« BARNES~札幌のソフトクリーム屋さん | トップページ | 「米作りの会」2011 田んぼレポート5回目 »

「米作りの会」2011 田んぼレポート4回目

田植えから18日目の田んぼの様子です。

2011年7月12日

Img_8751

葉の1本1本がしっかりしてきました。

背丈ものびています。

そして、雑草も生えてきました。

        

田植えのときは、

苗がポットに植えられていて、

根がからみあってつながっている苗を、3本(株)ずつに分けながら、植えていきました。

            84551

         ↑これが苗が植えられていたポットです。

イメージとしては、スポンジに植えられたかいわれ大根を、スポンジごと小分けにするという感じです。
意外と、力がいるというのが伝わりますか?

3本ずつ取るようにいわれても、

結構難しくて、5本以上になっていたような・・・・・・

            

その差がよくわかるようになりました。

列ごとに本数が違うのです。

まぁ間違いなく、私の家族のところは、本数が多すぎの列です。

3本にしようと思うと、ぎゅっとつかんで引きちぎる感じになり、うまくできなくて・・・・・・

ごそっと株をとってしまったり、丁寧にできていなかった(汗)

最後に、ポットに苗が残ってしまうと、もったいないなんていう気持ちがはたらき、
終わりに近づくにつれて、本数がなんとなく多くなっていたかもしれません。

Img_8753  ちょうどよい本数

Img_8755 げげっ!多い!うちかなあ

   Img_87591 少ない

 

「分げつ」といって、3本の苗が25本まで育ちます。

25本まで育ったら、一旦田んぼの水を抜く「中干し」を行います。

中干しすることによって、25本以上には増えないようにするのです。

これ以上増えると、稲が大きく育たなくなるからです。

          

では、初めに3本をとって植えるのと、ごそっと本数をたくさんとって植えるのとでは、どういう違いがあるのでしょうか。

他の野菜でもそうですが、

種をまいて、たくさん芽が出てくると、

栄養を取り合います。

それではよく育たないので「間引き」をしますよね。

田んぼに植えたらもう間引きはできませんから、

種もみをポットにまいて育った苗を、3株ずつ植えることが、間引いてるようなものですね。

そして、株数が増えると、風通しが悪くなり、酸素が行き渡らなくなります。

それによって、生長が悪くなるのです。

最後にポットに苗が残るともったいないから、ごそっと植えたのでは、かえって育たなくもったいないことになってしまうそうです。(反省)

最近は、1本植えが流行っていると、農協の方がおっしゃっていました。

3本植えるのと、ほとんど収穫量が変わらないそうです。

田んぼ一反に、3本植えをすると、ポットが25枚ほど必要ですが、

1本植えにすると15枚くらいで済むそうです。

それで収穫量が変わらないなら、コストが安く済みますよね。

なるほど~。

本数多くとってしまったものも、元気に育って~と願うしかないです。

|

« BARNES~札幌のソフトクリーム屋さん | トップページ | 「米作りの会」2011 田んぼレポート5回目 »

食育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「米作りの会」2011 田んぼレポート4回目:

« BARNES~札幌のソフトクリーム屋さん | トップページ | 「米作りの会」2011 田んぼレポート5回目 »