« 「米作りの会」2012 田んぼレポート5 | トップページ | 「米作りの会」2012 田んぼレポート7 »

「米作りの会」2012 田んぼレポート6

2012年7月17日の私たちの田んぼの様子

Img_6490

田んぼは、7/16の週から、『中干し』に入り、水を抜いています。

このときはまだ、田んぼが深いところでは水が残っているところもあります。

土がむきだしになるので、田んぼが一変します。

Img_6493



中干しとは?

1.田んぼの水を抜き、土がむき出しになると、土中に酸素が供給されます。これによって、根腐れを防ぎ、根が強く張ることができます。

2.土中の有害ガス(硫化水素、メタンガスなど)を抜くことができます。

3.水を抜くことによって、過剰な「分げつ」を抑制します。



「分げつ」とは?


田植えのときに、プランターに植わった苗から
1株を3~5本ずつちぎりとって、植えました。

その本数が生長するにつれて増えます。

これを「分げつ」といいます。

約3本ほどの苗が25本まで育ったら、

一旦田んぼの水を抜く「中干し」を行い、それ以上本数が増えないようにします。

なぜかというと、

これ以上増えると、稲が大きく育たなくなるからです。

          

そこで、初めに3本をとって植えるのと、ごそっと本数をたくさんとって植えるのとでは、どういう違いがあるのかが気になり、農協のやまださんにお尋ねしました。

他の野菜でもそうですが、

種をまいて、たくさん芽が出てくると、
栄養を取り合います。

それではよく育たないので「間引き」をしますよね。

田んぼに植えたらもう間引きはできませんから、

種もみをポットにまいて育った苗を、3本ずつ植えることが、

つまりは、間引いてるようなものです。

そして、株数が増えると、風通しが悪くなり、酸素が行き渡らなくなります。

それによって、生長が悪くなるのです。

ごそっと5本以上取って植えたのでは、かえって育たなくなってしまうそうです。

ちなみに、最近は、1本植えが流行っているともおっしゃっていました。

3本植えるのと、ほとんど収穫量が変わらないそうです。

田んぼ一反に、3本植えをすると、ポットが25枚ほど必要ですが、

1本植えにすると15枚くらいで済むそうです。

それで収穫量が変わらないなら、コストが抑えられるという考え方のようです。

|

« 「米作りの会」2012 田んぼレポート5 | トップページ | 「米作りの会」2012 田んぼレポート7 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「米作りの会」2012 田んぼレポート6:

« 「米作りの会」2012 田んぼレポート5 | トップページ | 「米作りの会」2012 田んぼレポート7 »