« 東西ひなあられ | トップページ | 2011年お料理教室のひとコマ »

ひし餅の色の意味

ひなまつりには欠かせない

菱餅

Img_6176

多くの場合が、

下から、緑色、白色、桃色の三段重ねにされています。

これには意味があります。

緑色は、草萌える大地を、

白色は、雪の純白を、

桃色は桃の花を、表しているといわれています。

つまり、早春の、

雪がうっすら積もっている下には、

春に芽吹こうとしている青々とした草があり、

上には桃の花が咲いているという情景ですね。

       

と、子供に話していたら、

「あれ??うちのおひなさまのひしもちが違うよ!」と指摘が

Img_62011  

        ありぁ~\(;゚∇゚)/本当だ~~(母)

飾ってあった桃の花を見ながら、

うっすら積もった雪の上に、桃の花とその葉を表わしている

と思おうかな

|

« 東西ひなあられ | トップページ | 2011年お料理教室のひとコマ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひし餅の色の意味:

« 東西ひなあられ | トップページ | 2011年お料理教室のひとコマ »