« 初節句 | トップページ | 東西ひなあられ »

赤貝のぬた和え

赤貝は、冬が旬の二枚貝。

寿司ねたでは、おなじみですが、

上巳の節句のひなまつりには、
赤貝のぬた和え を作りたいものです。

Img_6127

赤貝は、スーパーではあまりみかけませんが、

百貨店の鮮魚売り場には、この時期おいてあります。

 

とはいえ、殻から出したこの状態で売られていても、

いやはやどうさばいていいのやら??
と思われがちなこのお姿。

Img_6105ムムム

とはいえ、やり方さえわかれば、

いかをさばくよりも簡単だと思います。

こんな風に、身とひもにわけられます。

Img_6108

赤貝の身は、まな板にたたきつけると反ることを利用して、

唐草赤貝 という飾り切りにすると、

美しいでしょう

61171

その名のごとく、唐草模様に似せています。

ぬた和えのわけぎの間から、こんな赤貝が顔をのぞかせると、目にも楽しい、美しい仕上がりになりますね。

         

ぬた和えのぬたは、「沼田」と書きます。

からし酢味噌で、魚介やわけぎなどを和えた様が、

泥の田のように見えるとしてついたそうです。

|

« 初節句 | トップページ | 東西ひなあられ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤貝のぬた和え:

« 初節句 | トップページ | 東西ひなあられ »