでチョキチョキ。

五指を使ってやるということも大切にしたいので、あえてはさみも入れています。

 Img_6347

卵を割って

  Img_6427 

煮汁で高野豆腐、きぬさやを入れ

Img_6431

卵を流しいれます。

  Img_6451 

           

Img_7367 完成

            

あんみつ    

こ、これは何???       

Img_7300

    ↑棒寒天です。

煮溶かして、砂糖を加え、ゼリーに。

  Img_6412 

   ゼリーってこうやってできるんだね。

固まると、さくっさくと切れます。

Img_6492

  Img_6504 盛り付け

できあがり~

Img_6507

                 

Img_6479

頑張った後のいただきます!

自分で作ったご飯のおいしいこと

食卓に並ぶハンバーグやステーキもそりゃあおいしいけれど、

こんな風に、長く保存して食べるという、

昔の人の知恵から作られた料理を、味わうという機会もいいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »