« 「米作りの会」2011 田んぼレポート5回目 | トップページ | accueillir (レストラン アキュイール)~大阪 西天満  vol.2 »

accueillir (レストラン アキュイール)~大阪 西天満  vol.1

関西版ミシュランで2つ星の

accueillir (レストラン アキュイール) 。

大阪の西天満の裁判所や法務局の近くにあり、

知らなければ、星つきのレストランがあるような場所とは思えない。

地図を見ながら歩いていたのに、

お店の外観もさりげなくて、

思わず通り過ぎてしまいました。

「えっ?ココに?」と慌てて戻って、

お店に入ると、

そこは、別世界。

Img_3122

外観も内装も、シンプルで、落ち着いた感じ。

このお店のよさは、お料理のよさはさることながら、

何といってもサービスのクオリティの高さ。

これほど居心地のよいサービスを受けると、

本当に感激します。

とても心地よい時間が過ごせるという意味で、

別世界なのです。

             

まずは、お料理を紹介しましょう。

MENU SAVEUR(ムニュ サーヴル)

●スープ

Img_3123

鹿児島産ゴールドラッシュのトウモロコシのスープにスプーンを入れると、

器の底には、北海道のうにのロワイヤル(フラン)が。

フランとは、簡単にいえばプリンのようなものです。

口の中で、濃厚なうにのフランがとろけていくときに、

うにの甘味と、トウモロコシの甘味が絶妙にお互いを引き立てあっています。

どちらもやさしい甘味。

心がふわ~っとします。

●パン&バター

Img_3130

        Img_3124

天然酵母のプチフランスパンは、

Le Sucre-Coeure (ル・シュクレ・クール)製

ハジメ・レストランを紹介した過去の記事でもお話ししましたが(→詳細はコチラ

大阪の吹田にある、今注目のパン屋さん。

有名なレストランが、こちらのパンを使っているのです。

フランスのメゾン・カイザー(現エリック・カイザー)で修行されたシェフで、ブーランジェリー・ブルディガラ、ブーランジェリー・イヴー(おいしかったのに現在閉店)の立ち上げにもかかわられています。

粉の風味が豊か!というひとことで説明するには失礼なくらい。

料理の邪魔をしない、存在感がありながらも主張しない、そんな味に仕上げられているのですが、

キラリと光る味わいに、

つい、もう1個食べたくなってしまうのです。

あ、料理の話に戻らなくては・・・・・・。

●冷製オードブル

Img_3127

   Img_3128

あわび、じゅんさい、トマトのジュのゼリー、
ゼブラトマト、赤・黄のミニトマト、ほおずきトマト

さわやかな夏らしい一皿です。

●温製オードブル

Img_3132

  Img_3133

フォアグラのポワレと焼き穴子の燻製にとても惹かれて、

このコースをオーダーした私。

まったりした濃厚な味が大好きなので、フォアグラと書かれると、つい食指がのびてしまいます。

穴子は燻製にすると、とたんに個性を発揮。フォアグラに負けていません。

もちろん、夏限定のサマートリュフも魅力。

トリュフのかぐわしい香りを吸い込みながら、いただきました。

黒米のリゾット、パセリのソースも、よく合っていておいしい。

●魚料理

Img_3135

  Img_3138

キジハタのポワレです。

そして、なすづくしなのです。

加茂なすのグリル。

焼きなすを、白バルサミコ酢につけたもの。白バルサミコ酢は、メジャーな赤バルサミコ酢よりも甘く、そのままでもかなり甘味を感じる調味料です。

そして、焼きなすのソース。またまた、夏ですね。

もうひとつのソースは、貝のジュとサフラン。

この組み合わせはまるでブイヤベースですから、間違いなくおいしいです。

あっさりとしたコクと香りが華やかで、淡白な味のキジハタやなすを引き立ててくれています。

ウイキョウの花とディルのハーブが、さわやかさを演出してくれていますね。

●お口直し

 Img_3141

レモンビネガーのグラニテです。

●肉料理

Img_3142

   Img_3145

agneau de lait(アニョー ド レ)=乳のみ仔羊のローストです。

agneauは生後1年未満の仔羊を指し、laitはミルク。

まだ、乳を飲んでいるだけの仔羊ですから、身質がやわらかで、それこそミルキーだと。

仔羊特有のクセというか、あの仔羊らしさを主張した香りも好きですが、

乳のみ仔羊のおだやかな香りと味は、こういうシンプルに焼くと、そのおいしさを堪能できますね。

いつも出会える味ではないので、メニューに書かれていると、目にとまります。

カナダからのシャロレー牛とのことでした。

こちらは、万願寺とうがらしづくし。

付け合せの万願寺とうがらしの中には、スッキーニの角切りがカポナータ風にトマトで煮込まれたものが詰まっています。

赤いソースは、赤い万願寺とうがらしというのがあるそうで、それから作られたものだそう。珍しい~。

●デザート1

Img_3146

これまた、さわやかで、引き締まるようなな一品。

スプーンの上には、しょうがのソルベ。

グラスには、ココナッツ&メロンのムースに、ミントゼリー。

●デザート2

Img_3149

“マンゴーのデザート アキュイール風”

いつもの私なら、夏であれども、濃厚なケーキ類をチョイスしそうなものですが、こちらの店名を冠したデザートの、演出に惹かれてオーダー。

マンゴーのアイスクリームに添えてくれるのは、

    Img_3150

黒米ワイルドライスを炊いて、乾燥させ、揚げたものです。

Img_3153

ややもすると、単調な味になりそうな、マンゴーのアイスクリームの一皿に、揚げたコクと、ショリショリした食感が、思いもよらぬスパイスとなっています。

●プティフール

Img_3154

プラリネクリームのシューや生チョコ。

プティフールと飲み物で、今日の料理は締めくくり。

(vol.2へ続く)

|

« 「米作りの会」2011 田んぼレポート5回目 | トップページ | accueillir (レストラン アキュイール)~大阪 西天満  vol.2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: accueillir (レストラン アキュイール)~大阪 西天満  vol.1:

« 「米作りの会」2011 田んぼレポート5回目 | トップページ | accueillir (レストラン アキュイール)~大阪 西天満  vol.2 »