« 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.11月度のご報告 | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 2012.4月度のご報告 »

「米作りの会」2012 田んぼレポート10

2012年9月16日 私たちの田んぼの様子です。

Img_8913

   Img_8916

稲穂が垂れて、もみの中に米ができてきました。

もみをむくと・・・・・・

Img_8930

米がまだ未熟で固まりきっておらず、ミルク状。

すずめは、このミルク状の米が甘いと知っていて、食べにくるそうです。

     

米の主成分はデンプンです。

デンプンは、ブドウ糖がたくさん結合したもの。
糖がつながったものだけれど、デンプンは口に入れてもすぐに甘味は感じません。

分解されて、小さな糖の単位にならないと、私たちの舌では甘味を感じられないのです。

生米のデンプンでは消化されにくいので、

私たちは米を水とともに加熱して、デンプンを消化しやすい形にし、

唾液のデンプン分解酵素で分解します。

そうして、小さい糖の単位になって初めて甘味を感じます。

ご飯を20回かむと、甘くなるって、こういうことですね。

    

すずめはどうでしょう。

米が成熟してしまうと、そのまま食べても生デンプンですから、甘味を感じません。

でも、ミルク状のときは、ブドウ糖の状態ですから、

食べたらすぐに甘味を感じる。

だから、おいしくって食べにくるのですね。

    

この時期の米は、たくさん光合成をして、ブドウ糖を作ると、おいしいお米になります。

また、昼夜の寒暖差も、米をおいしくします。

詳しくは、昨年の田んぼレポートに記しましたので、ご興味ある方はご覧になってください。

   →コチラ

|

« 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.11月度のご報告 | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 2012.4月度のご報告 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「米作りの会」2012 田んぼレポート10:

« 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.11月度のご報告 | トップページ | 幼児料理教室 KIDS COOKING 2012.4月度のご報告 »