« 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告 | トップページ | 赤貝のぬた和え »

初節句

今日は娘の初節句のお祝いを、両親を招いて行いました。

上巳の節句料理としては定番の三品を作りました。

●ちらし寿司

Img_6000_2

 

 すし飯にしいたけ含め煮とごまを混ぜて。

 Img_5989_2

 

 自家製のえびそぼろを敷き詰めました。

 Img_5988

  えびに甘じょっぱい味をしっかりのせて、すし飯に合う味つけにしています。

  桜でんぷがあまり好みではなく、

  えびでしたら、ピンク色も華やかですし、風味がいいので、

  我が家のちらし寿司にはこれを入れています。

●はまぐりのお吸い物 

 Img_44441

Img_4434

 国産の大きいはまぐりが手に入り、

 いいだしが出ています。

●赤貝のぬた和え

  Img_6126

 からし酢味噌は、白みそに卵黄や調味料を入れて
 火を入れながら練ってしばらく寝かせ、
 さらに卵黄を加えてコクを出しています。

 少し手間をかけたこの酢味噌は、
 菜の花にかけてもすごくおいしいので、気に入っています。

          

さて、上巳の節句料理の話を少ししたいと思います。

このように、はまぐり、赤貝などの貝類を使った料理が上巳の節句料理として欠かせないのには、次のような理由があります。

かつて、三月三日には、海で一日遊ぶ「磯遊び」の習慣が各地でみられたそうです。

遊びといっても、これは一種の神事で、

神人とともに一日遊び暮らしてから、海の彼方に神送りする祭りのようなものでした。

日本では、古来から、神やわらで作った「ひとがた」で体をなでて、自らの穢れ(けがれ)を移し、海や川に流す「流し雛」が行われていました。

(それが、今では室内に飾るようになった、おひなさまの原型です。)

はまぐり、赤貝などの貝類が用いられるのは、

磯遊びで貝を拾って、神にも供え、人々もそれを食べたことが名残だろうといわれています。

特に、はまぐり料理は定番中の定番ですね!

二枚貝のはまぐりは、表と裏の殻がぴったりと合い、他の殻とは決して合わない。

このことから、「二夫(にふ)に見(まみ)えず」

つまり、だんなさまは一人だけ、という妻の貞節のシンボルとされているからです。

         

こういう話をわかりやすいように、

毎年少しずつ、娘に料理とともに語り継いでいけたらいいなと思います。

           

|

« 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告 | トップページ | 赤貝のぬた和え »

食育」カテゴリの記事

コメント

上巳の節句の由来、勉強になりました

テーブルの本にもそこまで詳しい情報は載っていないので。。。

今度、えびそぼろのレシピ、教えてください

投稿: kumi | 2011年2月28日 (月) 09時33分

kumiちゃん、のぞいてくれてありがとう!

私は札幌出身だから、ちらし寿司は関東風寄りになりました。

関西のちらし寿司は、ばら寿司といって、すし飯に、しいたけ、かんぴょう、高野豆腐、れんこん、にんじん等の含め煮や、きぬさや、油揚げ、ごまのほか、しらすみたいな魚も入っていたりして、最初はびっくりしました。

そして、すし飯も具も甘めの味つけなの。

今回は主人の両親に食べてもらうので、甘めの味つけにしました。

最初はばら寿司を食べて、文化の違いに驚いたものです。

投稿: まきすけ | 2011年2月28日 (月) 11時27分

こんばんは確かに関西はばら寿司ですね!食いしん坊な関西魂でしょうか・・・関東風をいただいてみたいです
酢味噌のレシピ教えていただきたいです!!菜花やわけぎが美味しい季節なので

投稿: にしかわまき | 2011年3月 3日 (木) 20時41分

まきさん、のぞいてくれてどうもありがとうございます☆

こちらの、ちらし寿司、赤貝のぬた和え、はまぐりのお吸い物の三種は、

毎年3月の料理教室のメニューにしているもので、

講習を受けにきていただいている方もいらっしゃるので、

レシピを口頭でお伝えできないのです。

せっかく、そういっていただいたのに、ごめんなさい。

菜の花、うどなど、春の味覚を味わうには、最高ですよね。

投稿: まきすけ | 2011年3月 5日 (土) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初節句:

« 幼児料理教室 KIDS COOKING 2011.1月度のご報告 | トップページ | 赤貝のぬた和え »