« 子供のためのクリスマスいろいろ | トップページ | リリエンベルグの「おめで鯛」 »

お屠蘇

お正月に飲む「お屠蘇」。

最近は、日本酒をお屠蘇にする方が増えていますが、

本来は “みりん”なのです。

みりんといえば、煮物の調味料に使うくらいかもしれませんが、

みりんはれっきとしたお酒で、

アルコール度数も日本酒と同じです。

お屠蘇は、子供からお年寄りまで飲むもの。

あま~いお酒である“みりん”のほうが、実は飲みやすいのですよ。

みりんといっても、そのままみりんを飲むわけではありません。

“屠蘇散”という数種の薬草が入った袋を、みりんに入れて、半日くらいおいて、薬草成分を浸出させるのです。

香りや色も移り、みりんが屠蘇に変身します。

Img_5163

                         Img_5159

屠蘇の語源は、
「鬼気を屠絶(とぜつ=退治絶滅させること)し、人魂を蘇生させる」から来ており、

その目的から“屠蘇延命散”ともいわれます。

もともとは中国から伝わったものです。

薬草は、山椒・桔梗・肉桂(にっけい・クスノキ科)・白朮(びゃくじゅつ・キク科)・百合根・防風(ぼうふう・セリ科)・橘皮・陳皮など数種の生薬を調合したものが使われています。

これだけの薬草が入っているのですから、

お正月の飲みすぎ、食べすぎ、寒さによる体調不良なんかを、吹き飛ばしてくれますね。

せっかくですから、飲んでおいしいみりんを選びましょう。

今年は「三河みりん」にしました。

  Img_5153

  ※12月に買うと、屠蘇散がついていました。

さて、お屠蘇を飲むときには、誰から・・・というのも大事なことです。

お酒の席で、お酒を注ぎまわるときには、

年少者が年長者につぐのがマナーですが、

お屠蘇は違います。

重なった杯を上から取り、年長者(家長)が年少者に注ぐのです。

これは、年長者の英知を年少者に分かち与えるという意味なのです。

|

« 子供のためのクリスマスいろいろ | トップページ | リリエンベルグの「おめで鯛」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして☆子供料理教室にとても興味があります。
現在4歳児の娘がいます。新規で生徒さん募集されていませんか?

投稿: ちひちひ | 2011年1月27日 (木) 22時02分

上の方と同じで子供の料理教室にとっても興味があります。6歳の娘と4歳の息子がいます。(友人にも聞いて見たところ、私の所とは別に二組(お子さんは二名×二組の計四名)の方も子供の料理教室を探しておられました。

毎月ではなくても長期のお休み(春、夏、冬休み)だけでもレッスンしていただけたら、親が教えるのとはまた違った、楽しい経験になるかなと思っております。
宜しくお願い致します。

投稿: ERI | 2011年1月31日 (月) 22時43分

ちひちひさん、ERIさん、どうもありがとうございます。

おふたりには、メールでご連絡させていただきましたので、ご確認ください。

現在はキャンセル待ちの状態ですが、

のちのち、クラスを増やせるようになりましたら、お声がけさせていただきます。

共感してくださったこと、とてもはげみになり、うれしく感じております。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: まきすけ | 2011年2月 2日 (水) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お屠蘇:

« 子供のためのクリスマスいろいろ | トップページ | リリエンベルグの「おめで鯛」 »