« 「米作りの会」2012 田植え-Part2 | トップページ | 「米作りの会」2012 田んぼレポート3 半夏生餅作り »

「米作りの会」2012 田んぼレポート2

わたしたちの田植えは、6月24日で、思ったよりも遅いと感じられた方もいらっしゃると思います。

奈良では、GW頃から田植えが始まります。

そして、半夏生(はんげしょう、二十四節季の雑節)までには田植えを終えなければならないといわれています。

もし、私たちの田植えが雨で延期になれば、

ちょうど半夏生の7月1日でした。

これだけ遅くしたのは、農園主さんの考え方のひとつに、

次のようなことがあったからです。

私たちの田植え直後の田んぼ

Img_5670

周りの田んぼ

Img_56751

比較すると…(手前がわたしたちの田んぼ)

Img_56761

周りの田んぼは早くにトラクターでびちっと植えて、

こんなに生い茂っているのに、

わたしたちの田んぼは、出足が遅いのでは?と不安になられた方もいたようです。

私たちは、無農薬でやるので、どうしても虫に弱い。

「人間が見たって、周りの田んぼのほうが、虫が好んで寄っていきそうですよね?」

なるほど

そんな風に考えていらっしゃったのですね。

農業にはいろんな考え方があります。

答えはひとつではありません。

農園主の萩原さんは、「自然の声」に耳を傾けて、対話しながら農業を営んでいらっしゃるんだなと、日々お話しさせていただいて、感じています。

あわただしい日常の中で、ふと立ち止まり、

自然と対話するということを、忘れかけていた私は、

萩原さんとの出会いで、多くのことを学ばせてもらっています。

田植えが、私の考え方まで変えてくれています

|

« 「米作りの会」2012 田植え-Part2 | トップページ | 「米作りの会」2012 田んぼレポート3 半夏生餅作り »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「米作りの会」2012 田んぼレポート2:

« 「米作りの会」2012 田植え-Part2 | トップページ | 「米作りの会」2012 田んぼレポート3 半夏生餅作り »