« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

「米作りの会」2011 収穫祭

稲刈りをしてから5日後、2011年11月3日、

「収穫祭」を行いました!

先日は、稲刈り・脱穀を行い、「もみ(籾)」の状態にまでし、

この日までに、もみを乾燥させてもらいました。

          

<乾燥>

刈り取った米には、20~30%の水分があり、変質しやすいので、すぐに乾燥する必要があります。

水分量15%程度まで落とします。

乾燥の方法は大きく分けて2つあり、

1つ目は、昔ながらの「はさがけ」と呼ばれる方法の自然乾燥。

柱を物干し竿みたいにたてて、そこに束ねた稲を干すやり方です。

その光景が目に浮かぶのではないかと思いますが、最近、あまり見かけませんよね。

何日もはさがけしている間に、天候が悪くなると、乾燥むらができたりして、品質が低下するおそれがあります。

2つ目の方法は、機械乾燥です。

天候に左右されないとはいえ、急激に乾燥させると、米が割れたり、砕けたりしてしまいますが、もちろん機械は発達をしていて、

農園主さんいわく、この機械で乾燥させたほうが、おいしい米に仕上がるというので、

今回は機械乾燥をすることにしました。

          

<もみすり>

もみすりとは、「もみ」から「もみ殻」を取り除き、「玄米」にする工程です。

Img_2589 もみ

もみすり機で、一気にもみからもみ殻がはがされていきます。

Img_2367

さて、もみすりの工程を見ても、子供たちはまだピンときていないご様子。

そこで、わかりやすいように、手元でもみ殻がはがれていくのを体験させました。

準備するものは、すり鉢と、なんとソフトボール。

Img_2586 

すり鉢に、もみを入れて、ソフトボールを押し付けてゴリゴリとまわします。

すると、こんな風に、もみからもみ殻が取れていくんですよ。

Img_2585_2

これで、子供たちも納得!

すり鉢とくれば、すりこぎを使いそうなものですが、

すりこぎですると、米が砕けてしまうのです。

固いすり鉢に、弾力があるソフトボールの組み合わせがちょうどよいのです。

          

<精米・精白>

次は、「玄米」の果皮や種皮、ぬか層を取り除く、精米・精白の作業を行います。

「わ~っ、お米が真っ白になって出てきた!」

Img_2370

米が白いのは当たり前の光景ですが、

こうして順を追って、変化を見ていると、やっと白い米になったということに、驚きと感動があります。

子供たちには、昔ながらの方法での精米体験もしてもらいました。

瓶に玄米を入れて、ひたすら棒でつきます。

Img_2377

そう、ただ、ひたすらに・・・・・・。

米が白くなるには、何時間もかかるとか!?

今日は、ぬか層が取れて、瓶にうっすらとぬかが張り付くところまで見れました。

          

今、精米したばかり米を、炊飯します。

炊ける間、子供たちは、もみ殻の山をすべり降りて遊んだり、木登りをしたり、自然と触れ合って遊んでいます。

Img_2379

     Img_2384   

さぁ、ご飯が炊けましたよ~~!!

つやっつやの炊き上がり!

おいしそうな香りに、わ~っと歓声が上がります。

子供たちに、おにぎりを作ってもらいます。

   Img_2395_2

幼稚園の子供たちが多かったのですが、みんな上手に握っています。

まずは、塩とのりだけのシンプルなおにぎり。

パクリ

Img_2408

   

おいしい~~!

   11

自分たちで作ったお米だから感動も大きいのでしょうが、

このお米、本当においしいんです。

塩の味つけだけで、こんなにおいしいの!?

次は、おとうさん、おかあさんの分を、子供たちに握ってもらい、

2つ目からは、好みの具材をトッピング。

Img_2415

         兄弟で仲良く作っていますよ。

40合も炊きましたが、ぺろりとなくなりました。

子供たちが、そんなに食べるの??というほどの食欲!

うれしいですね♪

          

          

今日も、大人も子供も、とてもいい経験ができました。

半年の間、米作りに携わって、多くのことを感じ、吸収してきました。

そして、賛同してくださった20組以上のお友達家族との共同作業が、

とても楽しく、シアワセな時間が過ごせました。

農園主の萩原さん、お友達に感謝です

また、来年も取り組む計画です。

       

    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »